もし眼瞼下垂なら名医に手術してもらうべき

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

加齢によるまぶたのたるみではなく、
もしかしたら眼瞼下垂かも!?

見た目年齢は目元が大事「昔に比べて、まぶたがどんどんたるんできてしまった…」

「老けただけではなく、目つきが悪くなった気がする…」

そんな悩みを抱えていても、加齢に伴う変化と考えてあきらめていませんか?もしかしたらただのたるみではなく、「眼瞼下垂」という病気なのかもしれません。ここでは眼瞼下垂という病気とその手術法、眼瞼下垂の初期症状、眼瞼下垂の名医などをご紹介していきます。

症状のレベルで選ぶ眼瞼下垂の手術方法

眼瞼下垂の症状は、ほとんどの原因がまぶたの皮のたるみである「軽度」と、眼瞼下垂の症状が出始めている「中度」、そして先天性のものや完全にまぶたの筋力が落ちてしまっているものなどの「重度」に分けられます。それぞれの特徴や、どのような手術が行われるかを簡潔にまとめてみました。

状態 通用される
手術の方法
切開の有無 その他
軽度~中度 眼瞼下垂の兆候はあるが、まぶたの皮のたるみの影響が強い状態。
  • 切らない眼瞼下垂手術
  • タッキング法
切らない
  • 昔に比べ二重の幅が狭くなったと感じている
  • 眉毛の位置には違和感がない
重度 通常時、まぶたが黒目の上まで持ち上がらないなど、重度の症状が現れている。
  • 挙筋前転法
  • 挙筋短縮法
切る
  • 昔に比べ二重が広くなったと感じている
  • 眉毛の位置が吊り上がった気がする

もしかしたら眼瞼下垂かも?と思ったら
まずは専門医のカウンセリングを。

顔のたるみのなかでも、目の上や目の下のたるみをなんとかしたいと考えている方は多いと思いますが、なかなか美容クリニックに行って施術を受けるところまでは踏み切れないものです。

でももしかするといまのあなたの状態は単なるたるみではなく、「眼瞼下垂」という病気かもしれません。そもそも本当に眼瞼下垂か、それとも単純なまぶたのたるみかという見極めは素人判断では難しく、専門医に診断していただく以外に方法はないのです。

眼瞼下垂の治療には保険が適用される治療と適用されない治療があり、手術法も複数ありますが、まずは専門医の意見を聞いてご自身の状態を確認する必要があります。以下に眼瞼下垂の治療実績とていねいなカウンセリングで評判の高い、眼瞼下垂手術の名医とクリニックをご紹介します。

眼瞼下垂の名医がいるクリニック

眼瞼下垂の
主な手術方法

症状に合わせて適用される4つの手術方法

眼瞼下垂の手術方法ですが、現在では4つの方法が主流となっています。「軽度~中度」の症状ならば、まぶたを切開しないため安全性もダウンタイムも心配のない方法を。「重度」の場合は切開による手術により、原因となる筋肉に手を加える方法を選択できます。

切らない眼瞼下垂手術(軽度~中度)

切らない眼瞼下垂手術まぶたの裏側から特殊な糸を通し、眼瞼下垂の原因であるたるんだ筋肉(眼瞼挙筋)を短縮して固定する手術方法です。結膜側の瞼板にしっかりと固定するため、単純に結びつけるだけのタッキング法よりも効果が高く、長持ちします。
ただし非常に高度な治療方法のため、施術を行える医師が限られている手術です。
おおよその治療費用は20~40万円。術後の腫れ・内出血などのダウンタイムはほとんどありません。

  • メリット

    手術時間は40分程度と短い
    日帰りで手術ができるため、仕事が休めない人でも大丈夫です。
    痛みが少ない、ほとんど感じない
    皮膚の切開をしないので、痛みはほとんどありません。
    傷や内出血が残りにくい
    皮膚の表面に傷をつけないため、傷や内出血がほとんど残りません。
    元の状態に戻せる
    糸を結んでいる状態なので、気に入らない場合は元に戻せます。
  • デメリット

    効果が実感できないことも
    あくまで軽度~中度向けの治療方法。重度の場合は効果が実感できないことも。
    元に戻る可能性がある
    時間の経過などで糸がゆるむと、たるみが戻ってしまいます。
    細かい調整が難しい
    まぶたの幅を細かく調整するのは難しいです。

タッキング法(軽度~中度)

タッキング法タッキング法は「切らない眼瞼下垂」と同じく、ナイロンなどの糸で瞼板に張り付いている腱膜を手繰り寄せて短くし、目の開きを改善する手術法です。まぶたの裏側にある結膜部分から糸を通すため、切開の必要がまったくありません。筋肉を切除しないため、出血や腫れがほとんどないと言われています。
まぶたの皮膚にたるみがない、眼瞼下垂が本当に初期の段階であるなど、受けるためには条件がありますが、施術時間はおよそ30分程度とそのぶん手軽な治療です。

  • メリット

    皮膚に傷あとがつかない
    まぶたを切らないため、ほぼ傷は残りません。腫れも最小限の範囲に抑えられます。
    手術中に目の開き具合を調整できる
    手術の最中に目の開き具合を確認・調整できます。
    臨床結果が豊富
    10年以上に渡っての臨床結果があり、信頼性が高い手術方法です。
  • デメリット

    高度な技術・経験が必要
    まぶたの裏側から施術を行うため、医師の経験と技術力がなければ対応できません。
    効果が見られないことがある
    まぶたのたるみや眼瞼下垂の症状が重度の場合、ほとんど効果が感じられない結果になることも。
    元に戻る可能性が
    糸で結んでいるだけの状態のため、ほどけて元に戻る可能性があります。

前転挙筋法(重度)

挙筋前転法前転挙筋法は、、まぶたの二重まぶたのラインを切開し、ゆるんだ眼瞼挙筋と腱膜を固定させる手術方法です。腱膜性の眼瞼下垂の一般的な手術法です。後天性の眼瞼下垂だけでなく、先天性の眼瞼下垂にも用いられます。
眼瞼下垂の治療と同時に、皮膚のたるみや余分な脂肪を除去することも可能です。
まぶたの裏にある筋を傷つけずに症状を改善するには、医師の高い技術力が必要となります。

  • メリット

    臨床結果が十分にある
    すでに数多くの形成外科・美容外科で行われている方法であり、その臨床結果も十分にあります。
    筋肉に傷をつけない
    皮膚の切開を伴う手術ですが、まぶたを持ち上げる筋肉・腱膜・ミューラー筋には一切傷をつけません。
    同時に二重にできる
    眼瞼下垂の改善と同時に、二重まぶたの形成も可能。傷跡が目立ちにくいのもメリットです。
    腫れを最小限に抑えられる
    筋肉などの組織を傷つけないため、腫れは最小限に抑えられます。体への負担が少なく、回復も早い手術法です。
  • デメリット

    医師の技術力で仕上がりに差が出る
    眼瞼下垂手術の中でも難しい部類に入り、医師のスキルによって仕上がりや効果の持続性、ダウンタイムに大きな差が出ます。
    医師が手術方法を正しく理解していないことがある
    医学のテキストにも載っている一般的な術式であるため、授業で習っただけの知識で施術を行っている医師もいます。
    皮膚を過剰に切除
    技術力が低い医師が施術を行うと、皮膚を切除しすぎて目の大きさがアンバランスになってしまうことがあります。

挙筋短縮法(重度)

上眼瞼ROOF切除挙筋短縮術は、腱膜のゆるみが原因の眼瞼下垂に効果的な手術法です。ゆるんでしまった腱膜を瞼板に再固定し、まぶたを開きやすくします。
手術では二重まぶたのラインで皮膚を切開し、腱膜とミューラー筋を結膜から剥がし、瞼板に固定していきます。これによって、伸びてしまった眼瞼挙筋が短縮され、弱い力でもまぶたをしっかりと持ち上げられるようになるのです。
古くから行われている挙筋短縮術ですが、非常に難度の高い手術法です。リスクもあるため、基本的には重度の眼瞼下垂のみに適用されます。

  • メリット

    重度の眼瞼下垂でも改善可能
    直接、挙筋腱膜を短縮する治療法のため、眼瞼下垂の症状が重い場合でも改善が可能となっています。
    同時に二重まぶたの対応も可能
    まぶたの表面を切開する経皮法であれば、同時に二重まぶたを作ることができます。
    目の開き具合を決められる
    施術の途中で仮固定をし、目の開き具合を要望に合わせて調整していくため、理想の仕上がりが期待できます。
    臨床的な効果が立証されている
    古くから行われている手術法のため、臨床データが豊富にあり、その効果についても立証されています。
  • デメリット

    ミューラー筋を傷つけてしまう恐れがある
    施術の際に、交感神経につながるミューラー筋を傷つけてしまう危険性があります。傷がつかなくても負担がかかるため、ある程度のダメージは覚悟する必要があります。
    ダウンタイムが長い
    挙筋短縮術は切開手術のため、ダウンタイムは長め。とくに、経皮法はダウンタイムが1~2週間と長くなりがちです。
    仕上がりに差が出る・トラブルが起こる可能性がある
    高度なスキルを要する術式のため、万が一失敗すると、目が半開き状態になる・目の大きさに左右差が出るなどのトラブルが起こることも。

眼瞼下垂以外の、
瞼のたるみを解消する手術

瞼のたるみは必ずしも「眼瞼下垂」と認定される訳ではありません。加齢による「皮膚のたるみ」でも似たような症状や見た目の影響があり、その治療方法も多種にわたります。眼瞼下垂以外での対応方法について紹介いたします。

眼瞼下垂とは
どういった症状

その症状は「眼瞼下垂」なのか?「皮膚のたるみ」なのか?鏡を見て用意に判断ができない症状だからこそ、状況の悪化を防ぐためにも、どういった状態が特徴としてあげられるか、紹介しています。

眼瞼下垂を悪化させる原因

目の周りの皮膚は他の部分と比べ、様々なダメージを受けやすい箇所となります。日常の何気ない行為・行動が大きな負担を与えたるみや眼瞼下垂の原因になってしまうことがあります。

眼瞼下垂が身体へ及ぼす症状

眼瞼下垂やまぶたのたるみなどにより、目を開けるために力を入れることで筋肉の疲労や緊張が蓄積し、頭痛や肩こりなど様々な箇所に影響を及ぼすようになります。原因不明の症状や不具合に悩まされている場合、医師によるチェックをしてみてください。

眼瞼下垂の名医選定のポイント

眼瞼下垂かどうかの判断は医師によって変わってきます。人体において重要な箇所である目元の施術を行うにあたり、どのような基準・判断で医師を選ぶべきかポイントを紹介いたします。