眼瞼下垂を手術の手術法を詳しく解説!

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

眼瞼下垂は手術で治せる!
最適な手術法を見つけよう

見た目年齢は目元が大事瞼が垂れ下がる眼瞼下垂の症状は、女性にとってかなり気になるもの。眠そうに見られたり、場合によっては老けて見られたりする場合も。見た目だけでなく、実はさまざまな身体症状にもつながっています。

眼瞼下垂は「手術」で治せますが、いくつかの手術の中でどれが適切なのかは目的によって異なるもの。ここでは眼瞼下垂の手術の種類やどのような人に適しているのか、費用相場、それぞれの手術が得意なクリニックをまとめました。

眼瞼下垂は気づきにくい病気

目の大きさや形は人それぞれ。眼瞼下垂と眼瞼下垂ではない状態に明確な差はないため、眼瞼下垂の症状が現れていても気づきにくいものです。加齢とともに徐々にまぶたが垂れ下がり、ただのたるみとして放置されてしまったり、若い人では目つきが悪い・眠そうとして片付けられたりするケースが多々あります。

けれど眼瞼下垂は見た目だけでなく、さまざまな身体症状や精神症状を引き起こすこともある危険な病気です。眼瞼下垂では、まぶたを引き上げる筋肉の働きが低下するため、おでこや首、肩など周辺の他の筋肉が補うことに。その結果、通常は緩んでいるはずの筋肉やその筋肉をつかさどる神経が、常に緊張状態になります。眼瞼下垂であることに気づかないと、目の周囲の筋肉や神経を酷使している状態が続き「肩こりが治らない」「脳に異常はないのに頭痛が続いている」「理由は分からないけど憂鬱」といった症状が現れるのです。

眼瞼下垂手術には切る手術と切らない手術がある

眼瞼下垂の手術には「切らない」手術と「切る」手術の2種類あります。それぞれメリット・デメリットがあり、目的に沿って手術方法を選ぶことが大切です。

以下に「切らない」手術と「切る」手術についてそれぞれの特徴をまとめました。

  切らない眼瞼下垂手術 切る眼瞼下垂手術
症状の程度 軽度~中度 ~重度
メリット
  • ダウンタイムが少ない
  • 見た目が気に入らなかった場合、元に戻せる
  • 再手術を無料で行ってくれるケースがある
  • 手術時間が短い
  • 美容面への配慮
  • 確実に効果が出る
  • 比較的症例数が多い
  • リーズナブル
  • たるみや脂肪を一緒に取り除ける
デメリット
  • 費用が高め
  • 重度の眼瞼下垂では効果が薄い
  • もとに戻ってしまう可能性
  • もとに戻せない
  • 手術時間が長め
  • ダウンタイムが長い
  • 傷が残りやすい
  • 再手術は自費診療
  • 美容面への配慮は難しい
保険
(適用・適用外)
適用外 適用
費用相場 20~30万円 4~5万円
対応医院 美容クリニック 眼科

「切らない」眼瞼下垂手術の目的は「美容面の改善」で主に美容クリニックで行なわれています。自費診療でナチュラルな仕上がりからパッチリした二重まで、患者さん自身の好みや希望に合わせてまぶたの形を整えられます。

期待通りにならなかった場合は再手術をしてもらえるケースが多いのがメリット。「周囲の人に整形手術だと思われることが怖い」という人にとっても、ダウンタイムが少なく、どうしても戻したくなった場合もとに戻せるというのは大きな利点ではないでしょうか。

「切る」眼瞼下垂手術の目的は「機能性の回復」で、主に眼科で行なわれており保険が適用されます。費用面がかなり抑えられるのと、重度の眼瞼下垂でも確実に効果が出るのがメリット。眼瞼下垂が重度になると、肩こりや自律神経症状などさまざまな症状が現れます。機能面で日常生活に支障が出ていたり、「切らない」手術ではもとに戻る可能性が高い場合におすすめの手術法です。

眼瞼下垂かどうか判断する基準

眼瞼下垂の症状は多岐にわたり、専門家でなければ明確に判断することは難しいもの。分かりやすい症状としては、眼を開くときにおでこにしわがよる、黒目内部の瞳孔までまぶたがかかっているといったものが挙げられます。

他にも、眼瞼下垂の代表的な症状の一部を抜粋しました。

  • ◆「夕方になるとまぶたが重くなる、疲れると開きにくくなる」
  • ◆「眉がしらが重苦しい」
  • ◆「目の奥が刺すように/つねられるように痛い」

上記からわかるように、眼瞼下垂では眉、眼の奥の筋肉などまぶた周辺の筋肉まで痛みやだるさが現れます。また朝起きた時点では何ともなくても、夕方になって症状が現れるケースも。眼瞼下垂は身体の広範囲に影響を及ぼし、人によって症状の現れ方が異なるものです。上記で眼瞼下垂の症状を引用した松山市民病院をはじめ、眼瞼下垂専門外来をもうけているクリニックも増えています。

  • ◆「夕方になるとまぶたが重くなる、疲れると開きにくくなる」
  • ◆「眉がしらが重苦しい」
  • ◆「目の奥が刺すように/つねられるように痛い」

上記からわかるように、眼瞼下垂では眉、眼の奥の筋肉などまぶた周辺の筋肉まで痛みやだるさが現れます。また朝起きた時点では何ともなくても、夕方になって症状が現れるケースも。眼瞼下垂は身体の広範囲に影響を及ぼし、人によって症状の現れ方が異なるものです。上記で眼瞼下垂の症状を引用した松山市民病院をはじめ、眼瞼下垂専門外来をもうけているクリニックも増えています。

眼瞼下垂になりやすい人

眼瞼下垂は二重の人よりも奥二重、一重の人のほうがなりやすいと言われています。眼が自然と大きく開く二重に比べ、奥二重や一重は眼を開くときに余計な力が入り、まぶたの筋肉に負担をかけてしまうことが多いためです。

また普段の生活習慣によっては、眼瞼下垂になりやすくなるため注意が必要。濃いアイメイクや眼をこする習慣がある人は、知らず知らずのうちにまぶたに負担をかけ、眼瞼下垂に近づいているかもしれません。

もしかしたら眼瞼下垂かも?と思ったら
まずは専門医のカウンセリングを。

顔のたるみのなかでも、目の上や目の下のたるみをなんとかしたいと考えている方は多いと思いますが、なかなか美容クリニックに行って施術を受けるところまでは踏み切れないものです。

でも、もしかするといまのあなたの状態は単なるたるみではなく、「眼瞼下垂」という病気かもしれません。そもそも本当に眼瞼下垂か、それとも単純なまぶたのたるみかという見極めは素人判断では難しく、専門医に診断していただく以外に方法はないのです。

眼瞼下垂の治療には保険が適用される治療と適用されない治療があり、手術法も複数ありますが、まずは専門医の意見を聞いてご自身の状態を確認する必要があります。以下に眼瞼下垂の治療実績とていねいなカウンセリングで評判の高い、眼瞼下垂手術の名医とクリニックをご紹介します。

「切らない」眼瞼下垂の名医がいるクリニック

「切る」眼瞼下垂の名医がいるクリニック

眼瞼下垂の
主な手術方法

症状に合わせて適用される4つの手術方法

眼瞼下垂の手術方法ですが、現在では4つの方法が主流となっています。「軽度~中度」の症状ならば、まぶたを切開しないため安全性もダウンタイムも心配のない方法を。「重度」の場合は切開による手術により、原因となる筋肉に手を加える方法を選択できます。

切らない眼瞼下垂手術(軽度~中度)

切らない眼瞼下垂術まぶたの裏側から特殊な糸を通し、眼瞼下垂の原因であるたるんだ筋肉(眼瞼挙筋)を短縮して固定する手術方法です。結膜側の瞼板にしっかりと固定するため、単純に結びつけるだけのタッキング法よりも効果が高く、長持ちします。
ただし非常に高度な治療方法のため、施術を行える医師が限られている手術です。
おおよその治療費用は20~40万円。術後の腫れ・内出血などのダウンタイムはほとんどありません。

  • メリット

    手術時間は40分程度と短い
    日帰りで手術ができるため、仕事が休めない人でも大丈夫です。
    痛みが少ない、ほとんど感じない
    皮膚の切開をしないので、痛みはほとんどありません。
    傷や内出血が残りにくい
    皮膚の表面に傷をつけないため、傷や内出血がほとんど残りません。
    元の状態に戻せる
    糸を結んでいる状態なので、気に入らない場合は元に戻せます。
  • デメリット

    効果が実感できないことも
    あくまで軽度~中度向けの治療方法。重度の場合は効果が実感できないことも。
    元に戻る可能性がある
    時間の経過などで糸がゆるむと、たるみが戻ってしまいます。
    細かい調整が難しい
    まぶたの幅を細かく調整するのは難しいです。

タッキング法(軽度~中度)

タッキング法タッキング法は「切らない眼瞼下垂」と同じく、ナイロンなどの糸で瞼板に張り付いている腱膜を手繰り寄せて短くし、目の開きを改善する手術法です。まぶたの裏側にある結膜部分から糸を通すため、切開の必要がまったくありません。筋肉を切除せず、出血や腫れがほとんどないと言われています。
まぶたの皮膚にたるみがない、眼瞼下垂が本当に初期の段階であるなど、受けるためには条件がありますが、施術時間はおよそ30分程度とそのぶん手軽な治療です。

  • メリット

    皮膚に傷あとがつかない
    まぶたを切らないため、ほぼ傷は残りません。腫れも最小限の範囲に抑えられます。
    手術中に目の開き具合を調整できる
    手術の最中に目の開き具合を確認・調整できます。
    臨床結果が豊富
    10年以上に渡っての臨床結果があり、信頼性が高い手術方法です。
  • デメリット

    高度な技術・経験が必要
    まぶたの裏側から施術を行うため、医師の経験と技術力がなければ対応できません。
    効果が見られないことがある
    まぶたのたるみや眼瞼下垂の症状が重度の場合、ほとんど効果が感じられない結果になることも。
    元に戻る可能性が
    糸で結んでいるだけの状態のため、ほどけて元に戻る可能性があります。

前転挙筋法(重度)

前転挙筋法前転挙筋法は、まぶたの二重まぶたのラインを切開し、ゆるんだ眼瞼挙筋と腱膜を固定させる手術方法です。腱膜性の眼瞼下垂の一般的な手術法です。後天性の眼瞼下垂だけでなく、先天性の眼瞼下垂にも用いられます。
眼瞼下垂の治療と同時に、皮膚のたるみや余分な脂肪を除去することも可能です。
まぶたの裏にある筋を傷つけずに症状を改善するには、医師の高い技術力が必要となります。

  • メリット

    臨床結果が十分にある
    すでに数多くの形成外科・美容外科で行われている方法であり、その臨床結果も十分にあります。
    筋肉に傷をつけない
    皮膚の切開を伴う手術ですが、まぶたを持ち上げる筋肉・腱膜・ミューラー筋には一切傷をつけません。
    同時に二重にできる
    眼瞼下垂の改善と同時に、二重まぶたの形成も可能。傷跡が目立ちにくいのもメリットです。
    腫れを最小限に抑えられる
    筋肉などの組織を傷つけないため、腫れは最小限に抑えられます。体への負担が少なく、回復も早い手術法です。
  • デメリット

    医師の技術力で仕上がりに差が出る
    眼瞼下垂手術の中でも難しい部類に入り、医師のスキルによって仕上がりや効果の持続性、ダウンタイムに大きな差が出ます。
    医師が手術方法を正しく理解していないことがある
    医学のテキストにも載っている一般的な術式であるため、授業で習っただけの知識で施術を行っている医師もいます。
    皮膚を過剰に切除
    技術力が低い医師が施術を行うと、皮膚を切除しすぎて目の大きさがアンバランスになってしまうことがあります。

挙筋短縮法(重度)

前転挙筋法挙筋短縮術は、腱膜のゆるみが原因の眼瞼下垂に効果的な手術法です。ゆるんでしまった腱膜を瞼板に再固定し、まぶたを開きやすくします。
手術では二重まぶたのラインで皮膚を切開し、腱膜とミューラー筋を結膜から剥がし、瞼板に固定していきます。これによって、伸びてしまった眼瞼挙筋が短縮され、弱い力でもまぶたをしっかりと持ち上げられるようになるのです。
古くから行われている挙筋短縮術ですが、非常に難度の高い手術法です。リスクもあるため、基本的には重度の眼瞼下垂のみに適用されます。

  • メリット

    重度の眼瞼下垂でも改善可能
    直接、挙筋腱膜を短縮する治療法のため、眼瞼下垂の症状が重い場合でも改善が可能となっています。
    同時に二重まぶたの対応も可能
    まぶたの表面を切開する経皮法であれば、同時に二重まぶたを作ることができます。
    目の開き具合を決められる
    施術の途中で仮固定をし、目の開き具合を要望に合わせて調整していくため、理想の仕上がりが期待できます。
    臨床的な効果が立証されている
    古くから行われている手術法のため、臨床データが豊富にあり、その効果についても立証されています。
  • デメリット

    ミューラー筋を傷つけてしまう恐れがある
    施術の際に、交感神経につながるミューラー筋を傷つけてしまう危険性があります。傷がつかなくても負担がかかるため、ある程度のダメージは覚悟する必要があります。
    ダウンタイムが長い
    挙筋短縮術は切開手術のため、ダウンタイムは長め。とくに、経皮法はダウンタイムが1~2週間と長くなりがちです。
    仕上がりに差が出る・トラブルが起こる可能性がある
    高度なスキルを要する術式のため、万が一失敗すると、目が半開き状態になる・目の大きさに左右差が出るなどのトラブルが起こることも。

眼瞼下垂以外の、
瞼のたるみを解消する手術

瞼のたるみは必ずしも「眼瞼下垂」と認定される訳ではありません。加齢による「皮膚のたるみ」でも似たような症状や見た目の影響があり、その治療方法も多種にわたります。眼瞼下垂以外での対応方法について紹介いたします。

眼瞼下垂とは
どういった症状

その症状は「眼瞼下垂」なのか?「皮膚のたるみ」なのか?鏡を見て用意に判断ができない症状だからこそ、状況の悪化を防ぐためにも、どういった状態が特徴としてあげられるか、紹介しています。

眼瞼下垂を悪化させる原因

目の周りの皮膚は他の部分と比べ、様々なダメージを受けやすい箇所となります。日常の何気ない行為・行動が大きな負担を与えたるみや眼瞼下垂の原因になってしまうことがあります。

眼瞼下垂が身体へ及ぼす症状

眼瞼下垂やまぶたのたるみなどにより、目を開けるために力を入れることで筋肉の疲労や緊張が蓄積し、頭痛や肩こりなど様々な箇所に影響を及ぼすようになります。原因不明の症状や不具合に悩まされている場合、医師によるチェックをしてみてください。

眼瞼下垂の名医選定のポイント

眼瞼下垂かどうかの判断は医師によって変わってきます。人体において重要な箇所である目元の施術を行うにあたり、どのような基準・判断で医師を選ぶべきかポイントを紹介いたします。

たるみ治療のクリニックをエリア別ピックアップ!

  • 東京エリアの
    クリニック20選

    企業・商業施設・教育機関が集まる日本の首都。1400万人以上が住み、病院やクリニックなど医療施設も多数。

    東京都は23区・多摩地域・東京都島嶼部によって構成されており、およそ70%の人が23区に住んでいるといわれています。当然ながら医療施設も特に23区に集中しており、自分にあったクリニックを選ぶのは大変です。
    そこで、都内にある、特にクリニックが集中しているエリアで、眼瞼下垂治療を得意とする20院をまとめてみました。

  • 大阪エリアの
    クリニック4選

    人口880万人以上。世界で最も住みやすい都市ランキングで3位にもなった、西日本の行政・経済・観光の中心地。

    大阪エリアの中心である大阪市は、東京に負けないくらい交通網が発達。その中でも最も利便性が高い路線といわれているのが、大阪メトロ御堂筋線です。

    ここでは、御堂筋線沿線にある中央区・北区・阿倍野区の中から、眼瞼下垂治療の実績がある4院をピックアップしています。

  • 愛知エリアの
    クリニック4選

    中部地方最大の都市・名古屋市や、自動車関連企業が多く集まる豊田市などがあり、ファミリー世帯が多いエリア。

    日本の中心に位置する愛知県。政令指定都市である名古屋市を中心に多くの人が住んでおり、地域密着型の病院やクリニックも多数あります。

    ここでは、名古屋市中区栄や名古屋駅周辺、さらに長久手市にある眼瞼下垂治療で特に評判の高いクリニックを4院ご紹介しています。

  • 福岡エリアの
    クリニック4選

    500万人以上が住む国内外の交通の結節点。公共交通機関や医療施設が充実した、世界が認める住みやすい都市。

    アジアの玄関口として大きな発展を遂げている福岡県。その中でも150万人以上が住む九州最大の都市である福岡市は、商業施設はもちろん医療施設が充実しています。

    ここでは、福岡市中央区・博多区にある眼瞼下垂治療に対応しているクリニックを4つ厳選しています。

【全国版】眼瞼下垂治療に対応しているクリニック

  • セオリークリニック

    銀座セオリークリニックの筒井院長は、眼瞼下垂など目元の治療において7,000症例以上の実績を持っています。切らない眼瞼下垂治療・切開法の眼瞼下垂治療の両方に対応し、治療法そのものよりも、患者さんのまぶたの状態に合わせた治療を提案・実施できる環境が整っています。

    所在地:東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座ビル6F
    電話番号:03-6228-6617

  • 恵聖会クリニック

    美容外科・形成外科・一般皮膚科それぞれの診療科目ごとに専門医のスペシャリストが在籍。高度な医療技術を適正な価格で提供することにこだわっているクリニックです。カウンセリングも丁寧に行ない、患者さんのライフスタイルを尊重した治療法やスケジュールを提案してくれます。

    所在地:大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F(心斎橋院)
    電話番号:06-6252-5650

  • ヴェリテクリニック

    東京銀座をはじめ、名古屋・大阪にも開院している美容外科クリニック。美容外科の福田先生は、海外からも患者さんが訪れるほどの実績があります。眼瞼下垂の治療においては、患者さんの約9割に頭痛・肩こりなどの改善効果が見られたという独自の術後調査を公表しています。

    所在地:東京都中央区銀座2-6-12 大倉本館5F(銀座院)
    電話番号:0120-883-250

  • 真崎医院

    院長の真崎先生は、「切らない眼瞼下垂手術(埋没式挙筋短縮法)」を考案した眼瞼下垂治療の権威。セレブやVIPも訪れるプライベートクリニックとあって、患者さんとのコミュニケーションを密に行ない、更に一人に対して専用のチームを組んで治療にあたっています。

    所在地:東京都渋谷区猿楽町9-8 URBAN PARK代官山Ⅰ 101
    電話番号:0120-120-454

  • 東京皮膚科形成外科

    東京3院・大阪1院の計4院で、年間3万人以上の患者さんが来院する人気のクリニックです。在籍する医師は専門医・認定医のみ。眼瞼下垂の治療は保険診療と自費診療の両方を扱っており、どちらも最低5年間の研修及び所定の専門認定医試験に合格した医師が担当しています。

    所在地:東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座3F(銀座院)
    電話番号:03-3545-8000

  • 青山からだのクリニック

    眼瞼下垂の治療に力を入れており、専門医である中島先生の指導に基づいた診察・治療を受けることができます。その治療法は挙筋短縮術・挙筋前転術・眼窩角膜反転術といった切開を伴う手術がメインで、症状に応じて切らない埋没式挙筋短縮法も適用されます。

    所在地:東京都港区南青山4-10-14 アルファゾーンビル1F
    電話番号:0120-328-928

  • もとび美容外科クリニック

    美容外科治療の中でも「目の整形」にこだわっており、眼瞼下垂・埋没法・目頭切開など、様々な治療法を提供。これまでの美容整形症例数は5万件以上で、その内の2万件以上が二重まぶたの施術です。眼瞼下垂治療については、切らない手術と切開法の両方に対応しています。

    所在地:東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル10F
    電話番号:0120-19-6102

  • コムロ美容外科

    東京銀座の他、大分・宮崎にも展開する美容外科クリニック。痛くない・腫れない・傷跡を残さない「コムロ式美容外科手術」が最大の特徴であり、眼瞼下垂治療においても、経験豊富なベテランドクターによる機能回復はもちろん見た目の美しさにこだわった施術を受けることができます。

    所在地:東京都中央区銀座1-6-8 DEAR GINZA 8F
    電話番号:0120-566-315(女性専用)
    0120-566-150(男性専用)

  • 青山セレスクリニック

    青山セレスクリニックでは、カウンセリングから施術、アフターケアまでをドクターが一貫して担当。眼瞼下垂手術は特に難易度が高いため、治療責任者である元神先生が必ず執刀を行ないます。傷痕が目立たない自然な仕上がりに定評がある、人気のドクターです。

    所在地:東京都港区北青山2-7-26 青山ビル7F
    電話番号:0120-010-099

  • 十仁美容整形

    1938年開院という歴史と実績のある美容整形・美容外科クリニック。江原先生は眼科出身ということもあり、眼瞼下垂をはじめとする目の周りの手術を得意としています。切開による手術と、たるみがない方向けの「クイック目力」という切らない治療法を選択できます。

    所在地:東京都中央区銀座8-9-11 天国ビル5F
    電話番号:03-3571-2111

  • 東京美容外科

    東京美容外科のドクターは、美容外科医師経験10年以上もしくは形成外科認定医の資格所持者のみに限定しています。眼瞼下垂手術では、一切メスを使用しない「切らない」術式を独自に開発。まぶたの裏側からアプローチするため傷跡や腫れがないのが特徴です。

    所在地:東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F
    電話番号:03-6280-6023

  • 銀座みゆき通り美容外科

    銀座みゆき通り美容外科では、眼瞼下垂治療においては皮膚を切らない「拳筋タッキング法」を採用。軽度の眼瞼下垂であれば、この方法で症状を改善に導いていきます。なお、こちらの眼瞼下垂治療は、より自然で美しい仕上がりを追求した自由診療となっています。

    所在地:東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6F・7F
    電話番号:0120-858-800

  • 神田須田町アイクリニック

    神田須田町アイクリニックは、その名の通り「目」の治療を専門に行なうクリニックです。眼瞼下垂の手術では、炭酸ガスレーザーを用いた切らない治療法を提供。メスで切開するよりも出血が少なく、術後の回復が早いといったメリットがあります。

    所在地:東京都千代田区神田須田町1-3-1須田町ビル2F
    電話番号:03-5207-2882

  • 町田ヒフ形成クリニック

    院長を務める若松先生は眼瞼下垂治療を最も得意としており、2006年の開院以降の通算症例数1,500件、年間症例数200件という実績があります。カウンセリングから施術、アフターケアまでを若松先生が一人で行なっている点も安心できるポイントです。

    所在地:東京都町田市原町田1-7-17 ガレリア町田ビル2F
    電話番号:042-710-1235

  • あおき形成外科眼科クリニック

    あおき形成外科眼科クリニックの青木先生が最も力をいれているのが、眼瞼下垂治療です。原則、局部麻酔での日帰り手術を実施。具体的な手術方法は、原因を特定した上で最適な術式を決定していきます。他院で受けた手術の修正にも対応可能です。

    所在地:東京都八王子市下恩方町350-31
    電話番号:042‐659-0343

  • アイケアクリニック

    埼玉県草加市・上尾市・蕨市、更に 東京銀座に院を構え、最先端の眼科医療を提供するクリニックです。眼瞼下垂治療に用いるのは、炭酸ガスレーザーで瞼のゆるみを縫い縮める治療法。ダウンタイムが少なく、日帰りで治療を受けられるのが特徴です。

    所在地:東京都中央区銀座4-2-1 銀座教会堂ビル7F
    電話番号:03-5524-6003

  • 東京イセアクリニック

    美容外科・エイジングケア・頭髪外来など、様々な悩みに対応するクリニック。症例数2,000件以上という吉種先生をはじめ、各分野で研鑽を積んだドクターのみが在籍しています。眼瞼下垂治療は保険診療と自費診療がありますが、保険適用の手術は銀座院のみとなっています。

    所在地:東京都中央区銀座6-2-3 Daiwa銀座アネックス3F(銀座院)
    電話番号:0120-963-866

  • そが眼科クリニック

    院長でもある蘇我先生は、眼瞼下垂をはじめ、緑内障・白内障・網膜硝子体など、目に関する疾病においてはほとんどのケースに対応できるという、実績のある眼科専門医です。眼瞼下垂治療の際には、患者さんの症状に合わせて最適な方法を選択・提案してくれます。

    所在地:東京都世田谷区豪徳寺1-28-1
    電話番号:03-6804-4934

  • 大塚美容形成外科

    日本全国に展開する大塚美容形成外科は、「41年間医療事故ゼロ」を誇るなど、安全を第一とした治療にも定評があります。眼瞼下垂の治療については、保険適用の手術も可能ですが、仕上がりの美しさに重点を置いた美容外科手術の方を主体としています。

    所在地:東京都豊島区北大塚2-30-6 石井ビル(大塚本院)
    電話番号:0120-80-1611

  • 水の森美容外科

    名古屋・大阪・銀座・新宿の4院を展開する水の森美容外科。竹江総院長をはじめ、ドクターの質の高さが最大の強みです。眼瞼下垂手術や二重埋没法など目元に関する施術を得意としており、眼瞼下垂治療では切開して眼瞼挙筋を正常に固定し直す方法を採用しています。

    所在地:愛知県名古屋市中区栄3-6-20 辰晃ビル5F
    電話番号:0120-92-2396

  • 湘南美容クリニック

    2019年度の来院者数230万人以上という大手美容外科クリニックです。銀座院副院長の岩砂里美先生は、眼瞼下垂治療や二重整形成術などを得意としています。施術費用がわかりやすくリーズナブルな設定なのも、多くの患者さんに支持される理由といえます。

    所在地:東京都中央区銀座1-3-9 マルイト銀座ビル2F
    電話番号:0120-049-055

  • 銀座長瀬クリニック

    美容外科・美容皮膚科・美容内科・医療痩身などを標榜する女性専門の美容クリニックです。症状の回復はもちろん、見た目の美しさにこだわった治療が期待できます。眼瞼下垂の手術では、全切開による施術を提供しています。

    所在地:東京都中央区銀座8-4-9 奥山ビル5F
    電話番号:03-6280-6805

  • 品川美容外科

    開院から32年、全国に38院を展開している大手美容外科クリニック。眼瞼下垂手術は、主に切開を用いての施術となっています。なお、手術後一年以内に再施術が必要だと判断された際に無償で再手術に応じる保証制度も用意されています。

    所在地:東京都中央区銀座1-3-9 マルイト銀座ビル3F
    電話番号:0120-095-200

  • ノエル銀座クリニック

    国内で2名しかいない日本美容外科学会認定の「美容外科認定指導医」である保志名院長をはじめ、経験と実績をもったドクターが多数在籍するノエル銀座クリニック。眼瞼下垂の治療では、瞼の裏側から糸で留める埋没法を採用。よりナチュラルな仕上がりが期待できます。

    所在地:東京都中央区銀座2-5-14 銀座マロニエビル7F
    電話番号:0120-008-406

  • コスメディカルクリニックシンシア

    東京銀座・渋谷に店舗を構える美容外科・美容皮膚科・形成外科クリニックです。眼瞼下垂の手術の際には、上眼瞼タルミ取りの手術もしくは眼瞼挙筋前転術などのいわゆる眼瞼挙筋手術を、原因・症状に応じて提案してくれます。

    所在地:東京都中央区銀座5-13-19 デュープレックス銀座タワー4F
    電話番号:03-5550-0567

  • 共立美容外科

    開院から32年、全国に25院を展開する大手美容外科クリニック。眼瞼手術治療は主に挙筋短縮法を採用しており、挙筋の一部を切り取る方法・挙筋を糸で引き寄せ合う方法・挙筋の一部をたたむ方法の3種類の中から、最適な方法で治療に当たります。

    所在地:東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル7F
    電話番号:0120-560-340

  • ビアンカクリニック 銀座

    美容外科・美容皮膚科・美容内科の他、医療アートメイクなども提供するクリニックです。眼瞼下垂の治療では、医療用の糸を使用して縫い縮めるMT法と切開法の2種類を採用。遠方に住んでいる人向けに、交通費補助制度も用意しています。

    所在地:東京都中央区銀座1-5-6 銀座レンガ通り福神ビル4F
    電話番号:03-6263-2690

  • マックスファクス銀座クリニック

    顔面の骨格を中心に目鼻耳口など、顔に特化した美容医療を提供しています。眼瞼下垂治療には、傷跡が目立たない眼瞼挙筋短縮術と上眼瞼の脱脂、更に戻りにくく切らないSMK法をプラスするなど、症状に応じて最適な施術を実施しています。

    所在地:東京都中央区銀座7-3-7 ブランエスパ銀座ビル5F
    電話番号:0120-066-426

  • 東京赤坂クリニック

    田原英理子院長をはじめ、スタッフは全て女性という完全予約制クリニックです。田村院長は切らないたるみ治療を得意としており、眼瞼下垂治療においても、切開手術・切らない施術の両方に対応。女性ならではの視点で、患者さんの悩みに向き合ってくれます。

    所在地:東京都港区赤坂5-4-6 赤坂三辻ビル5階
    電話番号:03-5545-5480

  • clinic emma the ginza

    院長である田宮エリー先生は、美しく年を重ねるスローエイジングケアを推奨。見た目だけでなく、より健康的な美しさを求めたい方におすすめです。眼瞼下垂手術については、メスを使わず医療用の糸を使用して二重形成ができる眼瞼下垂埋没法と、眉下切開法を採用しています。

    所在地:東京都中央区銀座4‒1 西銀座(NISHIGINZA)B1F
    電話番号:0120-221-714

  • 池袋PSクリニック

    目の周りの治療に精通した日本形成外科学会専門医による、安心感と仕上がりの美しさを重視した施術を受けられます。眼瞼下垂治療は、両目合わせて1時間程度の日帰り手術と切らない治療法(自費診療)から、希望に合わせた治療法を選ぶことが可能です。

    所在地:東京都豊島区西池袋1-16-10 第2三笠ビル5F
    電話番号:03-6915-2288

  • 池袋セントラルクリニック

    15年以上の経験を持つ形成外科専門医が施術を担当。内科担当と美容外科担当の医師二名を除く全ての医師・スタッフが女性のため、デリケートな悩みにも対応できる環境が整っています。平日は20時まで、土日祝日の診療も可能なので、普段忙しい方でも安心して通えます。

    所在地:東京都豊島区南池袋2-26-7 城北ビル6F
    電話番号:03-5911-7262

  • 大沢眼科

    開院から30年以上に渡って目の治療を専門に行なっており、目に関するあらゆる悩みに対応することができます。常に新しい治療・新しい設備を積極的に取り入れることで、正確かつ適切な治療法を提案。眼瞼下垂の治療では、3種類の切開法手術を行なっています。

    所在地:東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60ビル7F
    電話番号:03-3988-3333

  • 池袋皮フ科形成外科

    皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科と幅広い分野に精通しており、眼瞼下垂治療においても保険適用・自由診療の両方に対応。院長を務める田中先生は、当院以外のクリニックの副院長やチーフドクターも務めるなど、美容皮膚科界隈で幅広く活躍しています。

    所在地:東京都豊島区南池袋1-24-6 深野ビル3F
    電話番号:03-3989-1319

  • みずほクリニック

    院長の小松先生は、20年以上目元治療に携わってきたベテラン医師です。眼瞼下垂治療は保険診療・自由診療どちらにも対応。ただ目を大きくするだけでなく、左右差を整えたり、こまめに止血を行って腫れを抑えるなど、患者さんに寄り添った治療を心掛けています。

    所在地:東京都豊島区池袋2-2-1ウイックスビル601
    電話番号:03-3987-1161

  • アイリス美容外科

    「美しく腫れない」二重の手術が評判のクリニック。安心安全を重視した治療にこだわっており、梶原院長自らがカウンセリングに十分な時間をかけた上で、最適な方法を提案してくれます。年中無休・完全予約制のため、平日は時間がないという方にぴったりです。

    所在地:東京都渋谷区渋谷3-16-2 ニュー三水ビル6F
    電話番号:03-5778-3666

  • 南平台緒方クリニック

    院長である緒方先生は、形成外科・美容外科・レーザーなど多くの専門医の資格を持っているだけでなく、日本人に適した様々な手術方法を考案してきています。眼瞼下垂治療の経験・実績も豊富で、患者さん一人一人に合わせた最適な治療法を提案してくれます。

    所在地:東京都渋谷区南平台町13-1 サトウビル3F
    電話番号:03-6277-5375

  • 立花クリニック

    眼瞼下垂治療を最も得意としており、立花院長は眼瞼下垂症例数3,000件以上、他院手術の修正200件以上という実績をもっています。保険適用の挙筋前転法、自由診療のレーザーメスによる無血手術や切らないスーパー埋没法など、あらゆる治療が可能です。

    所在地:大阪府大阪市阿倍野区昭和町1丁目21-22 徳山ビル4階
    電話番号:06‐6629-1000

  • あらた形成スキンクリニック

    日本形成外科学会認定の形成外科専門医である山本院長は、眼瞼下垂をはじめ、先天性の疾患や外傷、皮膚・皮下腫瘍の切除といった形成外科的手法による治療が得意です。また、傷跡や機能障害をできるだけ残さない、患者さんのQOL向上にもにこだわっています。

    所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-1-7 吉祥寺DMビル3F
    電話番号:0422-29-7766

  • 池本形成外科・美容外科

    池本院長は皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科といったあらゆる専門資格を持っています。目元の治療についても、眼瞼下垂・二重まぶた・目頭切開・タレ目形成・まつ毛育毛など様々な治療に対応。カウンセリングから治療まで一貫して行ってくれるので安心です。

    所在地:東京都中央区日本橋2-2-2 マルヒロ日本橋ビル3F
    電話番号:03-3272-5666

  • Wクリニック

    心斎橋駅から徒歩1分の場所にある、総合的・包括的に美を追求する人のためのクリニック。施術後のクーリングや内服・外用薬の処方など、アフターケアも充実しています。19時まで診療可能で定休日は年始のみとなっているため、仕事や家事で忙しい人にもおすすめです。

    所在地:大阪市中央区南船場4-5-8 ラスターオン心斎橋9階
    電話番号:06-6244-3030

  • つかはらクリニック

    各交通機関からのアクセスが良好なあべのハルカス内に位置するクリニック。慢性頭痛や視界の低下、見た目といった眼瞼下垂により引き起こされる様々な症状に対応しており、美しさだけでなく機能の向上にも努めています。

    所在地:大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1-43 あべのハルカス22F
    電話番号:06-6621-1296

  • 西堀形成外科

    保険適用の信州大学方式「眼瞼下垂症手術」を提供しており、目のたるみをすっきり解消し、ぱっちりと大きな目に仕上げています。患者さんの状態に合わせて、腱膜挙筋前転法やつり上げ法、筋膜移植つり上げ法などを提案しているでしょう。

    所在地:愛知県長久手市下山43番7 クレオフューメビルディング2階
    電話番号:0561-42-8484

  • グランクリニック

    美容外科のみならず、整形外科や形成外科で培った経験をもとに安心・安全な医療を提供。眼瞼下垂治療においては、先天性から老人性、腱膜性までほとんど全ての症例に対応しています。治療後の注意点の説明やアフターケアにもしっかり対応しています。

    所在地:名古屋市中区栄5丁目28-19 アルティメイトタワー栄Vビル3F
    電話番号:052-243-4874

  • エースクリニック

    眼瞼下垂治療をはじめとしたフェイスデザインからスキンデザイン、ボディデザインまで様々な治療メニューを用意しているクリニック。手術からレーザー治療まで対応可能な総合美容クリニックなので、見た目に関する全ての悩みを解消できます。

    所在地:名古屋市中村区名駅4-10-25 名駅IMAIビル3F
    電話番号:0120-764-912

  • 八事石坂クリニック

    患者さんの悩みや要望をしっかりとヒアリングし、経験豊富な医師が最適な治療法を提案。カウンセリングや治療を担当する医師は全員が日本形成外科学会専門医の資格保有者なので、心から満足できる仕上がりを実現できます。

    所在地:愛知県名古屋市中村区名駅4-16-33 パシフィックスクエア名駅3F
    電話番号:052-589-1382

  • ブリスクリニック

    親切・丁寧なカウンセリングや高い技術と豊富な知識を活かした施術、きめ細かいアフターケアなどが魅力のクリニックです。月曜日は20時まで診療を受け付けているため、「学校や仕事の帰りにも通いたい」という人にも向いています。

    所在地:福岡市中央区清川1-9-20 テングッド渡辺通3F
    電話番号:092-791-1441

  • 東郷美容形成外科

    研ぎ澄まされた技術と真心で誠心誠意の美容医療を提供し、自信のある素敵な笑顔になれるようサポートを行っています。院内はカウンセリングルームから待合室まで全室個室。人目を気にせずリラックスした状態で過ごせるでしょう。

    所在地:福岡市博多区博多駅前2-17-26 オオエスビル2階
    電話番号:0120-15-0507

  • 林眼科医院

    あらゆる眼科治療に対応しており、安全かつ効果的な先進医療を積極的に取り入れています。手術実績は非常に豊富で、眼瞼下垂治療に関しては毎年200件を超える手術を行っているとのこと。医師の数も多いので、スムーズに治療を受けられます。

    所在地:福岡市博多区博多駅前4丁目23-35
    電話番号:092-431-1680

  • すがも小林皮フ科

    眼瞼下垂治療では、保険診療である挙筋前転術と自費診療である眉下シワ取り術を用意。症状が重い場合には、保険診療と自費診療を組み合わせた治療法も提案しています。インターネットによる順番受付システムも導入しているので、スムーズな診療が可能です。

    所在地:東京都豊島区巣鴨2-1-2ブラウンタワー3階
    電話番号:03-5972-1825

  • 四谷見附クリニック

    形成外科学会認定専門医とレーザー専門医の資格を持つ院長による、診察から治療まで一貫した手厚いサポートが受けられます。眼瞼下垂治療の種類も豊富で、1人1人の瞼の状態に最適なアプローチ方法を提案してくれるでしょう。

    所在地:東京都新宿区若葉1-10-60 若葉ビル
    電話番号:03-5360-7711