眼瞼下垂の手術ができるクリニックを4つ紹介

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

六本木駅から徒歩5分圏内
経験豊富な医師が多い六本木

アクセスが良く、治療の選択肢が多い

東京六本木エリアの眼瞼下垂治療院は、六本木駅から徒歩5分圏内で通える所が多く、経験豊富な医師が在籍しているクリニックが豊富。保険適用・自由診療どちらの施術を受ける場合でも、「近くに良いクリニックがない」と困ることはありません。クリニックからクリニックへ徒歩で移動できる距離なので、1日で複数のクリニックでカウンセリングを受けられます。自分の希望を伝えた上で、最も信頼できるクリニックを選びましょう。他エリアへのアクセスも良いため、たくさんのクリニックを吟味した上でクリニックを選べます。

鴨下眼科クリニック[眼科]
◇六本木7丁目

野田美香医師

他機関との連携眼に関する疾患に幅広く対応

鴨下眼科クリニック_六本木

画像引用元:鴨下眼科クリニック公式サイト(http://www.kamoshita-eyeclinic.com/)

  • 先生の特徴

    野田先生は眼科医として20年の経験があり、そのうち10年以上まぶたやまぶた周辺の疾患の手術に専念。慶応義塾大学医学部で、まぶたの病気を中心に扱う研究室を持っており、学会発表や論文の執筆などを精力的にこなしています。眼瞼下垂についても、知識・経験ともに豊富で、親身に相談に乗ってくれるでしょう。人のための医療をモットーに日々患者さんと向き合っており、新しい治療方法を常に学び続け、柔軟に取り入れることで患者さんに治療の選択肢を複数提供。その中から患者さんの希望や生活スタイルに最も適した治療法を提案したいと考えているそうです。
  • 医師の経歴・資格

    日本眼科学会 眼科専門医
  • 治療の
    特徴

    鴨下眼科クリニックでは、保険適用で切開法の眼瞼下垂手術を行なっています。白内障や緑内障、角膜疾患など眼に関する疾患を幅広く取り扱っており、眼瞼下垂と類似した疾患との判別が可能。眼瞼下垂の原因として糖尿病や神経麻痺(まひ)などの疾患が隠れている場合は、原因疾患を調べ連携している医療機関を紹介してくれます。
  • クリニック
    の特徴

    六本木駅2番出口から出てすぐのところにある鴨下眼科クリニック。慶応義塾大学病院や国立東京医療センターなど、多数の医療機関と連携しています。眼瞼下垂の原因が、糖尿病や神経疾患など他の疾患にある場合、必要であればより専門的な治療が受けられる提携医療機関を紹介してくれるでしょう。
    院内はバリアフリーで、車いすの方でもスムーズに移動可能。英語にも対応してくれるため、海外出身の方でも安心して診察を受けることができます。
    ◆得意施術:まぶた、まぶた周辺の手術
    ◆在籍クリニック:鴨下眼科クリニック
    ◆所在地:東京都港区六本木7-15-14塩業ビル4F
    ◆電話番号:03-3402-6660

深作眼科[眼科]
◇六本木7丁目

深作秀春先生

眼瞼下垂の手術に幅広く対応

深作眼科クリニック_六本木

画像引用元:深作眼科公式サイト(http://www.fukasaku.jp)

  • 先生の特徴

    日本だけでなく、アメリカでも活躍している深作秀春医師。現在、海外の医師教育のため精力的に講演を行っています。あらゆる眼科治療に精通しており、新しい眼科手術や医療機器の開発にも注力しており、他の医師たちに積極的に紹介しています。日本国内で数々の医療資格を取るだけでなく、ヨーロッパ硝子体手術専門医やアメリカ白内障屈折矯正手術学会常任理事などを務めています。まさに、日本でも海外でも頼りになる眼科医です。
  • 医師の経歴・資格

    日本形成外科学会認定専門医
    日本東洋医学会漢方専門医
  • 治療の
    特徴

    深作眼科では、炭酸ガスレーザーによる眼瞼下垂治療を行なっています。通常のメスを使用した切開法に比べて、出血が少なく傷あとが目立ちにくいのが特徴。部分麻酔で対応できるため、麻酔にかかる費用が抑えられ、まぶたの動きを確認しながら手術を行なうことができます。深作眼科クリニックは炭酸ガスレーザーでの手術について2009年にアメリカ白内障屈折手術学会から賞を受けており、高い実力が証明されています。
  • クリニック
    の特徴

    六本木駅から徒歩2~3分で行ける深作眼科・六本木院。世界中の患者さんを受け入れられるよう、新しい設備を整えています。日本ではまぶたの治療を行なう際、眼の周りの治療を専門的に請け負う眼科形成外科医としてのトレーニングを受けた医師はまだまだ少ないもの。深作眼科ではアメリカで眼科形成外科のトレーニングを積んだ医師がそろっており、眼の周りの手術について精通しているクリニックです。
    眼の機能をはかるスペシャリストである視機能訓練士も複数おり、患者さんの眼の疾患を見逃さない体制を整えています。
    ◆得意施術:白内障手術
    ◆在籍クリニック:深作眼科
    ◆所在地:東京都港区六本木7-8-9
    ◆電話番号:03-5786-1886

西麻布ヒフ・形成外科[皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科]
◇西麻布1丁目

藤井佳苗医師

小さな子どもからお年寄りまで気軽に通えるクリニック

西麻布ヒフ形成外科_六本木

画像引用元:西麻布ヒフ・形成外科(https://nishiazabu111.com)

  • 先生の特徴
    藤井先生は、昭和大学医学部を卒業後、数々の医療機関において形成外科の経験を積んできました。カウンセリングからアフターケアまで患者さんの気持ちに寄り添った対応を心掛けています。西麻布ヒフ・形成外科を小さな子どもからお年寄りまで、気軽に通えるクリニックにしたいという想いで、患者さん一人ひとりに向き合っているそうです。形成外科専門医の知識と技術を生かし、自由診療・保険診療ともに幅広く取り扱っています。
  • 医師の経歴・資格
    日本形成外科学会専門医
    医学博士
  • 治療の
    特徴
    眼瞼下垂の手術実績については、公式サイトに記載がありませんでした。
    西麻布ヒフ・形成外科の眼瞼下垂手術は、切開法で保険が適用されます。局所麻酔で手術を行なうため、日帰り手術が可能。必要に応じて大学病院と連携することにより、安全性の高い手術を目指しています。
    術前の血液検査や病理検査で、眼瞼下垂の原因をしらべ、適切な治療アプローチをとってくれます。眼瞼下垂の術後のケアについても丁寧に説明することで、傷あとが残らないようサポートしているそうです。
  • クリニック
    の特徴
    六本木ヒルズから徒歩1分と、通いやすい立地の西麻布ヒフ・形成外科。木曜・日曜・祝祭日は定休日ですが、土曜は15時まで診療を受け付けており、手術にも対応しています。老若男女問わず気軽に通えるクリニックを目指して皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科と幅広い領域に対応しています。休診時間がなく、当日の予約にも対応。お昼休みにさっと診察を受けることもできます。交通アクセスも良いため、忙しくてなかなか治療の時間が取れないという方でも、会社のお昼時間や休憩時間を利用して通えるのが魅力です。
    ◆得意施術:肌トラブル全般
    ◆在籍クリニック:西麻布ヒフ・形成外科
    ◆所在地:東京都港区西麻布1-1-1 EDGEビル6F
    ◆電話番号:03-5775-5353

六本木境クリニック[皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科]
◇六本木3丁目

境隆博医師

地域密着型の美容医療クリニック

六本木境クリニック_六本木

画像引用元:六本木境クリニック(https://www.roppongi-sakai-clinic.com/)

  • 先生の特徴
    六本木境クリニックの院長を務める境医師。まぶたのたるみ解消法の一つである「眉下切開術」について、学会発表や講演を精力的にこなし、知見を深める熱心な医師。手術で切開を行なった箇所がきれいに仕上がるよう、手術の時間を長めにとって独自の縫合を行なっています。顔の中で特に目立ち、多くの女性の悩みとなっているまぶたのたるみ。境医師はまぶたのたるみ解消に強い関心を持っており、常に技術を追求しています。傷あとが目立たない手術を心掛けているそうです。
  • 医師の経歴・資格
    医学博士
    日本形成外科学会専門医
  • 治療の
    特徴
    六本木境クリニックの眼瞼下垂治療は、主に眉下切開法です。通常、切開法による眼瞼下垂手術では、二重のラインに沿ってメスを入れるのが一般的。もともとスムーズに可動する二重ライン周辺の動きがぎこちなくなってしまうケースもあります。六本木境クリニックでは、眉のすぐ下を切開してまぶたを引き上げることで、まぶた周辺が自然な状態のまま、まぶたの垂れ下がりを解消できるのです。メスを入れること自体が怖い方に向けて、糸を使ってまぶたを引き上げる切らない眼瞼下垂治療も提供しています。
  • クリニック
    の特徴
    六本木境クリニックは糸を使ったリフトアップや眉下切開にを得意としているクリニックです。手術自体の時間を長めに取り、ダウンタイムの短く、効果が長続きする治療を心掛けています。
    六本木駅3番出口から徒歩3分で、通院が非常に楽。眼瞼下垂のカウンセリングやアフターケアで何度か通うことになっても、負担にならないアクセスの良さです。
    ◆得意施術:まぶたのたるみ治療
    ◆在籍クリニック:六本木境クリニック
    ◆所在地:東京都港区六本木3‐7‐1 THE ROPPONGI TOKYO 207
    ◆電話番号:03‐6441‐0691
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  •              
    「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  •              
    「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数