眼瞼下垂と片側顔面痙攣の初期症状の関係性とは?

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

眼瞼下垂によく似た症状、
片側顔面痙攣の初期症状とは?

片側顔面痙攣とは、顔の片方がピクピクと痙攣を起こす病気。疲労などで一時的に症状が起こることは誰にでもありますが、片側顔面痙攣になると、その症状にずっと悩まされるのが特徴です。
そして、その片側顔面痙攣の初期症状に似た症状のひとつが、眼瞼下垂と言われています。ここでは、片側顔面痙攣の具体的な初期症状と進行した場合の症状、その原因、眼瞼下垂との関係性について検証しています。顔の痙攣だけでなく、まぶたの垂れ下がりも気になっている…という方は、ぜひ情報をチェックしてみてください。

  • その片側顔面痙攣の原因は?

    疲労を感じたときなどに、まぶたの下がピクピクと勝手に動いたり、引きつったりすることはありませんか?このような症状がいつまでも治らない状態を、片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)と言います。最初は、一方のまぶたや目のまわりだけに初期症状が見られますが、徐々に頬・額・口・あごなどに広がっていくのが特徴。痙攣が起こる頻度も多く・長くなり、最終的には一日中症状に悩まされることもあるようです。

    片側顔面痙攣を発症しやすい年代

    片側顔面痙攣が起こりやすい年代は、40代以上のミドル世代。とくに女性に多く見られる症状です。高血圧・高脂血症といった診断を受けている人に多く、片側顔面痙攣は神経を圧迫する事によって、引き起こされるケースが一般的だと言われています。

    初期症状から進行すると、まぶたを開けていられないほど顔が引きつり、「包丁が使えない」「まともに歩けないので買い物へ行けない」「仕事に支障が出る」などのトラブルが発生することもあります。外見にも大きな影響を及ぼすため、精神的にダメージを受け、抑うつ状態になることもあるようです。

    似た症状の病気

    そんな片側顔面痙攣ですが、実はよく似た症状が見られる疾病がいくつかあります。その中のひとつが、眼瞼下垂です。 片側顔面痙攣の治療をしても改善が見られない、年齢とともにまぶたが垂れ下がってきた…などという場合、実は眼瞼下垂を発症しているのかもしれません。

    開眼失行は大脳基底核障害によるジストニアの一種とも言われ、筋肉が上手く収縮せずに、まばたきが困難になる症状です。上手く顔の神経が使えなくなる症状の系統から、これらの病気を疑ってもいいかもしれませんp>

  • 眼瞼下垂と片側顔面痙攣の関係 

    眼瞼下垂が片側顔面痙攣を引き起こすと考えられる理由には、顔面神経の興奮が挙げられます。一般的な片側顔面痙攣は、顔面神経の根部(付け根)が頭蓋内の血管によって圧迫されて起こると言われています。

    眼瞼下垂の疑いがある場合

    片側顔面痙攣は、脳神経外科で検査・診断を受けられますが、CT・MRIなどの検査で血管の圧迫が認められない片側顔面痙攣については、眼瞼下垂が原因となっている可能性があります。

    もし、片側顔面痙攣の治療を受けても症状がなかなか回復しないなら、眼瞼下垂の診断に詳しい専門医を訪ねてみると良いでしょう。眼瞼下垂によるまぶたのたるみや負担をなくすことで、片側顔面痙攣の症状が消失、もしくは軽減する可能性があります。

  • 眼瞼下垂による
    片側顔面痙攣の解消のために

    片側顔面痙攣が悪化すると、一部分のみに見られていた初期症状が、広範囲に広がっていきます。痙攣によって目や口がゆがんだり、片目が開かなくなることもあり、日常生活に不自由が発生し始めるのです。進行の速度は人それぞれですが、自然に治癒することはほとんどないため、早めに原因を突き止め・治療を受けることが重要です。

    片側顔面痙攣の治療として挙げられるのは、神経血管減圧術(顔面神経を圧迫する血管を移動させる)や、ボツリヌス毒素治療など。ボツリヌス毒素治療とは、ボツリヌストキシンという薬剤を注射する治療法で、痙攣の原因となっている神経の働きを抑制・筋肉の緊張を緩和するもの。日帰りで治療を受けることができ、高い効果が期待できますが、効果が長期間持続しないため、定期的に注射を受ける必要があります。

    しかし、もし症状が片側顔面痙攣ではなく眼瞼下垂だった場合、神経血管減圧術やボツリヌス毒素治療では効果が見られないことがあります。それどころか、ボツリヌス注射を続けることで眼瞼下垂が悪化する可能性もあるため、一度専門的なクリニックで診察を受けてみた方が良いでしょう。