ウェルネス東峯

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

ウェルネス東峯

保険適用範囲内の眼瞼下垂治療を実施

松峯 元先生

ウェルネス東峯 画像引用元:ウェルネス東峯
https://www.wellness-toho.com/

ウェルネス東峯は地下鉄東西線「木場駅」より徒歩1分にあるアクセス良好なクリニックです。眼瞼下垂治療では形成外科にて保険適用範囲内で対応しており、患者さんに合った治療の提案を心がけています。
クリニックには日本形成外科学会専門医が複数在籍しており、大学病院で研鑽を積んだ医師らが診療。ただし、ウェルネス東峯の診療日は水曜日と土曜日のみです。受付時間も10時~17時と短いため、受診する際は注意しましょう。なお、電話受付のみ月・火・木・金も対応しています。

先生の経歴/ 特徴

・2001年3月 日本大学医学部 卒業

・2001年4月 東京女子医科大学形成外科学教室 入局

・2006年4月 東京女子医科大学形成外科学教室 助教

・2014年8月 米国ハーバード大学 留学

・2016年7月 東京女子医科大学形成外科学教室 講師

・2020年4月 東京女子医科大学形成外科学教室 准教授

【資格・所属団体など】
日本形成外科学会認定 形成外科専門医
日本レーザー医学会認定 レーザー専門医
日本熱傷学会認定 熱傷専門医

ウェルネス東峯の形成外科治療をおこなっている松峯元先生は、2001年に日本大学医学部を卒業しました。卒業後は東京女子医科大学形成外科学教室で医学知識を深め、2014年には米国ハーバード大学に留学。2020年には東京女子医科大学形成外科学教室の准教授となっています。
松峯先生は日本形成外科学会専門医などの資格を活かし、患者さんに寄り添った診療を行っています。

得意施術

ウェルネス東峯の公式HPにおいて、松峯医師の得意施術についての記載は見つかりませんでした。松峯先生は日本形成外科学会専門医や日本レーザー医学会認定専門医、日本熱傷学会認定専門医などの資格をもっており、保険診療内の眼瞼下垂治療を行っています。

カウンセリングの豊富さ

ウェルネス東峯では患者さん一人ひとりに合った治療方法を提案しています。カウンセリングでは悩んでいる症状をしっかりと聞いたうえで適した治療方法を説明してくれるため、納得して治療を受けることができるでしょう。

先生のポリシー

松峯先生が診療を行うウェルネス東峯では、患者さんが納得して受けられる治療を心がけています。治療方法に複数の選択肢がある場合はそれぞれのメリットとデメリットを丁寧に説明し、患者さん自身が希望する治療を実施するようにしています。

クリニックの特徴

ウェルネス東峯は「女性の一生をトータルでサポートするためには美容医療部門が必要」という考えのもと、東峯婦人クリニックの美容部門として誕生したクリニックです。美容皮膚科と形成外科領域の治療を行っており、眼瞼下垂治療は保険適用範囲内で対応。治療の選択権は患者さんにあると考え、患者さんが納得して治療を受けられる体制を整えています。

>>切らない眼瞼下垂手術を行なっているクリニックを見てみる
>>切る眼瞼下垂手術を行っているクリニックを見てみる

目周りの治療法

ウェルネス東峯では保険適応範囲内の眼瞼下垂治療を行っています。なお、治療方法や費用の目安などは公式HPに記載されていませんでした。

クリニックの基本情報

所在地 東京都江東区木場5-3-7 4階
受付時間 水曜・土曜(月火木金日祝は休診)10:00~17:00
電話番号 (水曜・土曜)03-3630-0373
(月火木金)03-3630-0303
アクセス情報 地下鉄東西線「木場駅」1番、または2番出口より徒歩1分
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  • 「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  • 「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数

【切らない眼瞼下垂】当サイト内で紹介しているクリニックの中から、「日本形成外科学会」「日本美容外科学会」「日本美容皮膚科学会」に所属している、「切らない眼瞼下垂」の対応施術数がもっとも多いクリニック(調査日時:2018年12月)。

【切る眼瞼下垂】当サイト内で紹介しているクリニックの中から、「日本形成外科学会」「日本眼科学会」に所属している医師の中で、双方とも専門医の資格を有しているクリニック(調査日時:2018年12月)。


ピックアップ関連記事