日常生活に潜む眼瞼下垂・目のたるみの原因

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

眼瞼下垂を
悪化させる原因

眼瞼下垂・目のたるみを悪化させる、意外な行動とは!?

目の周りの皮膚は他の部分に比べて薄く、乾燥・紫外線・外部刺激によるダメージを受けやすいもの。日常のちょっとした行動でも大きな負担がかかり、まぶたのたるみや眼瞼下垂の原因となることがあります。 ここでは、眼瞼下垂やたるみの原因と考えられる日常の何気ない行動についてまとめ、その対処法についても解説しています。日々の心がけがトラブルを予防・回避するヒケツとなるので、ぜひ基礎知識を身につけておいてください。

SYMPTOM 01

よく目をこする

目のかゆみや違和感を覚えると、つい目をこすってしまう人は多いでしょう。しかし、目をこするという行為は、まぶたの皮膚や筋肉といった組織に大きなダメージを与え、眼瞼下垂のリスクを高めることが分かっています。また、まぶたのたるみ以外にも、眼病や美容トラブル(シミ・シワなど)の原因となることがあるため、目をこすらずに対処する方法をしっかりと覚えておきましょう。

SYMPTOM 02

誤った洗顔方法

顔を洗う際に、ゴシゴシと強い力を入れるのはNG。目元まわりの皮膚の表面だけでなく、深い部分にまでダメージが伝わり、肌のハリを保つコラーゲンなどが壊れやすくなってしまうのです。間違った洗顔法は、まぶたのたるみや眼瞼下垂を引き起こすもと。正しい洗顔方法を知るとともに、食生活・睡眠・ストレスといった、生活習慣の改善も心がけていきましょう。

SYMPTOM 03

加齢による筋力の低下

眼瞼下垂やまぶたのたるみの原因は、その多くが加齢による「まぶたを持ち上げる筋力低下」「皮膚のハリ(弾力)の低下」です。しかし、まぶたのたるみを見ただけで、眼瞼下垂かどうかをジャッジするのは困難。ここでは、簡単なまぶた年齢のチェック法をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。また、呼吸法や紫外線対策といった、日常的に心がけたいたるみ防止法も要チェックです。

SYMPTOM 04

コンタクトレンズの長期使用

眼瞼下垂を発症している人に、コンタクトレンズ、とくにハードコンタクトレンズを長期利用している人が多いというデータが、さまざまな研究から明らかになっています。レンズとまぶた裏の摩擦・着脱時の皮膚へのダメージ・眼輪筋の緊張などが原因として考えられていますが、一度まぶたがたるんでしまうと、レンズの使用を中止しても元に戻りにくいのが特徴です。まぶたに違和感を覚えたら、早めに専門医へ相談しましょう。

SYMPTOM 05

アイプチなどの過剰な目元メイク

アイプチなどを使った二重まぶた風メイクは便利ですが、使いすぎるとまぶたの皮膚がたるんできてしまいます。なぜアイプチがまぶたのたるみを引き起こすのか、その主な原因をまとめていますので、ぜひチェックしておいてください。また、アイプチを使い続けると、たるみはどんどん悪化してしまいます。それを予防するための方法も紹介していますので、「どうしてもアイプチをやめられない」という人は参考にしてみてください。

SYMPTOM 06

別の疾患が原因となっているもの

別の疾患によってまぶた周辺の筋肉や神経の働きが悪くなり、眼瞼下垂の症状が引き起こされることがあります。疾患が原因となっている眼瞼下垂は、元となる疾患を治療することによって眼瞼下垂の症状を緩和させるという治療アプローチをとります。

通常眼瞼下垂は日々の習慣によって徐々に症状が現れますが、原因疾患がある場合は眼瞼下垂の症状が急速に現れるのが特徴です。眼瞼下垂以外にも特有の症状が現れるため、気になることがあれば医師に相談しましょう。

眼瞼下垂の原因となる疾患

  疾患の特徴 眼瞼下垂以外の症状
重症筋無力症 脳から出る神経と筋肉のつなぎ目との間に障害が起き、脳からの指令が筋肉に伝わらなくなる疾患です。全身に筋力が低下の症状が現れます。 複視・しゃべりにくい・のみこみにくい・呼吸困難・手足の筋肉が弱くなる
動眼神経麻痺 目の周辺の筋肉をつかさどる動眼神経に麻痺がおこります。さまざまな疾患が原因となっており、原因の特定が必要です。 複視・眼球運動の障害・斜視・瞳孔散大
ホルネル症候群 腫瘍や動脈瘤などが原因で交感神経が損傷・圧迫されることによって症状が現れます。 縮瞳・虹彩異色症・発汗低下・眼球陥没
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  •              
    「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリークリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  •              
    「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数