眼瞼下垂と偽眼瞼下垂の違いとは?

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

実は眼瞼下垂じゃない?!
偽眼瞼下垂の原因を調査

自己判断では病気かたるみか気づきにくい

眼瞼下垂と思っていた症状が、専門のクリニックで検査をしてみたら、実はそうではなかった…と判明することがあります。それが、偽眼瞼下垂(ぎがんけんかすい)です。
一見、症状が眼瞼下垂と非常に似ているため、一般の人がそれを見抜くのはなかなか困難。単に「まぶたが下がっているだけだから」などと油断していると、実は別の病気が潜んでいる可能性もあるので、ぜひ情報をチェックしておいてください。

偽眼瞼下垂とは?

偽眼瞼下垂とは、その名のとおり、眼瞼下垂「のような」症状のこと。症状は眼瞼下垂に似ているのですが、医学的には眼瞼下垂ではありません。

美容外科の四谷見附クリニックでは、偽眼瞼下垂のことを「本当は眼瞼下垂ではないのですが、眉毛下垂や眼瞼皮膚弛緩症など眼瞼下垂と同じような症状が生ずる状態」と定義しています。

瞼がたれ下がり、目を開けにくくなり、視界が狭くなる、といった症状は眼瞼下垂も偽眼瞼下垂もほとんど同じ。ただし、眼瞼下垂が本当に目を開きにくくなっているのに対し、偽眼瞼下垂は、本当は目を開いているところが大きな違いです。目を開いているにもかかわらず、まぶたの皮膚がたるんでしまって視界をさえぎってしまうなどの症状のことを、偽眼瞼下垂と言います。

偽眼瞼下垂の原因は、まぶたの皮膚のたるみだけではありません。具体的には、主に次の6つの原因で偽眼瞼下垂が起こります。

原因

偽眼瞼下垂と呼ばれるものは、原因によって以下のような種類に分けられています

眉毛下垂(まゆげかすい)
老化で皮膚がたるんでしまった影響で、眉毛の位置が下がってしまった状態。
眼瞼皮膚弛緩症(がんけんひふしかんしょう)
老化で皮膚がたるんでしまった影響で、まぶたの皮膚がたれ下がってしまった状態。
眼瞼けいれん
瞼を閉じるときに使う眼輪筋と呼ばれる筋肉が固くなり、目を開きにくくなった状態。眼球や神経の異常が原因と言われています。
眼球陥凹(がんきゅうかんおう)
眼球が異常に陥没した状態。事故などによる外傷や、甲状腺の病気(バセドウ病)が原因となって起こります。
小眼球症(しょうがんきゅうしょう)
生まれつき眼球が小さい状態。視力が弱いことがあります。

なお、順天堂大学脳神経内科・横山医師による研究論文「『一目瞭然!目で診る症例』問題」では、長期的にハードコンタクトレンズを装着していた人に眼瞼下垂が起こった例が紹介されています。

コンタクトレンズの長期使用による眼瞼下垂は、一般に腱膜の異常を原因とする「本物の眼瞼下垂」に分類されますが、紹介されている症例では、最終的にコンタクトレンズの使用をやめることで症状が改善しました。直接的な原因は、コンタクトレンズの長期使用による、まぶた内部の炎症だった模様です。これも一種の偽眼瞼下垂と考えることができるでしょう。

偽眼瞼下垂の治療法

偽眼瞼下垂の治療法は、基本的に手術となります。その原因のほとんどは加齢による皮膚のたるみ。皮膚のたるみを治療するのは、主に美容外科や美容皮膚科。よって、偽眼瞼下垂の手術には保険が効かないので注意しましょう。

治療法

埋没法
瞼の皮膚のたるみを折りたたんで、医療用の糸で結んで固定する方法。手術の一種に分類されるものの、手術ではメスを使いません。治療時間はトータル10~20分程度なので、体への負担も少なくて済みます。
埋没法は、軽度の偽眼瞼下垂に適した方法。中度、重度の偽眼瞼下垂の場合は、メスによる切開法を選んだほうが良いでしょう。
切開重瞼(二重切開法)
まぶたを横に長く切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除いて縫合する手術法。術後の腫れや内出血がひくと、偽眼瞼下垂が解消するとともに、もともと二重瞼だった人には自然な二重ラインが生まれます。
眉毛下切開(眉下リフト・上眼瞼リフト)
眉毛の下の皮膚を取り除き、縫合する手術法。瞼を眉毛のほうに引き上げる要領で、偽眼瞼下垂を解消させます。
眉毛挙上術(ブローリフト)
眉毛の上の皮膚を取り除き、縫合する手術法。眉毛をおでこのほうに引き上げる要領で、偽眼瞼下垂を解消させます。

術後の経過

埋没法はメスを使わないので、術後に大きな負担が残ることはありません。ただし、個人差によって3日程度は腫れがひかない場合もあるので、できれば連休などを利用して施術を受けたほうが良いでしょう。

メスを使う手術法は、術後、腫れや内出血、傷跡が強く残ります。抜糸は術後1週間で行なわれますが、その後もさらに1週間程度は目立った腫れが続くでしょう。完全に自然な目元になるには、1~3ヶ月ほどの期間を要します。