まぶたのたるみと眼瞼下垂を見分ける方法とは?

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

たるみ?眼瞼下垂?
簡易セルフチェック

パッと見で見分けるのが難しい、
まぶたのたるみと眼瞼下垂

まぶたのたるみには、単純なたるみと眼瞼下垂があります。しかし、症例写真などを見るとわかると思いますが、パッと見でどちらがたるみで眼瞼下垂かを見分けるのは非常に困難。自分で鏡を見ても、判別をするのは難しいものなのです。 そこで、ここでは眼瞼下垂とたるみを見分けるためのセルフチェックを用意。症状について詳しく知らなくても、眼瞼下垂かどうかがわかるようになっているため、ぜひ活用してみてください。

もしかしたら
眼瞼下垂の可能性が!?

項目 type-A type-B
通常時のまぶたの開き状態は? 黒目の上まで持ち上がらない 黒目の上部が見える
まつげの生え際の状態は? 黒目の上まで持ち上がらない 黒目の上まで持ち上っている
モノを見る時のおでこの状態は? 上まぶたがくぼむ 特に違和感を感じない
眼を開いた状態のまぶたは? 上まぶたがくぼむ 特に違和感を感じない
まぶたを軽く摘んで戻る時間は? 4秒以上かかる 4秒ほどで戻る
昔に比べて二重の幅が 広くなった 特に違和感を感じない
まぶたの左右を見比べた時に眉毛の位置が 吊り上がったように感じる 特に違和感を感じない
      

上記のチェック項目で必ずしも的確な診断が出来るわけではありません。
自身の症状で気になる方は医師による診断を受けてください。

 
  • Aが2~3当てはまった人

    眼瞼下垂の疑いがありますが、皮膚のたるみの可能性もあります。

    瞼がうまく開きにくい症状はすべてが眼瞼下垂ということではありません。加齢などにより瞼の皮膚がたるんだり、眼球が疾病によって縮小や萎縮したりして起こるケースも考えられます。これらは「偽眼瞼下垂」と呼ばれ、特に加齢によって頻繁に生じることがあり、自己判断では区別がしにくいので気になる場合には医師への相談をオススメします。

  • Aが4~6当てはまった人

    眼瞼下垂の可能性が高く、一度医師への相談を推奨します。

    眼瞼下垂になると、無意識のうちに眉を上げてものを見るようになり、額のしわが増えてきてしまいます。頭痛/肩こり/便秘/羞明/冷え性など様々な症状を併発し、治療するにも手術するしか方法がありません。「額のしわが増えた」「まぶたが重い」「原因のわからない頭痛や肩こりがある」等で悩みを抱えている方は医師の診断を受けてください。

  • たるみ

    • 目を開ける力は十分にある
    • 奥で目は開いているが、まぶたの余計な皮膚で隠れている
    • 見た目の目の開きと、本当の目の開きが一致していない
  • 眼瞼下垂

    • まつ毛の生え際が、目の開きの最も下にある
    • まぶたを引き上げる筋力が少ない
    • 見た目の目の開きと、本当の目の開きが一致している
見た目年齢を若返らせる「目元」周りの施術スキルが高いクリニック