眼瞼下垂の手術で保険適用される条件とは

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

眼瞼下垂の保険適用条件には、
どんなものがあるの?

保険適用は安く対応できるが、施術に制限がある

眼瞼下垂の手術は、保険が適用される治療法です。保険が適用されれば、リーズナブルに治療を受けることができますが、適用される条件に症状が合致しなければなりません。そして、その条件というのが意外と難しいのです…。
ここでは、保険適用となる眼瞼下垂の症状の特徴と、クリニックの選び方などの情報を解説しています。また、保険適用で手術を受けることには、メリットとデメリットがあります。そういった点にも注目してご覧ください。

眼瞼下垂は保険が適用される

眼瞼下垂の手術には、健康保険が適用されることが厚生労働省によって定められています。保険適用になると、手術の費用は両目合わせて5~6万円ほどとなります(3割負担の場合)。
保険適用の手術を受けるには、医師による診断を受ける必要があります。しかし、眼瞼下垂の手術を行っているクリニックの中には、保険適用での治療を行っていないところもあるので要注意。保険を使って手術を受けたいと思うなら、健康保険適用の手術を行っているクリニックを選び、診断を受けるようにしてください。
さて、眼瞼下垂と診断される条件ですが、「病的であること」が認められなければなりません。基本的には、まぶたの下がりが日常生活に大きく支障をきたしている場合は、保険適用となるケースがほとんどです。
また、生命保険・医療保険に加入している場合、保険会社の定める条件にもよりますが、手術給付金を請求することができます。給付金の額は会社によって異なりますが、一般的には入院給付金の10倍程度と言われています(入院給付金が1万円の場合、10万円)。こちらから請求する必要があるため、手術前に確認しておくと良いでしょう。

保険適用の場合の注意点

保険適用とされる眼瞼下垂の手術ですが、「眼瞼下垂である」という診断を受けていたとしても、自費診療となるケースがあります。それは、美容目的の要望を手術に反映したい…という場合です。
健康保険が適用される眼瞼下垂の手術は、あくまでも機能の回復を目的とするものです。「見た目をキレイにしたい」といった希望に沿うことはできません。
そのため、保険適用の眼瞼下垂手術では、「手術のついでに、二重まぶたの形成をしたい」「目をもっとパッチリと大きく見せたい」「腫れぼったく見える、まぶたの脂肪を取りたい」「目の左右差を整えたい」などという、治療項目の追加は不可能。何かひとつでも美容目的の治療が入る場合は、すべて自費診療となるので注意が必要です。
さらに、保険適用の手術は、すべて「切開法」となります。糸を使った切らない眼瞼下垂手術は保険適用とならないので、そのあたりも考慮するようにしましょう。

眼瞼下垂の保険適用の判断

眼瞼下垂の手術は保険で受けることもできますが、それには医師の診断が不可欠です。眼瞼下垂と認められるには、いくつかの条件があるので、あらかじめセルフチェックをしておくと良いでしょう。まぶたのたるみで黒目が7割ほどしか見えていない場合は、多くの場合で眼瞼下垂と診断されます。その他にも、まぶたがたるむ前の写真を用意する、問診内容に対する回答を用意しておくことも大事。保険適用で手術を受けたいなら、下準備は重要です。

保険適用での眼瞼下垂手術のリスク

自費診療に比べると、非常に安価で手術を受けられる保険適用の眼瞼下垂手術。しかし、保険適用ならではのリスクがあることも覚えておきましょう。まず、保険での手術は「眼瞼下垂そのものを治す」ものなので、美容面でのリクエストには対応していません。目を大きく見せたい・二重のラインをキレイにしたいといった要望がある場合は、術式が同じであっても自費診療となるので注意しましょう。見た目の不具合による再手術も、自費となります。

見た目年齢を若返らせる「目元」周りの施術スキルが高いクリニック