眼瞼下垂が見た目に及ぼす影響と解消する為の名医を紹介

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

目元の印象が見た目年齢を決める!
若々しさを保つための対処方法

見た目年齢は目元が大事加齢によって、瞼(まぶた)を持ち上げる筋肉の働きが低下し、皮膚が目の上に垂れ下がってくることがあります。皮膚のたるみが見た目年齢にも大きな影響を及ぼし、老けの印象を与えてしまいます。瞼の状態によっては「たるみ」ではなく、「眼瞼下垂」という症状の可能性も有り、しっかりと対処することで若々しい見た目を取り戻すことが可能です。このサイトでは目元周りの施術にたけた名医を紹介いたします。

目的によって変わる施術方法。あなたの目的は?。

あなたが気にしている「まぶた」の症状は、どのように解消するかで施術の対応方法が変わってきます。本来の自然な仕上がりにしたいのか・目の開きや二重に対応したいのか・とにかく安く対応したいのか、目的によって最適なクリニック/先生が異なってきますので、事前の情報確認は慎重に行うことが重要です。

  若がえり 美容整形 保険
手術法 切らない 切る/ 切らない 切る
メリット 自然な
本来の形
パッチリな
目元
安く施術可能
デメリット 本来の形以上に
ならない
「整形」らしさ 限られた
方法のみ
本来の目元へ若返りなら
セオリークリニック
綺麗な目元を作るなら
ヴェリテクリニック
保険適用で対応するなら
あおき形成外科眼科

眼瞼下垂の名医選定のポイント

眼瞼下垂かどうかの判断は医師によって変わってきます。人体において重要な箇所である目元の施術を行うにあたり、どのような基準・判断で医師を選ぶべきかポイントを紹介いたします。

目元まわりの施術
「スキルが高い名医がいる」
クリニック

目元周りの施術は難易度の高い技術となります、見た目にも大きな影響を及ぼすため傷口や後遺症のリスクを軽減するためにも技術力の高い医師を見つけることがもっとも重要となります。

眼瞼下垂とは
どういった症状

その症状は「眼瞼下垂」なのか?「皮膚のたるみ」なのか?鏡を見て用意に判断ができない症状だからこそ、状況の悪化を防ぐためにも、どういった状態が特徴としてあげられるか、紹介しています。

眼瞼下垂を治すための手術方法

切らない

眼瞼下垂は手術を必要とする症状ですが、状態によっては「切らない」方法で対応することが可能です。見た目に関わることだからこそ、なるべく手術跡がわからないように対応する方法が選ばれております。

切る

眼瞼下垂を治す場合、主流となる治療法は切開を必要とする方法となります。保険適用など費用を抑えて施術する場合にも切る施術となり、様々な対応方法が存在しております。

眼瞼下垂以外の、
瞼のたるみを解消する手術

瞼のたるみは必ずしも「眼瞼下垂」と認定される訳ではありません。加齢による「皮膚のたるみ」でも似たような症状や見た目の影響があり、その治療方法も多種にわたります。眼瞼下垂以外での対応方法について紹介いたします。

眼瞼下垂を悪化させる原因

目の周りの皮膚は他の部分と比べ、様々なダメージを受けやすい箇所となります。日常の何気ない行為・行動が大きな負担を与えたるみや眼瞼下垂の原因になってしまうことがあります。

眼瞼下垂が身体へ及ぼす症状

眼瞼下垂やまぶたのたるみなどにより、目を開けるために力を入れることで筋肉の疲労や緊張が蓄積し、頭痛や肩こりなど様々な箇所に影響を及ぼすようになります。原因不明の症状や不具合に悩まされている場合、医師によるチェックをしてみてください。