眼瞼下垂の名医はアフターケアも充実

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

アフターケアが
充実している
クリニックは
信頼度が高い!

眼瞼下垂の手術では、アフターケアについてもきちんと確認しておくことが大切です。アフターケアとは、術後経過のチェックや、万が一トラブルが起きた際の対応を指します。
一般的に、名医がいるクリニックでは、アフターケアの内容が充実している傾向があります。アフターケアの態勢がしっかり整っているクリニックほど、患者の満足度・口コミ評判ともに高いことが多く、信頼できると言えるでしょう。
ここでは、アフターケアに関してどんな部分をチェックしたらいいのかをまとめていますので、クリニック選びの際にお役立てください。

術後のアフターケアが
整っている

眼瞼下垂のクリニックを選ぶ際には、アフターケアの内容について、以下のような部分をチェックしておくと良いでしょう。

  • 事前に術後の流れに関しても説明してくれる

    眼瞼下垂の手術後には、目の腫れ・皮下出血・血種などの症状が見られることがあります。それは想像以上に重い症状である可能性もあるため、軽く考えるのは禁物です。
    まず、カウンセリング時に術後に起こりうるトラブルの内容や、その対処法、何日くらいで日常生活に戻ることができるかなどを、具体的に説明してくれるかどうかをチェックしましょう。
    また、説明の内容が患者に分かりやすく、かつ納得できるものかどうかも重要です。説明書きを一枚渡して終わりだったり、術後についての説明担当が医師ではない場合などは要注意(受付スタッフなど)。聞きたいことを十分に聞くことができず、不安を残したまま手術に臨む…なんてことになりかねません。説明の内容が患者目線であり、こちらからの質問に対して親身に答えてくれるドクターは信頼できると言えるでしょう。

  • 術後経過の不安にもきちんと対応してくれる

    眼瞼下垂の手術は、ダウンタイムが思ったよりも長いものです(とくに切開法)。目の腫れ・赤み・内出血などがひどい場合、「このままで、本当にキレイになるのだろうか…」と、鏡を見て不安になる人も少なくありません。これは、事前に術後経過の説明を聞いていたとしても、起こりうることです。
    そんなとき、すぐに相談に乗ってくれる態勢が整っているクリニックだと安心!電話・メール・直接の診察など、相談できる方法についてきちんと聞いておきましょう。その際に対応してくれるのが誰か(担当医師、別の医師、看護師など)についても、チェックしておくと安心です。
    また、術後経過中に何らかのトラブルが発生した場合、すぐに対応してもらえるか、しっかりと改善に向けて対処してくれるかどうかも重要。これを知るには、カウンセリング時に「術後にこんなトラブルが起こった場合は、どんな対処をしていますか?」と、医師に質問してみてください。患者のことを第一に考えた、納得のいく答えが返ってくればベストです。

  • 術後での相談にも親身に聞いてくれる

    クリニックの中には、手術が終わった後の対応を、看護師・カウンセラーなどのスタッフにまかせきりにしているところもあります。医師と会うのは手術の時だけ…というクリニックも少なくないのです。なかには「治療さえきちんとしてくれればいい」と思う人もいるかもしれませんが、術後に何かを相談したいと思ったとき、あなた自身の担当医がいてくれたら安心ですよね。
    担当医がいれば、施術した箇所についての相談も容易。これが別の医師だと一から説明しなくてはならなくなり、非常に手間がかかります。思ったような対応や、返答がもらえないこともあるので要注意。よい医師は、患者とのコミュニケーションをとても大切に考えているものです。何でも話せる雰囲気であり、「この先生なら信頼できる!」と、心から思えるようなドクターを探してみてください。

見た目年齢を若返らせる「目元」周りの施術スキルが高いクリニック