保険適用の眼瞼下垂手術で考慮すべきリスク

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

眼瞼下垂の保険適用手術で、
覚えておきたいリスク

保険適用の場合、機能回復が主たる目的になります。

眼瞼下垂を改善するには、手術しか方法がありません。そして、その手術には保険適用と自費診療の2種類があります。保険と自費では費用に大きな開きがあるため、方法の違いやメリット・デメリットについてしっかりと知っておきたいところです。
ここでは、保険診療で眼瞼下垂手術を受ける際に覚えておきたい、注意事項について詳しくまとめています。気になる失敗例についても紹介していますので、事前にチェックしておいてください。

保険適用は
あくまでも日常生活を
送れるようにすることが目的

眼瞼下垂の手術は、健康保険が適用される手術です。自費診療に比べて1/10程度の費用で済むため、「できれば保険適用で手術を受けたい!」と希望する人も多いですが、保険適用の眼瞼下垂手術には、思わぬデメリットがあります。
まず、術式自体は保険でも自費診療でも変わりません(特殊ケースを除く)。ただし、保険診療の場合は、まぶたの機能を回復するのが大きな目的となります。つまり、眼瞼下垂の手術しかできないということです。
眼瞼下垂で悩んでいる人は、「まぶたのたるみをなくしたい」「キレイな二重まぶたを作りたい」「目の左右差をなくしたい」という希望を持っていることが多いですが、そういったメニューは一切追加できません。もし、ひとつでも美容目的のメニューが加わるなら、それは保険適用とはならないのです。その点、美容外科・形成外科で受ける自費診療であれば、機能の回復はもちろん、見た目の指定も可能。まぶたのたるみをなくしたり、二重まぶたの形成も同時に行うことができます。
また、保険適用で受けられる眼瞼下垂手術は「切開法」となります。これは、まぶたの皮膚を切ることで、筋肉・腱膜などの異常を改善していくもの。切開法にもいくつかの方法がありますが、いずれもダウンタイムが長く、長期間にわたって腫れ・内出血・痛みが残ります。
皮膚の表面に傷を残したくない、手術のために仕事を休めないという人には向かないことがあるので、こういった面も考慮して治療法を選ぶようにしましょう。

見た目の指定・再手術は
できない

眼瞼下垂の手術の失敗例で、もっとも多いのは「見た目の問題」です。リーズナブルに眼瞼下垂手術を受けられる保険診療ですが、治療は機能の回復のみにとどまるため、見た目まで完璧に仕上がるとは限りません。
保険適用の眼瞼下垂手術だけに失敗が多い…というワケではありませんが、以下に多く見られる失敗例をご紹介していきます。

目の大きさが、左右でアンバランスになる

眼瞼下垂の手術でよくある失敗例として、目の大きさに左右差が出るというものがあります。これは、保険適用の切開法だけでなく、埋没法でも発生するトラブルです。左右差が出る主な原因は、医師のスキル不足がほとんど。とくに、眼瞼下垂の手術に慣れていない眼科などで治療を受けると、この問題にぶつかる可能性が高くなるようです。
術後に一時的な左右差が出ることはありますが、数週間~数ヶ月で左右のバランスが落ち着くのが一般的。もし、長期的に安定しない場合は、患者の希望で再手術となります(その場合は自費診療)。

ギョロ目・ビックリ目になる

眼瞼下垂手術自体は成功しているのですが、まぶたが大きく開きすぎてしまい、ギョロッとしたような・ビックリして目を見開いたときのような状態になることがあります。これは、保険適用の切開法に多い失敗例です。保険適用の手術では、眼瞼下垂の解消が最優先のため、医師によっては必要以上にまぶたを引き上げてしまうケースがあるようです。切開法だと元に戻すことができないため、慎重に治療法やクリニックを選ぶようにしましょう。

目が閉じにくくなる

まぶたを開きすぎることで、しっかりと目を閉じられなくなる・閉じにくくなるというトラブルも見られます。これも、切開法の眼瞼下垂手術に多い失敗例です。半分目が開いたような状態になり、目の潤いが奪われ、ドライアイになってしまうというケースもあります。軽いドライアイなら点眼薬で対応できますが、重症の場合は再手術が必要です。

保険適用の手術でも、再手術は自費診療
眼瞼下垂の手術、とくに切開法は術後3~6ヶ月くらいしないと、手術の成功・失敗が判断できません。切開法は腫れや内出血が長引くため、それが完全に引き、形が安定するまでにはある程度の時間を要するのです。
十分に時間が経過し、それでも仕上がりが不自然である・不満があるという場合は、基本的に自費診療での再手術となります。目の開きがまったく改善していないという場合は別ですが、美容目的での修正は、保険適用とはならないからです。
治療費をなるべく抑えたいという気持ちは分かりますが、見た目の仕上がりも重視して眼瞼下垂を治したいと思うなら、口コミでも評判のいい形成外科・美容外科で治療を受けた方が良いでしょう。