加齢によって眼瞼下垂が起こる仕組みと改善法

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

加齢による眼瞼下垂はどうやったら防げる?

まぶたや顔は加齢に伴ってたるみが出てきますが、とくにまぶたのたるみは「筋力の低下」が大きな原因となっています。しかし、腕や足などはともかく、まぶたの筋力まで意識している人は少ないのではないでしょうか? ここでは、筋力が衰える理由と、自分でできるまぶたの筋力チェック、日々の生活に取り入れたいエクササイズなどを紹介しています。眼瞼下垂を防ぐためにも、まぶたの筋力をキープする生活を心がけましょう。

なぜ年齢を重ねるとまぶたがおちてくるのか?

まぶたがたるむ原因の多くは加齢ですが、それには2種類の理由が考えられます。

  • 筋力の低下
    まぶたのたるみは、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)と、目の周囲にある筋肉(眼輪筋)が衰えることで発生します。年齢とともに人間の筋力は低下しますが、まぶたや目元の筋肉も然り。若い頃は問題なく開けられていたまぶたが徐々に重くなり、眼瞼下垂になってしまうこともあります。
  • 皮膚の弾力低下
    加齢に伴い、皮膚の弾力を保つコラーゲン・エラスチンなどの成分が劣化し、肌のハリがなくなってきます。すると、まぶたの皮膚を支えきれなくなり、垂れ下がってきてしまうのです。
  • その他にもこんな理由が…!
    筋力低下・ハリの低下以外にも、さまざまな原因がたるみを悪化させます。ひとつは、眼精疲労による筋肉の硬化。目元の筋肉に疲労が蓄積すると、血流が滞って老廃物を排出できなくなり、まぶたが重くなってきてしまいます。また、コンタクトレンズの長期的な利用もまぶたには悪影響。とくにハードコンタクトを使用している人は、眼瞼下垂の発生率が高くなると言われています。

まずは自身の瞼年齢を図ってみよう

まぶたを支える筋力の低下によって起こるたるみを、眼瞼下垂と言います。しかし、パッと見で眼瞼下垂か、単なるたるみかを判断するのは難しいもの。そこで、まぶたの年齢をチェックできる方法を以下にまとめてみました。
もし、まぶたの年齢が高いようであれば眼瞼下垂の可能性もあるため、専門医に相談するようにしてください。

まぶたの年齢チェック法

1.親指と人差し指を使い、上まぶたの真ん中部分の皮膚を軽くつまむ。
2.指を離し、皮膚がどれくらいで元に戻るかをチェックします。

  • 指を離してすぐに元に戻る:20代
  • たるみが1~2秒ほど残ってから戻る:30代
  • たるみが3~4秒ほど残ってから戻る:40代
  • たるみが5~6秒ほど残ってから戻る:50代
  • たるみが7~8秒ほど残ってから戻る:60代

たるみ悪化防止のためにできるケア方法

眼瞼下垂を防ぐためにも、できるだけ減らしたい「目をこする」という行動。ここでは、日常でできる対策方法をご紹介します。

炎症による目のかゆみ
何らかの原因で目に炎症が起きている場合、冷たいタオルやおしぼりを目の上に乗せておくことで、症状を一時的に和らげることができます。ただし、炎症が続く場合は放置せず、早めに眼科などで診察を受けるようにしましょう。
乾燥による目のかゆみ
眼精疲労や空気の乾燥などで目が乾くと、かゆみが発生することがあります。こんなときは、冷えたタオルで最初に目元を冷やし、次に蒸しタオルで温めるとよいでしょう。目の周りの血行が促進され、涙液などの分泌も活発になります。
花粉症による目のかゆみ
まず、眼球に付着した花粉を洗い流すことが大切ですが、水道水を使うのは避けた方が◎(塩素などが入っているため)。目を洗うときは、市販されている人工涙液などを使用しましょう。また、コンタクトレンズではなくメガネを利用したり、花粉の多い時間帯の外出を避けるなども有効です。
無意識に目をこすってしまう場合
無意識に目をこすってしまうケースで多いのは、睡眠時。しかし、眠っている間のことですから、分かっていてもやめるのは難しいですよね。就寝時の目のかゆみは、アレルギーや髪の毛による刺激が原因となっていることが多め。眠る前にアレルギー用の内服薬や点眼薬を使ったり、前髪が目にかからないようヘアバンド・ナイトキャップなどを用いると良いでしょう。
見た目年齢を若返らせる「目元」周りの施術スキルが高いクリニック