眼瞼下垂の悩みを解消してくれる銀座長瀬クリニック

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

銀座長瀬クリニック

インフォームドコンセントに基づいた説明と診断

長瀬 大蔵先生

銀座長瀬クリニック 画像引用元:銀座長瀬クリニック
https://www.nagaseclinic.com/

インフォームドコンセントを大切に考えているクリニックです。治療や手術を始める前には必ず、施術内容に関して充分な説明をし、患者さんにきちんと理解してから施術へと移ります。また、カウンセリングも時間をかけて行い、患者さんの抱く悩みと向き合うことも大切にしているそうです。
土曜日も診療を行っており、複数の主要な駅からのアクセスも良好なので、通院がしやすいクリニックと言えます。

先生の経歴/ 特徴

・2008年 愛知医科⼤学医学部 卒業

・2008年 春⽇井市⺠病院 勤務

・2010年 湘南美容外科クリニック 勤務

・2010年 品川医院 医院⻑

・2017年 銀座⻑瀬クリニック医院 医院長

【資格・所属団体など】
ボトックス認定医 VASER脂肪吸引認定医 ハワイ⼤学認定書

2008年に愛知医科大学医学部を卒業。同年より春日井市民病院にて勤務します。2010年から湘南美容外科クリニックに勤務し、品川医院長に就任。その後、2017年より銀座長瀬クリニック医院長を務め、現在に至ります。

得意施術

幅広い美容外科の診療に対応しており、目の周りに関してもさまざまな施術が可能です。眼瞼下垂の手術では全切開を行うタイプの施術をもって改善へと導いてくれます。

カウンセリングの豊富さ

インフォームドコンセントを大切に考えている、こちらのクリニック。そのため、もちろんカウンセリングも念を入れて行っています。たっぷりと時間をかけてていねいに行うことで、初めて来院する患者さんの不安や緊張をほぐしてくれるでしょう。

先生のポリシー

知識や技術を常に向上させる努力を続けています。「日々の努力は、すべて患者さんの満足のため」。これが、銀座長瀬クリニックの長瀬先生のポリシーです。
美容外科というと、初めての人はどうしても診てもらうのをためらってしまうことも多いのではないでしょうか。
そんななか、勇気を振り絞り最初の一歩を踏み出して、クリニックに訪れてくれた患者さんを、全力でサポートしたいという長瀬先生。いざ治療を受けてみると「なぜもっと早く相談して、施術してもらわなかったんだろう」といって喜ぶ患者さんが多いそうです。その患者の喜ぶ姿を見るために、技術にさらなる磨きをかけています。

クリニックの特徴

患者さんにできる限りストレスフリーな手術を受けてもらうために、痛みを抑えた施術の提供につとめています。たとえば、点滴による静脈麻酔を用いて、眠気を誘い痛みを和らげる施術を提供。患者さんは施術前に眠り始め、目覚めるときにはすべての処置が負えられている状態となります。
また、銀座長瀬クリニックではモニターを募集しており、条件をクリアして症例写真などに協力すると、リーズナブルな価格での施術が可能。遠方から通院する患者さんには、交通費還元値引き制度が適用される場合があります。

>>切らない眼瞼下垂手術を行なっているクリニックを見てみる
>>切る眼瞼下垂手術を行っているクリニックを見てみる

目周りの治療法

  • 全切開プラス眼瞼下垂
    408,000円
  • プチ二重スタンダード法
    148,000円
  • 全切開二重術
    298,000円
  • 下眼瞼下制術
    248,000円
  • 眉下切開
    298,000円

クリニックの基本情報

所在地 東京都中央区銀座8-4-9 奥山ビル5F
受付時間 月~土 10:00~19:00
電話番号 03-6280-6805
アクセス情報

JR「新橋駅」銀座口より徒歩300m

東京メトロ「新橋駅」5番出口より徒歩300m

東京メトロ「銀座駅」B9出口より徒歩500m

眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  •              
    「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  •              
    「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数