【広島】眼瞼下垂の手術が得意なクリニック4選

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

中心部にクリニックが集中する広島

技術力と信頼性の高いクリニックを選びましょう

瀬戸内海に面する広島は中国地方最大の人口を持つ県です。原爆ドームなど戦火の跡が色濃く残る国際平和拠点としても知られており、地元の方だけでなく観光客の往来も多いのが特徴。ここでは、眼瞼下垂の治療を行っている広島のクリニックを4つ紹介しています。先生の経歴・クリニックの特徴・利用者口コミなど、クリニックを選ぶ上でぜひ参考にしてみてください。

広島プルミエクリニック
[広島の美容外科・美容皮膚]

雑賀知歩先生

切らない眼瞼下垂治療・挙筋膜前転法を提供

広島プルミエクリニック_広島広島プルミエクリニック
詳しく見る
  • 施術実績
    まぶたを引き上げる眼瞼挙筋腱膜を短縮することで黒目が大きく見せる挙筋膜前転法に対応。症状によって健康保険適応も可能です。
  • 医師の経歴・資格
    日本形成外科学会 正会員
    日本美容外科学会(JSAPS)会員
    日本美容皮膚科学会 会員
    日本内科学会 会員
    日本抗加齢医学会 会員 など

さくら美容クリニック
[美容外科・美容皮膚科]

棒谷智之先生

カウンセリング~術後の診察まで医師が一貫して対応

さくら美容クリニック_広島さくら美容クリニック
詳しく見る
  • 施術実績
    カウンセリングにて詳しく要望や悩みをうかがい、患者さんと相談しながら瞼板法と挙筋法の2種類からより効果を得られる手術法を決めていきます。なおカウンセリングも医師が行いますので、より安心して治療に臨めるでしょう。
  • 医師の経歴・資格
    日本外科学会専門医
    日本美容外科学会会員
    日本抗加齢学会会員
    日本美容皮膚科学会会員
    日本レーザー医学会会員 など

宮本形成外科
[形成外科・美容外科・麻酔科]

宮本博子先生

三種類の眼瞼下垂症治療に対応

宮本形成外科_広島宮本形成外科
詳しく見る
  • 施術実績
    眼瞼下垂症の治療として、宮本形成外科では挙筋短縮術、前頭筋吊り上げ術、余剰皮膚切除術という三種類の施術に対応。前頭筋吊り上げ術の際は全身麻酔を必要としますが、宮本博子先生ご自身が麻酔標榜医の認定を受けているため、複数の担当医をつけることなく対応が可能です。
  • 医師の経歴・資格
    麻酔標榜医認定
    日本形成外科学会専門医
    医学博士(広島大学)
    日日本美容外科学会専門医認定
  • 先生の
    特徴
    理事長でもある宮本博子先生は、訪れる患者さんの満足と幸せを第一に考え、高水準の医療はもちろん、質の高い医療活動を提供するための職場づくりと人材育成に力を入れています。なお、院長の宮本純平先生も日本美容外科学会専門医として活躍されています。
  • 口コミ
    ◆先生は形成外科の専門医のみ
    在籍しているのは形成外科の専門医のみというのを聞いて、宮本形成外科を選びました。安心して治療を受けることができましたし、術後は目を開くのがとても楽になったので、やってよかったです。

    参照元:QLife(https://www.qlife.jp/kuchikomi_614313_101759)


    ◆先生は手術が早くて上手
    眠たそうな目といわれてずっと気になっていたので施術を受けました。宮本形成外科の先生は、手術が早くて上手。必要のない手術ならやらない方がいいとはっきり言ってくれるのも信頼できると思います。

    参照元:Caloo(https://caloo.jp/hospitals/detail/2340388600/reviews)

  • クリニックの特徴
    患者さんから信頼される形成外科専門病院を目指しており、高水準の専門医療と心のこもったサービスを提供してくれます。特に医療の品質を重視していることから、医療機関としての規模の拡大は追及せず、地域医療への貢献を優先的に考えています。
    得意施術:挙筋短縮術、前頭筋吊り上げ術、余剰皮膚切除術
    在籍クリニック:宮本形成外科
    所在地:広島県広島市南区段原南2丁目3-22

のま眼科医院
[形成外科]

野間一列先生

挙筋短縮術は年間100件以上の対応実績

のま眼科医院_広島のま眼科医院
詳しく見る
  • 施術実績
    眼瞼下垂手術は挙筋短縮術と前頭筋吊り上げ術に対応。特に挙筋短縮術については年間100件以上という対応実績があります。事前の問診・診察で症状の確認や術式の選択など丁寧に行ってくれますので、安心して施術に臨むことができるでしょう。
  • 医師の経歴・資格
    日本眼科学会専門医
    日本眼科学会会員
    日本眼科医会会員
    日本眼科手術学会会員
    日本眼形成外科学会会員 など
  • 先生の
    特徴
    野間一列院長は日本眼科学会専門医として多くの手術実績があり、眼瞼下垂手術に関する著書も行っています。なお、一部のクリニックで実施しているとされる交感神経刺激症状を改善する目的の眼瞼下垂手術のような、保険適応外の治療は行わないそうです。
  • 口コミ
    ◆仕上がりにとても満足
    ずっと悩んでいた眼瞼下垂を治したくて、中国・四国地方で瞼の手術実績のあるクリニックを探しており、こちらを受診しました。仕上がりにとても満足しています。その後、母も白内障の治療をしていただきました。

    参照元:Google(https://www.google.com/search?q=のま眼科&oq=のま眼科&aqs=chrome..69i57j0i4i37l2j0j69i61.5644j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8#lrd=0x355aa21565d41d07:0x828463d0b5a26790,1,,,)


    ◆診察の案内が早くとても丁寧
    これまでいろいろな眼科に行きましたが、のま眼科医院は診察の案内が早く、とても丁寧だと思います。

    参照元:EPARK(https://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/46536/tab/8/)

  • クリニックの特徴
    眼瞼下垂・白内障・緑内障などの治療を得意としており、目の治療に関するあらゆる設備を整えています。なお、眼瞼下垂手術については愛知医大准教授の研究による、解剖学的エビデンスに基づいた手術を実施しています。
    得意施術:挙筋短縮術、前頭筋吊り上げ術
    在籍クリニック:のま眼科医院
    所在地:広島県広島市中区国泰寺町2丁目4-18
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  • 「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  • 「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数

【切らない眼瞼下垂】当サイト内で紹介しているクリニックの中から、「日本形成外科学会」「日本美容外科学会」「日本美容皮膚科学会」に所属している、「切らない眼瞼下垂」の対応施術数がもっとも多いクリニック(調査日時:2018年12月)。

【切る眼瞼下垂】当サイト内で紹介しているクリニックの中から、「日本形成外科学会」「日本眼科学会」に所属している医師の中で、双方とも専門医の資格を有しているクリニック(調査日時:2018年12月)。