眼瞼下垂を引き起こす「眼筋麻痺」とは?

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

眼瞼下垂の原因である「眼筋麻痺」とは?

筋肉や神経の障害によって複視や眼瞼下垂が起こる疾患

眼筋麻痺とは、目の動きを補助する筋肉に何らかの異常が生じて起こる病気です。眼筋麻痺には外眼筋麻痺・内眼筋麻痺・核間性眼筋麻痺が含まれますが、ただ眼筋麻痺という場合は「外眼筋麻痺」を指すことがほとんど。外眼筋は目がモノを見るときに使われる筋肉で、眼瞼下垂を引き起こすのも「外眼筋麻痺」です。眼筋麻痺の症状として眼瞼下垂もそのひとつではあるものの、眼筋麻痺の特徴的な症状としては、モノが2つに重なって見える「複視」が挙げられます。眼筋麻痺はその原因となった病気を改善することが重要であり、さまざまな検査を経て慎重に診断されます。

眼筋麻痺とはどんな疾患?

眼筋麻痺とは、何らかの障害によって目の動きに関係する筋肉が動きづらくなる疾患です。モノを見るときには目の周りの筋肉の動きによって視認していますが、目の周りには6種類の筋肉があります。上直筋、下直筋、内直筋、外直筋、上斜筋、下斜筋と、これらをまとめて外眼筋とよんでおり、眼瞼下垂と関係しているのはこの外眼筋の麻痺によるものです。

また、目の運動を司る神経として「滑車神経」「外転神経」「動眼神経」の3つの神経がありますが、このいずれかの神経に障害が生じることで眼筋麻痺を引き起こします。

症状としてはモノが2重に見える“複視”が起こり、目の奥の痛みやまぶたが腫れる・垂れ下がるなどの眼瞼下垂が起こることもあります。

眼筋麻痺と眼瞼下垂の関係

眼筋麻痺を起こすと、複視の症状がでるほか眼瞼下垂の症状がでることがあります。眼筋麻痺による症状はどの神経に障害が起きたかで異なり、眼瞼下垂が起こるのは「動眼神経」に問題が生じたとき。動眼神経は瞳孔を小さくしたりまぶたを持ち上げる働きをもっており、動眼神経が傷ついたことでまぶたが持ち上がらなくなってしまうのです。

眼瞼下垂を引き起こすほどの動眼神経の麻痺では、脳動脈瘤の可能性も考えられます。そのため「モノが2重に見えるうえ、まぶたが垂れ下がっている」という場合は速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

なぜ眼筋麻痺になるのか

眼筋麻痺を引き起こす原因はいくつかあります。

■糖尿病や高血圧
■頭部の外傷
■脳梗塞による神経障害
■脳腫瘍や脳出血による神経の圧迫
■重症筋無力症
■甲状腺眼症
■進行性筋ジストロフィー
■副鼻腔炎
■ギランバレー症候群

上記のさまざまな要因をきっかけとして眼筋麻痺につながります。とくに多いとされているのは糖尿病や高血圧によるもので、血管の循環障害により、神経に栄養が行き届かなくなって眼筋麻痺を引き起こします。また、生まれつきである先天性の眼筋麻痺もあります。

ミオパチー・筋ジストロフィーが原因のことも

筋疾患であるミオパチーや筋ジストロフィーに罹っている場合、眼瞼下垂の症状が現れることがあります。なかでも「眼咽頭遠位型ミオパチー」と「眼咽頭型筋ジストロフィー」は眼瞼下垂の症状が認められることが多い遺伝性の筋疾患です。なお、眼瞼下垂以外にも嚥下障害や眼球運動障害(複視など)、また手足の筋肉が上手く動かないなどの症状が出ることも。いずれも根本的な治療法は未だ確立されておらず、対症療法を中心とした治療が行われています。

眼筋麻痺の眼瞼下垂以外の症状とは

■複視
眼筋麻痺で最もわかりやすい症状は「複視」です。複視とはモノを見るときに2重に見えてしまう症状であり、最初は物を目で追うときのみ起こります。重症化すると正面を向いていても2重に見えるようになり、モノの認識がしづらくなるため、日常生活に支障が出るように。眼瞼下垂よりも起こりやすいため、眼瞼下垂の症状が併せて確認できる場合は眼筋麻痺の疑いがあります。

■目の奥の痛み
眼筋麻痺を起こした際に、目の奥が痛むことがあります。おもに目を動かしたときに痛みを感じるようです。

眼筋麻痺の診断方法

眼筋麻痺を引き起こしているかどうかは、まず身体診察を行って評価します。眼球運動をおこない、眼球の位置や動き、対抗反応、まぶたの状態なども観察。また、複像検査では眼に映る像のずれを調べ、どの外眼筋に異常がみられるかを診断します。

MRIやCT検査では中枢や外眼筋・眼球周囲の異常の有無を判断するほか、糖尿病や甲状腺の病気などが疑われる場合は血液検査をすることもあります。

眼筋麻痺の治療法

眼筋麻痺の治療では、眼筋麻痺を引き起こした病気によって治療法が変わります。たとえば腫瘍が原因の場合にはその腫瘍にアプローチする外科的な治療を実施し、炎症が原因の場合にはステロイド薬を投薬するなどの対症療法が挙げられます。

また、眼筋麻痺では「モノが見づらい」という症状を軽減させるため、対症療法を行うこともあります。具体的には眼帯やプリズム眼鏡の着用、縮瞳点眼薬の使用など。眼筋麻痺によって引き起こされた眼瞼下垂を治療する場合は、外科的手術で眼輪筋に直接アプローチをします。

眼瞼下垂の原因が眼筋麻痺の可能性も

眼瞼下垂の症状がみられる原因として、眼筋麻痺を起こしている可能性があります。ただ、眼筋麻痺は特徴的な症状として複視が挙げられるため、眼瞼下垂のみの症状では眼筋麻痺とは考えにくいでしょう。しかし複視は放置すると日常生活にも影響を及ぼしますので、眼瞼下垂の有無にかかわらず、複視の症状が認められる場合にはすみやかな医療機関の受診をおすすめします。

参考サイト・参考文献

眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  • 「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  • 「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数

【切らない眼瞼下垂】当サイト内で紹介しているクリニックの中から、「日本形成外科学会」「日本美容外科学会」「日本美容皮膚科学会」に所属している、「切らない眼瞼下垂」の対応施術数がもっとも多いクリニック(調査日時:2018年12月)。

【切る眼瞼下垂】当サイト内で紹介しているクリニックの中から、「日本形成外科学会」「日本眼科学会」に所属している医師の中で、双方とも専門医の資格を有しているクリニック(調査日時:2018年12月)。