ビアンカクリニック銀座の眼瞼下垂治療とは

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

ビアンカクリニック 銀座

洗練された美しさへ導くための厳選した治療を提供

堀田 和亮先生

ビアンカクリニック公式HPキャプチャ画像引用元:ビアンカクリニック
https://biancaclinic.jp/

患者さんが美容外科の治療を受けた後、「自身の外見に対するコンプレックスを解消し、内面の美しさも引き出せること」が大切だと考えているクリニックです。眼瞼下垂の治療では、まぶたの裏にある筋肉を医療用の糸を使用して縫い縮めるMT法と切開法の2種類を提供しています。切開法は、皮膚を切開した後、瞼を開くための筋肉を短くする手術です。手術に要する時間は1時間ほど。個人差はありますが、目立つ腫れは1~2週間で引いていきます。切開をともなう手術ではありますが、当日からシャワーを使うことが可能です。

目は、顔全体の印象に大きく影響をおよぼすパーツのひとつ。大きさや形、二重のラインなど、患者さんが「自分に適したバランスの良い目」を手に入れることで、洗練された美しさを実現できるようにサポートしてくれるクリニックです。

先生の経歴/ 特徴

・2009年 日本大学医学部 卒業

・2009年 東京女子医科大学病院 勤務

・2011年 国内最大の大手美容クリニック 勤務

・2014年 渋谷に新たなコンセプトのクリニックを開院

・2018年 銀座に美容クリニックBIANCA cosmetic surgery & medical spaを開院

【資格・所属団体など】
日本形成外科学会
日本皮膚科学会
日本美容外科学会
日本美容皮膚科学会

2009年に日本大学医学部を卒業後、東京女子医科大学病院に勤務。形成外科や皮膚科、麻酔科で臨床経験を積みながら医師としてのスキルを磨きました。2011年には国内最大の大手美容クリニックにて勤務。3年後の2014年には渋谷にクリニックを立ち上げ、オープン1カ月目にして1000人を超える患者さんが来院しました。その後、新宿や池袋だけでなく、東京以外のエリアにも分院を展開。2018年、銀座にビアンカ(BIANCA cosmetic surgery & medical spa)を開院し、院長に就任にして現在に至ります。

得意施術

美容外科治療全般を得意としています。特に、ヒアルロン酸注入治療とボトックス注入治療においては、世界的に高いシェア率を誇るアラガン社製剤の症例数の大幅アップに貢献しています。その実績と症例数が認められ、アラガン社の医師向けに注入指導をする講師を務めているそうです。

先生のポリシー

「固定された美のイメージを患者さんに押し付けるのはNG」とし、患者さん一人ひとりに最も適した美の引き出し方があると考えている医師。自分の考えだけでなく、患者さん立場・考えを踏まえた上で、適正価格の治療を患者さんに提供することが堀田先生のポリシーです。

クリニックの特徴

最寄り駅の銀座駅から歩いて5分というアクセスしやすい場所にあるビアンカクリニック銀座。アイボリーやブラウンを基調とした院内は高級感や清潔感が感じられると同時に、くつろぎやすい雰囲気のある空間となっています。

また、遠方に住んでいる人がクリニックで治療を受ける場合には、交通費補助制度が適用され補助金を提供。たとえば、1日あたりの治療費が10万円以上20万円未満の場合には、1万円分までの交通費を補助してもらえる場合があるといった具合です。患者のことを配慮した細かな気配りが行き届いたうれしいサービスと言えるでしょう。

>>切らない眼瞼下垂手術を行なっているクリニックを見てみる
>>切る眼瞼下垂手術を行っているクリニックを見てみる

目周りの治療法

  • 眼瞼下垂MT法
    298,000円
  • 眼瞼下垂切開法
    498,000円
  • 上瞼たるみ取り
    298,000円

クリニックの基本情報

所在地 東京都中央区銀座1-5-6 銀座レンガ通り福神ビル4F
受付時間 10:00~19:00
電話番号 03-6263-2690
アクセス情報 東京メトロ銀座線「銀座駅」徒歩5分
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  •              
    「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  •              
    「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数