眼瞼下垂治療における名医探しの基準とは

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

眼瞼下垂の
名医選定のポイント

眼瞼下垂の名医を探すための基準・ポイントを紹介

眼瞼下垂・目のたるみの治療には、医師の高いスキルが必要となります。目元は非常にデリケートな部分ですし、仕上がりの良し悪しで人のイメージまで左右されてしまうため、治療を行う医師は慎重に選びたいものです。

ここでは、眼瞼下垂の名医を探すための判断基準を、「実績」「症例紹介」「口コミ/評判」「自らカウンセリングしている」「アフターケアの充実度」に分けてご紹介。ポイントを押さえて、自分に合った名医を探すようにしてください。

  • 施術実績が豊富

    眼瞼下垂の手術は、医師のテクニックが成功を左右する手術。目元の手術の中でも、かなり難易度が高いとされているため、豊富な実績を持つ医師にお願いしたいものです。医師の実績を調べる際に、まずチェックしたいのが症例数。これまでにどれくらい眼瞼下垂の手術を行ってきたか、1年でどれだけの症例に対応しているか(年間症例数)を確認しておきましょう。数字だけでなく、患者のビフォー・アフターが分かる症例写真を数多く掲載しているクリニックは、腕に自信があると見て良いと思います。また、対応できる術式が多いかどうかも要チェック。

  • 症例に対する説明
    詳しく載せている

    眼瞼下垂についての知識が豊富なクリニックは、症例や治療法に関する説明が非常に丁寧である…という傾向があります。これは、これまでに行ってきた眼瞼下垂治療に対する、自身の表れとして見て良いでしょう。また、説明の内容が分かりやすく、なぜ眼瞼下垂になるのか・こういう症状にはどんな治療法があるのかといった情報を、誰にでも分かりやすく記しているクリニックは◎。患者の目線に立って治療を行ってくれる、名医が在籍している可能性が大です。手術のメリット・デメリット、費用についてなどの情報も要チェック。

  • 高評価な
    口コミ/ 評判が充実

    眼瞼下垂を治したいと思ったとき、まず最初にするのが医師選び。しかし、どのクリニック・医師がいいかを判断するのは、なかなか難しいことですよね。そこで参考にしたいのが、ネットでの口コミ評判。実際にそのクリニックで眼瞼下垂の治療を受けた方からの意見・体験談を調べることで、医師の対応や技術力といった情報が少しずつ見えてきます。さまざまなサイトで高い評価を受けている医師は、信頼性のある医師と言えるでしょう。ただし、すべての口コミを頭から信じ込むのはNG。あくまでも参考資料として見るのがコツです。

  • 担当先生みずからの
    カウンセリング

    眼瞼下垂の治療・手術を受ける際には、医師自らがカウンセリングを行っているところを選ぶと◎。直接要望を伝えることができますし、不安や疑問をぶつけたとき、どのような対応をしてくれるかをチェックすることもできます。医師との相性も仕上がりの良し悪しにつながる要素ですので、そういった部分も確認しておくと良いでしょう。気をつけたいのは、段階ごとに担当医師が変わったり、在籍している医師の数が多いクリニック。意志の疎通が不完全になり、思わぬトラブルにつながることがあります。

  • 施術後のアフターケア
    整っている

    治療法にもよりますが、一般的に眼瞼下垂の手術はダウンタイムが長め。大きな腫れが見られることもあるため、術後のアフターケアが充実しているかどうかは、重要なポイントです。事前にアフターケアについての説明があるか、その内容は十分か、患者の立場や気持ちに沿ったサービスを提供しているかなどをチェックしておきましょう。手術をして「ハイ終わり」ではなく、術後までしっかり面倒を見てくれる医師は、名医と言えます。

具体的にはどんなタイプの医師がおススメなの?

どのようなタイプの医師が、どのような理由でおススメなのか、以下で具体的なイメージをつかんでみてください。

■症例の多い医師は技術力が高い

医師は、ある意味、職人です。どんな分野であれ、職人の腕は経験数に左右されるものです。眼瞼下垂の経験数が10,000件ある医師2人の腕が、まったく同じレベルとは言えませんが、少なくとも経験数が100件の医師に比べれば、2人とも格段に腕が良いことは確かでしょう。その意味において、眼瞼下垂手術の医師を選ぶときには、経験数、つまり症例の数がなるべく多い医師を選ぶことが大切です。症例の数は各クリニックの公式ホームページに掲載されていることがあるので、気になるクリニックがあったら、クリニックの紹介文や医師のプロフィールを細かくチェックしてみてください。

【症例の多い医師の例】
  • ・筒井裕介 医師(セオリークリニック)
  • ・真崎信行 医師(真崎クリニック)
  • ・福田慶三 医師(ヴェリテクリニック)

■説明が丁寧な医師は知識・力に自信がある

「この先生なら、きっと大丈夫だ」と信じる基準と、「この先生にお任せして、本当に大丈夫なのかな?」と疑う基準との違いは、一体何でしょうか?それは恐らく、医師の説明の丁寧さではないでしょうか?自分の眼瞼下垂の状態をどの医師よりも丁寧に説明し、治療できる方法を複数挙げ、それぞれの治療法のメリット・デメリットを詳細に語り、そして、患者の質問や不安に的確に答えることができる医師。そのような医師に診察を受けたとき、多くの患者は「この先生なら、きっと大丈夫だ」と信じるにいたるでしょう。まさに、そのような先生こそ、自分自身の知識と力に自信があるものです。自分に不安のある医師よりも、自分に自信のある医師に治療をしてもらったほうが良いことは、言うまでもありません。

【説明が丁寧な医師の例】
  • ・池田欣生 医師(東京皮膚科形成外科)
  • ・筒井裕介 医師(セオリークリニック)
  • ・元神賢太 医師(青山セレスクリニック)

■口コミの良い医師は患者の満足度が高い

医師の腕の良し悪しは、単純に、仕上がりで決まります。手術後の仕上がりの良い医師は、腕が良いと考えてください。そして、仕上がりの良し悪しを判断するのは、医師ではなく患者です。患者の満足度が高い医師こそ仕上がりが良い医師、ということです。患者の満足度は、ストレートに口コミ評価に現れます。口コミの全てを鵜呑みにしてしまうことは避けるべきですが、そうとは言え、口コミを完全に無視するのも非常に怖いこと。ネット上には、口コミを掲載した多くのサイトがあります。ある程度は、これらに目を通しておくようにしましょう。なお、クリニック全体の口コミ評価は良くても、特定の施術に関しては口コミ評価が良くない場合もあるので注意してください。

【口コミの良い医師の例】
  • ・池田欣生 医師(東京皮膚科形成外科)
  • ・真崎信行 医師(真崎クリニック)
  • ・筒井裕介 医師(セオリークリニック)

■執刀医がカウンセリングをすれば失敗が少ない

眼瞼下垂手術を始め、美容関連の施術において失敗してしまう主要な原因の一つが、患者と医師のイメージの共有不足。患者がなりたいイメージと、医師が目指すイメージとの間にギャップがあるとき、医師にとっては「成功」と判断できる仕上がりであっても、患者にとっては「失敗」と感じる仕上がりになってしまいます。患者と医師とのイメージの相違を最小限に抑えるためには、執刀医が自らカウンセリング・診察を行なうことが大事です。たとえ医師がカウンセリングを行なったとしても、手術当日に執刀医として登場するのは別の医師、というクリニックもあるので要注意。施術前に医師と十分に話したら、「執刀するのは先生ですか?」と率直に聞いてみましょう。

【カウンセリングを直接行なっている医師の例】
  • ・若松慶太 医師(町田ヒフ形成クリニック)
  • ・筒井裕介 医師(セオリークリニック)
  • ・藤本雅史 医師(ヴェリテクリニック)

■アフターケアにこだわる医師は責任感が強い

美容外科であれ形成外科であれ、眼下であれ心臓外科であれ、医療の世界には必ずダウンタイムという概念があります。患者は、治療を終えた瞬間に理想の状態を得られるわけではありません。ダウンタイムという期間を経て、徐々に理想の状態に近づいていきます。このダウンタイム中のケアは、最終的な仕上がりを大きく左右すると考えてください。術後の経緯が順調かどうか、順調でなければどのような処置を行なうか、など、いわゆるアフターケアを徹底している医師は、信頼できます。最終的な仕上がりまで責任を持って診てくれる医師を選びましょう。

【アフターケアにこだわる医師の例】
  • ・筒井裕介 医師(セオリークリニック)
  • ・若松慶太 医師(町田ヒフ形成クリニック)
  • ・宮里裕 医師(恵聖会クリニック)

以上、名医を選ぶときの5つのポイントを解説しました。

ポイントごとに名医の例を3名ずつご紹介しましたが、ここで紹介した医師以外にも、名医と呼ぶべきドクターは多く存在します。以下のページをチェックし、自分に合った名医探しの参考にしてみてください。