コスメディカルクリニックシンシア 銀座院の眼瞼下垂治療とは

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

コスメディカルクリニックシンシア 銀座院

医師がカウンセリングから施術までを担当

又吉 秀樹先生

コスメディカルクリニック シンシア_公式HPキャプチャ画像引用元:コスメディカルクリニック シンシア
https://cosmedical.jp/

安全性の高い医療を提供するためには、医師の経歴や理解力、高い技術などが不可欠です。患者さんにとって美容外科手術が「一大事」であることを肝に銘じながら、多くの経験を積んだ医師が手術を担当しています。

眼瞼下垂の手術では、患者さんがほとんど痛みを感じずに治療が行えるよう局所麻酔を使用。まぶたの下垂を改善し、眠そうな印象を与えてしまう目もとの雰囲気をガラリと変えてくれるでしょう。

先生の経歴/ 特徴

・1998年 慶應義塾大学医学部 卒業

・1998年 慶應義塾大学医学部外科学教室 入局・麻酔科 研修

・1999年 水戸赤十字病院外科 勤務

・2000年 国立療養所晴嵐荘病院胸部外科 勤務

・2001年 慶応義塾大学病院心臓血管外科 勤務

・2003年 済生会宇都宮病院心臓血管外科 勤務

・2004年 大手美容外科 勤務

・2007年 同美容外科地方院院長 就任

・2008年 コスメディカル シンシア 開院

【資格・所属団体など】
日本外科学会専門医
日本美容外科学会
日本美容外科医師会会員

1998年に慶應義塾大学医学部を卒業。その後、同大医学部外科学教室に入局、麻酔科の研修を受けました。1999年からは水戸赤十字病院外科にて勤務。2000年からは国立療養所晴嵐荘病院胸部外科にて勤務し、翌年2001年5月から2年間は再び慶應義塾大学病院の心臓血管外科に就きました。2003年からは済生会宇都宮病院心臓血管外科に異動し、2004年には大手美容外科で勤務。約3年後の2007年2月に、同美容外科の地方院院長に就任しました。翌年2008年8月にコスメディカルクリニックシンシアを開院し、現在に至ります。

得意施術

又吉先生が得意としている施術は、二重手術・目の下のくま治療・フェイスリフト・口唇縮小・レーザー治療・脂肪吸引など、美容皮膚外科全般です。眼瞼下垂の手術において重要なポイントは「まぶたの解剖を深く理解していること」だと考えて、治療を提供しているそうです。

カウンセリングの豊富さ

施術を成功させるためには、カウンセリングが果たす役割がとても大きいという考えているクリニックです。そのため、カウンセリングと手術は同じ医者が担当するシステムとなっています。カウンセリングを通して信頼関係を築き、患者さんの理想を完全には叶えられない場合はそのこともきちんと説明。患者さんと医師が直接話し、治療に関する理解を深めた上で手術を行います。

先生のポリシー

クリニックを開院する際、クリニック名に意味をこめたという又吉先生。美容と総合医療を意味する2語「cosmetic」と「medical」を合わせて「コスメディカル」という言葉をつくりました。美を追求しつつも、外科や内科、皮膚科などを分けて考えずに総合的なサポートを大切にする、これが又吉先生のポリシーです。

クリニックの特徴

「本当の安心」をコンセプトとしています。そのため、万が一のトラブルにそなえた保証制度を用意しています。技術面や安全性を考慮するだけでなく、万が一にそなえて安心感というサービスも提供しているのがこちらのクリニックの特徴です。

>>切らない眼瞼下垂手術を行っているクリニックを見てみる
>>切る眼瞼下垂手術を行っているクリニックを見てみる

目周りの治療法

  • 眼瞼下垂
    (挙筋前転術・片目)
    250,000円
  • 眼瞼下垂
    (挙筋前転術・両目)
    400,000円
  • 眼瞼下垂
    (埋没式・片目)
    150,000円
  • 眼瞼下垂
    (埋没式・両目)
    250,000円

クリニックの基本情報

所在地 東京都中央区銀座5-13-19 デュープレックス銀座タワー4F
受付時間 10:00~20:00
電話番号 03-5550-0567
アクセス情報 地下鉄「銀座駅」より3分
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  •              
    「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  •              
    「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数