眼瞼下垂の保険適用手術に必要な診断条件

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

保険で眼瞼下垂の
手術を受けるには、
医師の診断が不可欠!

医師の判断によるため、必ずしも眼瞼下垂と診断されるわけではない。

眼瞼下垂を根本から改善するには、手術を受ける必要があります。一般的に自費診療のイメージが強い眼瞼下垂治療ではありますが、実は健康保険適用の手術です。
しかし、眼瞼下垂の手術を保険で受けるには、医師の診断によって「眼瞼下垂である」と認められなければなりません。そのためにはいくつかの条件をクリアする必要があるのですが、それにはどんなものがあるのでしょうか?診察を受ける前に確認しておくこと、やっておきたい準備などをまとめてみました。

受診前に確認しておくこと

眼瞼下垂はれっきとした病気ですが、その診断基準が少々曖昧です。明確に「ここまでが正常、ここからが異常」という線引きをされているワケではないため、それぞれの症状を医師が診察し、主観によって診断されているのが現状なのです。
しかし、健康保険で手術を受けたいと思っている場合、この診断はとくに重要となります。以下に、自分が眼瞼下垂かどうかチェックできるポイントと、受診前にやっておきたい下準備についてまとめましたので、参考にしてみてください。

事前にやっておきたいチェックポイント

視界チェック
まぶたのせいで黒目が70%ほどしか見えていない場合、それは保険適用の眼瞼下垂であると診断されます。しかし、鏡を見てその条件に当てはまるかどうかは、なかなか見分けがつかないかもしれません。以下にセルフチェック法を紹介しますので、医師の診断を受ける前に確認してみましょう。
  1. まっすぐに前を見て、軽く目を閉じる。
  2. 目を閉じた状態で、両方の眉毛の上を指で強めに押さえる。
  3. 2の状態のまま、目を開ける。

これで、普通に目を開けることができれば、眼瞼下垂である可能性は低め。額に力が入ったり、目が開けにくい場合は、眼瞼下垂である可能性がかなり高くなります。

受診前の下準備

眼瞼下垂の症状を証明するため、クリニックへ行く前の準備をしておきましょう。とくに、保険適用になるかどうか微妙なラインの場合は、こういった下準備が功を奏することがあります。

眼瞼下垂前の写真を見せる
当然ですが、医師はあなたの今の状態しか見たことがありません。そのため、まぶたが垂れ下がる前に撮影した写真を用意しておくと、どれだけ症状が進んだのかを明確に示すことができます。ただし、写真と今の状態が大きく違うからといって、眼瞼下垂と診断されるとは限りません。ひとつの参考資料としてください。
問診で聞かれることに対する回答を用意する
眼瞼下垂かどうかを診断するために、いろいろな質問をされることがあります。とくに、日常生活に支障が出ているかどうかは、診断を大きく左右することがあるので、具体的な例を用意しておくと良いでしょう。ただし、虚偽の発言はNGです。
  • ・視野を狭く感じるか
  • ・ものが二重に見えることがあるか
  • ・目が乾きやすいか
  • ・まぶたの皮膚を重く感じるか
  • ・幼児の時から二重まぶたかどうか
  • ・車の運転が問題なくできるか
  • ・手元が見えにくいことがあるか(物を書く、包丁を持つなど)
  • ・朝と夜で、まぶたの動きに違いがあるか
  • ・コンタクトレンズを長い間使用しているか
  • ・肩こり・頭痛があるか(ある場合はその頻度、痛み方など)
  • ・顎関節症があるか
  • ・歯ぎしりをする、無意識に歯を食いしばるクセがあるか
  • ・目をよくこするか
  • ・額のシワが気になるか

保険適応の判断基準

眼瞼下垂の診断には、医師の主観が入ります。ひと目見て「これは眼瞼下垂である」と診断できるほど重度であれば問題ないのですが、微妙なラインの場合は、医師によって意見が分かれることがあります。とあるクリニックでは「眼瞼下垂ではない」と言われたのに、ほかのクリニックでは「眼瞼下垂である」と言われる可能性もあるのです。
そのため、ひとつのクリニックで思ったような診断が出なかった場合は、ほかのクリニックの意見も参考にしてみた方が良いでしょう。とくに、保険適用で眼瞼下垂の手術を受けたいと強く希望している場合は、複数受診をおすすめします。

眼瞼下垂の診断法

a眼瞼下垂の診察では、医師の問診・視診のほかに、以下のような検査を行うことがあります。

MRD(margin reflex distance)
MRDとは、瞳孔の中心と、まつ毛の生え際までの距離。その距離を計測して判断材料とするのですが、MRDが3.5mm以下(未満)で眼瞼下垂症と診断されます。
筋力チェック
眼瞼下垂にはいくつか種類がありますが、その判別に使われるのが上眼瞼挙筋機能のチェックです。この検査では、上眼瞼挙筋がどれくらい動くかを見ます。やり方は簡単で、眉毛の上の付近を押さえ、前頭筋(額の筋肉)を使わない状態にします。その状態で、最も下を見たときと、最も上を見たときのまぶたの下縁の移動距離を測定。15mm以下の場合、眼瞼下垂と診断されます。
腱膜性チェック
腱膜性眼瞼下垂かどうかのチェックには、5%ネオシジンの点眼薬を使用します。ネオシジンを点眼して、下がったまぶたが一時的に上がった場合、腱膜性眼瞼下垂と診断されます。
見た目年齢を若返らせる「目元」周りの施術スキルが高いクリニック