セルフチェックでまぶたのたるみと眼瞼下垂を見分けられる?

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

眼瞼下垂かどうかがわかる
簡易セルフチェック

眼瞼下垂の治療を受ける前に
まずは症状のレベルを知ろう

まぶたが重い、腫れぼったい、目がうまく開けられず視野が狭く感じる。もしあなたがこのような症状を感じているとしたら、もしかしたら眼瞼下垂の初期症状かもしれません。

そこでここでは、まぶたのたるみか眼瞼下垂なのか。もし眼瞼下垂だとしたら、どのレベルの症状なのかを見分けるセルフチェックを作成してみました。

その症状
たるみ?それとも眼瞼下垂?

1. 肩こりや片頭痛がよくある
2. おでこのしわが増えた
3. 昔の写真より目が小さくなった気がする
4. 以前より目と眉が離れてきた
5. 夕方になると目の周辺やおでこ部分に痛みや疲労感を感じる
6. ハードコンタクトレンズの使用歴が長い
7. PCを使った作業が多い
8. 60歳以上だ
9. よく目をこする習慣がある
10. 目が疲れている
11. 最近まぶたが重い

眼瞼下垂の初期症状や前兆については下記サイトを参考にまとめました。

Medical Note(2016):『眼瞼下垂をセルフチェック!原因や症状から手術方法、費用、保険適用は?パソコンを長時間使用している人は要注意』

日本眼科学会:『眼瞼下垂』

渡辺彰英(2013):『Impact of high myopia and duration of hard contact lens wear on the progression of ptosis』[pdf]

一般社団法人日本形成外科学会:『後天性眼瞼下垂症』

宮脇剛司・三宅啓介・中原麻理・藤本雅史・林淳也・岸陽子・内田満(2010):『肩こりと眼瞼下垂』[pdf]

そのだるさは眼瞼下垂の症状かも?

眼瞼下垂の代表的な症状はまぶたが下がるというものですが、それに付随して、肩こり・頭痛・目の周辺のだるさを感じるのが特徴です。原因は眼瞼下垂でまぶたを挙げる筋肉の働きが弱くなり、目の周りの他の筋肉でまぶたを挙げようとするため。最もよく使用されるのが眉上の筋肉です。眼瞼下垂の人は目を開ける時に眉ごと引き挙げるケースが多く見られます。

若い世代でも要注意!

通常眼瞼下垂は加齢によって起こるものですが、長時間のPC作業やまぶたに負担をかけるアイメイクなど日々の生活習慣によって、若い世代でも発症する可能性があります。眉の上の筋肉を使って目を開けるようになると、おでこにしわがより通常よりも老けて見られることも。目を開ける時に眉が上に上がったり、おでこにしわがよったりする人は年齢に関係なく要注意です。

眼瞼下垂かどうか自分でチェックする方法

普通に目を開けた状態で瞳孔が隠れるかどうか

鏡の前でまっすぐ前を見て、力を抜き普通の状態で目を開けてみましょう。黒目の真ん中の瞳孔がまぶたで隠れるなら、眼瞼下垂の可能性があります。

眉上の筋肉を使っていなくても目が開けられるかどうか

目を軽く閉じ、そのまま左右の眉の上を抑えて、筋肉が動かないようにしましょう。眉上の筋肉を抑えたまま、目を開けます。

眼瞼下垂でまぶたを挙げる筋肉が弱っていると、目を開ける際に眉上の筋肉を用いてまぶたを開けていることがあります。その場合眉上の筋肉を押さえて固定すると、まぶたがいつもより開けにくかったりまぶたが開かなくなったりします。

以下に眼瞼下垂手術の施術例が多い美容外科と眼科をご紹介します。利点はそれぞれ異なりますので、時間に余裕のある方は眼科と美容外科でそれぞれ医師のカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

眼瞼下垂を改善するには?

チェックリストの項目に当てはまるものが多く、セルフチェックでもまぶたで瞳孔が隠れる、眉上を抑えると目が開きづらいといった症状が見られる場合は、専門医に相談することが大切です。

一般的に眼瞼下垂は自然治癒することはないため、医師による治療や手術で改善していきます。眼瞼下垂は他の病気が原因となって起こっていることもあるため、医師に相談して原因を突き止め適切な治療を受けましょう。

  • 軽度~中度の眼瞼下垂

    軽度から中度の眼瞼下垂は、生活に支障が出るレベルではないものの、以前に比べて「外見的に老けた」「目つきが悪くなった」といったような症状が見られることがあります。

    眼瞼下垂の治療には「機能改善」を目的とした保険適用の手術と、「審美性の改善」を目的とした美容クリニックなどで行われている治療があり、機能面で大きな問題がない場合、まぶたを切開する大きな手術を受けなくても改善することができます。切開しない眼瞼下垂手術では、まぶたの裏に細い糸を通してたるんだ皮膚を引き上げるため、術後の腫れがほとんどないのが特徴。保険適用外ですが、手術痕が残りにくく術後の見た目が自然なため、眼瞼下垂の手術に不安がある方におすすめの治療方法です。

    軽度から中度の眼瞼下垂では、費用を抑えて機能を改善したいのか、眼瞼下垂の見た目を改善したいのか、目的に合わせて治療法を選ぶことが大切です。

  • 重度の眼瞼下垂

    重度の眼瞼下垂では無意識に眉を上げて物を見るようになるため、若い人でもおでこにしわがよって老けて見られてしまうケースが多いようです。見た目の問題以外には肩こりや頭痛など、目以外にも不調が現れます。

    放置しておくと自律神経失調症を引き起こし、身体や精神状態に大きく影響を及ばすことも。機能改善のためには、眼瞼下垂の手術を受ける必要があります。他の症状が悪化しないうちに、適切な治療を受けて機能面を改善することが大切です。

  • 他の病気が原因となっている眼瞼下垂

    他の病気が原因となって眼瞼下垂が引き起こされている場合、その病気を治療することで眼瞼下垂の症状が改善できます。

    眼瞼下垂を引き起こす疾患の一例として、脳梗塞や重症筋無力症、糖尿病による動眼神経麻痺が挙げられます。様々な疾患が眼瞼下垂の症状を引き起こすことがあるため、注意が必要。日頃の生活で気になることや持病がある方は、些細なことでも医師に相談しましょう。

眼瞼下垂の症状が見られたら、まずは眼科や美容クリニックなどで眼瞼下垂に詳しい医師の診察を受けることで早期治療が可能になり、治療の選択肢が広がります。クリニックを選ぶ際は、費用を安く抑えたい方は保険適用の手術、少々費用は掛かっても目元の自然さにこだわりたい人は美容クリニックといったように、目的に合わせて治療法を選びましょう。

以下に眼瞼下垂の治療実績が豊富な美容クリニック・眼科を紹介しています。もし時間に余裕があれば、美容クリニック・眼科でそれぞれカウンセリングを受けてみると良いかもしれません。

筒井 祐介先生 銀座セオリークリニック

たるみ~中度の眼瞼下垂の人へ
まぶたの若返りを目的とした元に戻す治療

セオリークリニック 銀座セオリークリニック
についてさらに詳しく
  • 施術実績
    年間対応症例数が1,000件を超える、目元の若返り治療のスペシャリスト。日々、技術研究に磨きをかけています。
  • カウンセリングの姿勢
    患者からの信頼を得ることを第一に考え、コミュニケーションを重視しているドクター。十分な時間をかけてカウンセリングを行い、その人にもっとも適したオーダーメイド治療の提供をモットーとしています。
  • 先生の
    特徴
    患者によって異なる悩み・ライフスタイルに合わせた治療法を提示するため、時間をかけたカウンセリングを実施。オーダーメイドのような患者にとって一番適切な治療を提案し、日々の施術を通してスキルを高めています。

青木 一浩先生 あおき形成外科眼科クリニック

重度の眼瞼下垂の人へ
豊富な実績に基づき、安全・安心な医療を提供しているドクター

あおき形成外科眼科クリニック あおき形成外科眼科クリニック
についてさらに詳しく
  • 施術実績
    眼瞼下垂の治療を得意分野としており、他院で受けた施術の修正依頼なども受け付けています。
  • カウンセリングの姿勢
    小児から高齢者まで、幅広い患者の悩みに積極的に取り組むドクター。身近な症状から見た目の悩みまで、さまざまな要望に対応。安心して受けられる治療法を提案しています。
  • 先生の
    特徴
    地域に密着した姿勢で子どもからお年寄りまで親身なカウンセリングによる、適切な診断・十分な説明を心がけています。他院手術後の修復事例も多数対応しており都内だけでなく近県からの患者も通っています。