千代田区で眼瞼下垂の治療ができるクリニック4選

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

千代田区は眼瞼下垂治療院が少なめ

少し遠くても目的に合った治療院を選びましょう

東京千代田区エリアは、眼瞼下垂治療院が東京の他のエリアに比べて少ないのが特徴です。以下で目の周りの治療実績や医師の専門分野から、オススメの眼瞼下垂治療院を紹介していますが、「切らない」眼瞼下垂治療を行なっているクリニックはほとんどないのが現状。また、大学病院は時間帯によっては非常に込み合います。千代田区で眼瞼下垂治療院をお探しの方は、少し遠くても東京の他エリアの治療院も検討してみるのが良いでしょう。

お茶の水・井上眼科クリニック
[眼科]

岡山良子医師

創業135年以上で毎日たくさんの患者さんが訪れるクリニック

千代田区_お茶の水・井上眼科クリニック画像引用元:お茶の水・井上眼科クリニック
(https://www.inouye-eye.or.jp/clinic/secret/
  • 施術実績
    創業から135年以上、眼科の診察・治療を専門として行なってきた井上眼科グループ。その中でも、外来数の最も多い、お茶の水・井上眼科クリニックです。平成29年度の外来数は29万人以上。日曜日は診療が休みという事実を踏まえると、一日1000人近くの患者を対応をしていることになります。まぶたに関する治療も多数こなしており、眼瞼下垂治療の対応も可能。眼科治療の知見・経験ともに豊富な医師がそろっており、クリニック全体で、数々の論文作成や学会発表をこなしています。
  • 医師の経歴・資格
    眼科専門医
  • 先生の
    特徴
    2012年からお茶の水・井上眼科クリニックの院長を務める岡山医師。患者さんにやさしいクリニックを目指して、日々の治療に取り組んでいます。クリニックのほか中学校の校医や保健指導医として活躍しており、地域医療に貢献。お茶の水・井上眼科クリニックでは、目や体に疾患を抱えている患者さんでも利用しやすいデザインを取り入れ、すごしやすい環境を整えています。
  • クリニック
    の特徴
    お茶の水・井上クリニックの特徴は、どんな人でも安心して過ごせる「ユニバーサルデザイン」を採用していることです。ライン上の照明器具を設置したり、進む方向が分かるように床に目立つ模様を付けたりすることで、目の見えづらい人に配慮しています。院内にはその他にもたくさんの設備が整えられており、どんな人でも過ごしやすいクリニックを目指しています。
    ◆在籍クリニック:お茶の水・井上クリニック
    ◆得意施術:公式サイトに記載なし
    ◆所在地:東京都千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビルディング18F・19F(総合受付)・20F
    ◆電話番号:03-3295-0923

神田須田町アイクリニック
[眼科]

吉野 真未医師
世田谷_神田須田町クリニック画像引用元:神田須田町アイクリニック公式サイト
(http://kanda-eye.com/)
  • 施術実績
    院長の吉野先生は、雑誌やテレビ、ラジオなど出演するなど、さまざまなメディアで活躍されています。
  • 医師の経歴・資格
    医学博士
    日本眼科学会認定眼科専門医
  • 先生の
    特徴
    インターネットで調べればあらゆる情報が出てくる現代。病院に行かずに、自己判断する人も増えています。吉野先生は、そんな現代だからこそ患者さんとのコミュニケーションを大切にし、一人ひとりに合わせた治療を提供。実際に会って初めてわかる情報をふまえ、最適な治療を選択しています。五感の情報の80%以上を占めている視覚情報を守り、患者さんに快適な生活を長く続けてもらうため、気軽に受診できるクリニックを目指しています。
  • クリニック
    の特徴
    神田須田町アイクリニックは、炭酸ガスレーザーを用いた眼瞼下垂治療を行なっています。 切開法による眼瞼下垂治療は、術後の腫れが大きいのが欠点。神田須田町アイクリニックが採用している炭酸ガスレーザーはメスに比べて手術中の出血が少なく、術後の腫れも軽減できるのが特徴です。
    院内はバリアフリーで、目が悪い方や車いすの方も安心。誰でも気軽に通えるクリニックを目指しています。
    ◆得意施術:白内障・屈折矯正
    ◆在籍クリニック:神田須田町アイクリニック
    ◆所在地:東京都千代田区神田須田町1-3-1須田町ビル2F
    ◆電話番号:03-5207-2882

赤坂東急クリニック島崎眼科
[眼科]

田聖花医師

眼瞼下垂の原因となる目の渇きを解消

千代田区_赤坂東急クリニック島崎眼科画像引用元:お茶の水・井上眼科クリニック
(https://www.inouye-eye.or.jp/clinic/secret/)
  • 施術実績
    院長である田聖花医師は、ドライアイに関する研究を続けており、これまでに数々の論文を発表しています。眼瞼下垂の原因ともなりうる目の渇き。眼瞼下垂の手術を受けた人の中には、目の渇きによってまぶたに負担がかかり、せっかく手術をしてもすぐにもとの状態に戻ってしまうケースも。目の渇きを治療し、眼瞼下垂の根本原因をなくすことで、手術後良い状態を保てます。
  • 医師の経歴・資格
    日本眼科学会専門医
  • 先生の
    特徴
    大学院まで進み、眼科治療の知識を深めた田先生。平成16年には医学博士号を取得し、日々知識を研磨しています。ドライアイを中心にさまざまな施術に対応し、角膜移植のような高度な医療も提供。臨床で活躍しながら研究を進め、患者さんに知識を還元しています。
  • クリニック
    の特徴
    所属医師全員が日本眼科学会専門医の資格を持つのが、赤坂東急クリニック島崎眼科の特徴です。大学病院の教授・講師レベルの眼科専門医が多数在籍しているため、眼科治療に関する知識が豊富。設備も充実しており、高度な医療技術に対応できます。
    ◆在籍クリニック:赤坂東急クリニック島崎眼科
    ◆得意施術:角膜移植・ドライアイ・白内障・屈折矯正
    ◆所在地:東京都千代田区永田町2-14-3
    ◆電話番号:03-3580-3518

東京歯科大学水道橋病院 眼科
[眼科]

ビッセン宮島弘子先生

ドイツで学んだ経験を国内医療に活かしている

千代田区_東京歯科大学水道橋病院_眼科 画像引用元:東京歯科大学水道橋病院 眼科
(http://www.sh-eye.tdc.ac.jp/)
  • 施術実績
    白内障に関する数々の大会で数々の受賞歴がある宮島先生。東京歯科大学水道橋病院の眼科教授を務める傍ら、テレビやラジオに多数出演しています。ドイツで約3年間最先端の眼科治療を体験し、帰国後はその経験を生かして日本の眼科治療を引っ張っています。
  • 医師の経歴・資格
    日本眼科学会専門医
  • 先生の
    特徴
    国内外問わず患者さんが訪れる東京歯科大学水道橋病院。治療を行なう医師ビッセン宮島先生は、物腰柔らかな語り口でメディアから引っ張りだこです。眼科疾患に関する書籍を多数出版していることから、眼科疾患の知識の豊富さがうかがえます。
  • クリニック
    の特徴
    JR水道橋駅前にあり、アクセスが非常に良い東京歯科大学水道橋病院。ソフトバンク社が開発したロボット「Pepper」を用いた治療説明が患者さんから人気です。
    眼瞼下垂治療では、メスよりも術中の出血や術後の腫れが少ない炭酸ガスレーザーを用いた手術を提供。そのため、日帰りで両目の手術を受けられます。
    ◆在籍クリニック:赤坂東急クリニック島崎眼科
    ◆得意施術:白内障・屈折矯正手術分野
    ◆所在地:東京都千代田区神田三崎町2-9-18
    ◆電話番号:03-5275-1856
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  •              
    「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリークリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  •              
    「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数