南青山TOKUNAKAクリニック

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

南青山TOKUNAKAクリニック

保険診療を主体とした“なんでも相談できる”クリニック

徳中 亮平先生

南青山TOKUNAKAクリニック 画像引用元:南青山TOKUNAKAクリニック
https://tokunaka-clinic.com/

幼少期から大工と医師の仕事に憧れを抱いていたという徳中良平院長。昭和大学に入学し、形成外科の存在を知った時には天職だと感じたといいます。平成18年には同大学の医学部を卒業し、日本各地にある病院にて形成外科医としての実績と経験を積んできました。平成30年には南青山TOKUNAKAクリニックを開設し、“何でも相談できる”ホームドクターを目指しています。
また、開院当初より眼瞼下垂の治療に力を入れており、眼科医とのダブルチェックをおこないながら日帰りでできる手術に対応しています。手術では患者さんの年齢に合った自然な仕上がりを目指し、合併症を起こしにくい治療を心がけています。

先生の経歴/特徴

平成18年 昭和大学医学部卒
平成22年 同大学院卒
平成18年 昭和大学研修プログラム
平成20年4月 昭和大学形成外科入局
平成20年7月 神奈川県横浜労災病院形成外科
平成21年7月 福島県太田西の内病院形成外科
平成22年10月 昭和大学形成外科
平成23年10月 福岡県聖マリア病院形成外科
平成24年10月 高知県毛山病院形成外科
平成25年10月 群馬県前橋赤十字病院形成外科
平成30年5月 南青山徳中クリニック開院

【資格・所属団体など】
日本形成外科学会専門医
日本口蓋裂学会
日本形成外科手術手技学会
日本頭蓋顎顔面外科学会

徳中先生は日本形成外科学会専門医の資格を取得しています。さまざまな病院の形成外科での経験を活かし、診察から施術、アフターフォローまで責任をもって対応しています。

得意施術

南青山TOKUNAKAクリニック開院当初より、眼瞼下垂治療に力を入れてきた徳中院長。全例において非常勤である眼科医の診察を実施し、徳中院長とのダブルチェックにて治療をおこなっています。

カウンセリングの豊富さ

なんでも相談しやすい家庭医を目指している徳中院長。皮膚科・形成外科・美容外科・眼科領域の診療をおこなっており、まずは悩み相談だけの受診でもしやすい体制を整えています。また、カウンセリングでは患者さんの立場に立ち、一人ひとりに合った治療を提供できるよう心がけています。
なお、受診予約は電話あるいは公式HPの専用フォームからおこなえます。初診の方でもWEB予約をおこなえますので、受診を検討している方は公式HPをご確認ください。ただし、眼瞼下垂の診察は非常勤の医師が対応するため、診察日が限られています。こちらも公式HPに記載されていますので眼瞼下垂治療で受診する際はチェックしておきましょう。

先生のポリシー

眼瞼下垂の治療においては、「患者さんの年齢相当の仕上がりにすること」「合併症をつくらないこと」「患者さんらしさを損なわない自然な仕上がりにすること」を心がけています。眼瞼下垂という病気が広く知れ渡ってきた現在だからこそ、質の高い医療の提供で患者さんに選ばれるクリニックを目指しているそうです。

クリニックの特徴

南青山TOKUNAKAクリニックは表参道駅から徒歩2分にあるクリニックです。夜19時まで診療しているため仕事帰りにも受診しやすく、子どもから年配の患者さんまで通いやすいアットホームな雰囲気です。保険診療を主体としていますが、美容外科治療などの自由診療にも対応しています。

>>切らない眼瞼下垂手術を行なっているクリニックを見てみる
>>切る眼瞼下垂手術を行っているクリニックを見てみる

目周りの治療法

  • 眼瞼下垂治療
    要問合せ

クリニックの基本情報

所在地 東京都港区南青山3-16-1 南青山巴ビル3,4F
受付時間 月火水金土10:00~13:00、15:00~19:00
木曜10:00~13:00
電話番号 03-6812-9480
アクセス情報 表参道駅徒歩2分
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  • 「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  • 「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数