眼瞼下垂の原因となる動眼神経麻痺とは?

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

眼瞼下垂の原因となる動眼神経麻痺とは?

眼瞼下垂以外にも特徴的な症状が現れている

動眼神経麻痺とは、目の周りの筋肉を支配している動眼神経に麻痺が現れる疾患です。眼瞼下垂のほかにも、ものが2つに見える複視や眼球運動の障害、瞳孔の散大といった症状が見られます。

動眼神経麻痺と眼瞼下垂の関係

動眼神経に麻痺がおこると、動眼神経によって支配されている筋肉の働きが悪くなります。まぶたの開閉をつかさどっている上眼瞼挙筋も動眼神経の支配を受けている筋肉の一つ。動眼神経麻痺によって働きが障害されると、眼瞼下垂の症状が現れます。また、眼瞼下垂の他にも眼球運動を支配している筋肉のうち、上・下・内側の運動を担う筋肉が障害され、その方向への眼球運動ができなくなります。

動眼神経が支配する筋肉

筋肉の働き 障害されると
外眼筋(上直筋) 眼球の上、内側斜め上の運動 眼球運動障害
外眼筋(下直筋) 眼球の下、内側斜め下の運動 眼球運動障害
外眼筋(内直筋) 眼球の内側への運動 眼球運動障害
外眼筋(下斜筋) 眼球の上、外側斜め上への運動 眼球運動障害
上眼瞼挙筋 まぶたを上に挙げる 眼瞼下垂
瞳孔括約筋 光の量によって瞳孔の大きさを調整 瞳孔の広がり、光に対する反応の低下

動眼神経麻痺を引き起こす疾患

眼瞼下垂を引き起こす動眼神経麻痺はさまざまな疾患が原因となって起こります。動眼神経麻痺の症状が現れたら 、その背景に隠れている疾患を特定しその治療をしていきます。動眼神経麻痺を引き起こす疾患をまとめました。

糖尿病

糖尿病により血糖値が高い状態が続くと、体内で有毒な物質が作られ脳の神経にダメージを与えます。糖尿病は神経症状が現れやすく、眼瞼下垂以外に痛みの感じやすさや手足の運動に違和感を感じるなどの症状が見られたら糖尿病である可能性があります。

動脈瘤

動脈瘤とは血管が膨らみこぶになった状態。脳内に動脈瘤が発生すると、動眼神経を外側から圧迫します。外側の動眼神経は目の内部の瞳孔の大きさやピント調整をつかさどる内眼筋を支配しており、動脈瘤では散瞳や縮瞳といった症状が見られやすいのが特徴です。

脳腫瘍

脳腫瘍が目の後ろ側にできると、眼瞼下垂の症状を引き起こします。腫瘍が大きくなるにつれて、現れる症状が増えます。主な症状は眼瞼下垂以外に物が二重に見える複視やホルモン低下による肥満、性機能の低下などです。放射線治療で症状を改善させます。

脳梗塞

脳梗塞で神経に栄養を与える血管が詰まると、神経細胞がダメージを受けます。動眼神経が傷つくと眼瞼下垂を発症。多くの場合、身体の片側に急に症状が現れるのが特徴です。血管の詰まりが一時的なケースも多く、現れた症状が改善したように見えることも。しかし一度詰まった血管が再度詰まると重症になるため、思い当たる症状があれば早めに医師に診てもらいましょう。

参考サイト・参考文献