眼瞼下垂の名医はカウンセリングで確認!

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

医師が直接
カウンセリングを
してくれる
クリニックを選ぼう

眼瞼下垂の手術に限らず、クリニックで何かしらの治療を受ける際には、必ずカウンセリングがあります。カウンセリングとは、医師や専門家と直接話をして悩みや要望を伝えたり、医師の方針や治療方法に耳を傾ける貴重な場となっています。
体にトラブルを抱えていると、つい「話をするより、早く治療をしてもらいたい」と焦りがちですが、このカウンセリングを疎かにしてはいけません。満足度の高い治療を受けるためには、カウンセリングを通して医師のポリシーや治療方針に納得し、不安のない状態にしておかなければならないからです。
ここでは、カウンセリングを受ける際にチェックしておきたいポイントについてまとめていますので、名医選びの参考にしてください。

担当先生みずからの
カウンセリング

満足度の高い眼瞼下垂治療を受けるためには、まずカウンセリングで名医を見極める必要があります。

  • 段階によって話す人が変わるクリニックは注意

    眼瞼下垂に限らず、治療を受ける際にもっとも大切なのは「医師とのコミュニケーション」。つまり、スムーズに意思疎通ができるかどうかです。そのため、カウンセリングの場では、医師と十分に話をするべきでしょう。
    しかし、クリニックによっては、段階によって話をする人がコロコロと変わってしまうケースがあります。カウンセリング・施術・アフターケアと、すべて違う医師が担当することもあるのです。
    こういう場合、「引き継ぎはきちんとしているから大丈夫」と言われることがほとんどですが、細かいニュアンスが伝わっていなかったり、いざというときのコミュニケーションロスで、取り返しのつかない事態を招くこともあります。とくに目の周りの施術はデリケートですから、細心の注意が必要です。
    思わぬトラブルを防ぐためにも、カウンセリングからアフターケアまで、ひとりの医師が担当してくれるクリニックを選んだ方が安心でしょう。

  • 患者の要望・気持ちに寄り添ったカウンセリングをしてくれる

    まず大切なのは、こちらの要望をきちんと聞いてくれるか、小さな悩みにもしっかりと耳を傾けてくれるかどうか。上から目線で意見を述べたり、分かりにくい専門用語を並べ立てたり、適当な説明で早く切り上げようとするような医師は、どんなに症例数が多くてもNGです。
    とくに注意したいのは、特定の施術方法しか提案せず、しかもデメリットに触れない場合。患者自身に選択肢を与えず、一方的に「この方法しかありえない」などと決めつけてくるような医師は、少々危険と考えるべきでしょう。
    名医は、提案する治療法のメリット・デメリットはもちろん、ダウンタイムや術後経過についてもしっかりと説明してくれるもの。また、患者の不安を解消するための説明に、十分な時間をかけてくれるものです。

  • 名医は必ずすべてを自分で対応する

    患者のことを本当に考えている医師は、カウンセリングから施術、アフターケアに至るまで、すべて自分で担当するものです。
    眼瞼下垂の手術は、形成外科の中でも難易度が高く、仕上がり具合でその人のイメージがガラリと変わる手術です。すべての段階で同じ医師が担当してくれれば、カウンセリングで伝えた要望が施術にきちんと反映されるため、希望どおりの仕上がりが期待できます。
    また、同じ医師の方がいろいろと相談もしやすく、不安なく手術に臨むことができるでしょう。

  • 医師が多く在籍するクリニックにも注意

    多数の医師が在籍するクリニックでは、施術ごとに担当医師が変わってくるケースがあります。この場合、得意分野に関するスキルは持っているのですが、ほかの分野に関しては、知識やスキルが若干低い場合があります。
    つまり、眼瞼下垂手術の経験はあるが、ほかの症状や治療についての知識は乏しいというケース。この場合、症状を多角的に診断することができず、思ったような仕上がりにならなかったり、想定外のケースに対応できず、トラブルが発生することもあるのです。
    カウンセリングではベテラン医師が担当してくれたのに、いざ施術となったら別の医師が担当することになっていた…などということもあるため、あらかじめきちんと確認しておきましょう。