【新宿】眼瞼下垂の手術が受けられるクリニック4選

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

駅に近いクリニックが複数ある新宿エリア

手術方法やアクセスなど、さまざまなポイントからクリニックをチェックしましょう!

新宿エリアには、新宿駅や神楽坂駅から徒歩数分で通えるクリニックが複数あります。その中から眼瞼下垂の手術を行っているおすすめのクリニック4院をピックアップしました。

もとび美容外科クリニック新宿院
[美容外科・美容皮膚科]
◇西新宿1丁目

西尾謙三郎先生

豊富な眼瞼下垂手術を用意
施術後1年間の保証付きクリニック

もとび美容外科クリニック新宿院_新宿もとび美容外科クリニック新宿院
詳しく見る

画像引用元:もとび美容外科クリニック新宿院公式サイト(https://www.motobi.jp/)

  • 施術実績

    もとび美容外科クリニック新宿院の切らない眼瞼下垂は、埋没法を採用。まぶたの裏に糸を通すだけなので、傷跡が目立ちづらくなっています。目の印象をより明るくできるように、眼瞼下垂と二重埋没法を合わせたメニューも用意。5つの眼瞼下垂手術を揃えているので、自分に合った手術を見つけやすいのがメリットです。手術後1年間は無料で再手術してもらえるのも魅力の一つ。再手術は、医師が必要と判断した場合に保証が適用されます。
  • 医師の経歴・資格

    美容外科専門医(JSAS)
    日本アンチエイジング外科学会専門医(JAAS)
    日本レーザー医学会 認定医
    日本美容外科学会(JSAS)
    日本美容外科学会(JSAPS)
    日本形成外科学会
    日本美容皮膚科学会
    日本抗加齢医学会
    日本レーザー医学会
  • 先生の
    特徴

    複数の美容外科や医科大学に務めた経験を持つベテラン医師
    患者さんに喜んでもらうことをライフワークと考えている西尾医師。2007年から2014年まで、有名美容外科で医長や技術指導医を歴任した経歴を持っています。その他にも、美容外科クリニックの院長や埼玉医科大学の形成外科・美容外科で非常勤を担当するなど、さまざまな経験を重ねているベテラン医師です。2014年にもとび美容外科クリニックの院長に就任して以来、現在も患者さんに喜びを届けられるように尽力しています。
  • クリニック
    の特徴

    「信頼・安心・正確」にもとづく仕上がりが大切だと考え、細かなカウンセリングを徹底しているもとび美容外科クリニック。ヒアリングでは不安や希望を抽出するのはもちろん、シミュレーションを行うことでどのようなラインにするかまで決めてもらえます。個室も完備されているので、周りの目があると話づらいことも気軽に相談できるでしょう。手術は患者さんの理想を実現できるように、痛みの軽減を心がけているのがポイントの1つです。圧力をかけないように麻酔はゆっくり注入したり、極細の針を使用したりするなどさまざまな工夫をしています。良い手術を提供できるように、美容外科学会や形成外科学会に参加して技術の向上にも努めているのも嬉しいポイントです。
    得意施術:目や鼻のプチ整形・手術
    在籍クリニック:もとび美容外科クリニック
    所在地:東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル10F

アイクリニック神楽坂
[眼科・小児科]
◇新宿・矢来町

愛新覚羅維先生

日帰りで手術が受けられる!
保険適用の手術を提供

アイクリニック神楽坂_新宿

画像引用元:アイクリニック神楽坂公式サイト(http://www.eyeclinic-kagurazaka.com/)

  • 施術実績

    日帰りで眼瞼下垂手術を受けられるアイクリニック神楽坂。美容目的での手術は受け付けていませんが保険適用となるため、金銭的負担を軽減できます。施術を行うのは愛新覚羅維(あいしんかくらい)医師。炭酸ガスレーザーを使用し、出血を抑えた手術に取り組んでいるのが特徴です。眼瞼下垂手術はまぶたの筋肉と組織を一度剥がして調節する挙筋腱膜前転法(きょきんけんまくぜんてんほう)、筋肉のズレを切らずに修正する挙筋腱膜タッキング法、自然ラインに仕上げやすいとされるミュラー筋タッキング法で対応しています。
  • 医師の経歴・資格

    医学博士
    日本眼科学会認定眼科専門医
    角膜実質リング認定資格医
    オルソケラトロジー認定資格医
    ボトックス療法認定資格医
    日本眼科学会
    日本角膜移植学会
    日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)
    米国白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)
    欧州白内障屈折矯正手術学会(ESCRS)
    アジア太平洋白内障屈折矯正手術学会(APACRS)
  • 先生の
    特徴

    数多くの目の症例に対応してきた女性医師
    2018年からアイクリニック大井町の院長を務めている愛新覚羅維医師。アイクリニック神楽坂では眼瞼下垂手術を担当しています。2009年は東京大学医学部附属病院眼科に勤務しており、眼瞼下垂だけでなく糖尿病網膜症や緑内障などさまざまな症状に対応。目に関する症状について経験を重ねている医師なので、眼瞼下垂の手術に期待できます。
  • クリニック
    の特徴

    アイクリニック神楽坂は、「目のホームドクター」を目指して日々診療を行っているクリニックです。眼瞼下垂の手術は保険が適用されるため、金銭的負担を抑えたうえで手術を受けられます。片目の場合は3割負担で約21,500円、両目の場合は約43,000円です。眼瞼下垂の他にも一般眼科や緑内障などの症状を診てもらえるので、眼瞼下垂以外の悩みにも対応してもらえます。アイクリニック神楽坂は神楽坂駅の1番出口および2番出口より徒歩1分で着く場所にあるので、電車で通院しやすいのもメリットの1つです。
    得意施術:公式サイトに記載なし
    在籍クリニック:アイクリニック神楽坂
    所在地:東京都新宿区矢来町115

山本クリニック
[美容外科・美容皮膚科]
◇新宿3丁目

山本豊医師

顔のバランスを細かく診たうえで
手術を行うクリニック

山本クリニック_新宿

画像引用元:山本クリニック(https://www.dr-yamamoto.com/)

  • 施術実績

    「顔の雰囲気は変えないでほしい」という要望に応えられるように努めている山本クリニック。他院で受けた眼瞼下垂手術の修正も行っているため、技術力に期待が持てます。皮膚の切除範囲は、座った状態と寝た状態でどのようにまぶたが変化するかを考えたうえでデザインを決めているのがポイントです。目や額の動きを確認して、眼瞼下垂の原因を追求。筋力の低下によるものなのか、保険が適応できるのかを判断したうえで手術を開始します。
  • 医師の経歴・資格

    医学博士(甲種)
    日本外科学会認定医
    日本アンチエイジング外科学会 名誉理事
    JAASアカデミー最高指導医
    日本内科学会
    日本外科学会
    日本美容外科学会
    日本癌学会
    日本美容医療協会
    日本臨床抗老化医学会
    日本形成外科学会
  • 先生の
    特徴

    修正手術も行える技術力を持ち、今も技術向上に努める医師
    自身がこれまでに培ってきたノウハウを活かし、患者さんの悩みを解消することが喜びとして感じる山本医師。東京医科大学を卒業後は自由が丘クリニックや、山本皮フ科形成外科などで勤務していました。現在は山本クリニックの院長だけでなく、医療法人社団豊季会の理事長も務めるなど、精力的に活動しています。また、日本外科学会や日本美容外科学会など、技術発達を目的とした学会にも所属。美容外科学会総会では、「修正手術」についての発表を行っています。
  • クリニック
    の特徴

    山本クリニックは、カウンセリングから術後の診察までを院長が担当しています。山本院長は眼瞼下垂はもちろん、二重整形や修正手術などさまざまな目の悩みに対応してきた医師です。経験を重ねているベテラン医師なので、自分の希望に沿った手術が期待できます。また、山本クリニックはメディアに何度か取り上げられています。アクセスは新宿三丁目駅のC3出口から徒歩2分、新宿駅の東口から徒歩7分です。土曜日は10時から18時まで診療を受け付けているので、仕事で平日は時間を取れない人も通えます。
    得意施術:公式サイトに記載なし
    在籍クリニック:山本クリニック
    所在地:東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿8F

タカナシクリニック新宿
[皮膚科・形成外科・美容外科]
◇新宿4丁目

高梨真教医師

保険診療と自由診療どちらでも眼瞼下垂手術が可能

タカナシクリニック新宿_新宿

画像引用元:タカナシクリニック新宿公式サイト(https://www.takanashi-clinic.com/)

  • 施術実績

    切開による眼瞼下垂手術を取り扱っているクリニックです。余分な脂肪や皮膚を切除するだけでなく、必要に応じてまぶたの筋肉を一部切除します。上まぶたの皮膚が瞳孔にかぶっていることが原因で視野が狭くなっていると判断された場合は、保険診療が適応。3割負担となり両目で250,000円のところを45,000円で手術を受けられます。
  • 医師の経歴・資格

    公式サイトに記載なし
  • 先生の
    特徴

    一人ひとりに合った顔の実現を目指す医師
    高梨院長は、ミリ単位でのバランス調整にこだわりを持っています。初診時には定規で顔を測り、印象を把握したうえでどのように手術をするのか計画を考案。ライフスタイルや性格なども確認するなど、患者に対して真摯に向き合ってくれます。正直かつ対等の立場で対応することを心がけており、時には患者さんが希望する施術を断ることも。患者さんのことを第一に考えている証です。今よりも整った顔になりたい人にとって、高梨院長は心強い味方になってくれます。
  • クリニック
    の特徴

    視野が狭くなっていないか、上まぶたが瞳孔までかぶさっていないかなど患者さんの症状に合わせた手術をするため、保険診療と自由診療の2つに対応しているタカナシクリニック新宿。カウンセリングを重要視しており、必ず医師が担当します。メリット・デメリットについて患者さんが理解したうえで手術を開始するので、分からないところがあれば丁寧な説明を受けられるのがポイントです。眼瞼下垂手術には局所麻酔や静脈麻酔を使用しますが、効きが悪い場合は50,000円を払うことで麻酔を追加できます。
    得意施術:公式サイトに記載なし
    在籍クリニック:タカナシクリニック新宿
    所在地:新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿2F
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  •              
    「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  •              
    「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数