眼瞼下垂以外のたるみ治療法~二重埋没法~

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

二重埋没法

SURGERY

まぶたのたるみ治療で人気!二重埋没法とは?

二重埋没法とは、糸を使って二重まぶたを形成する手術。美容整形メニューの中でも人気の高いものであり、短時間で受けられるプチ整形としても知られています。 二重まぶたの形成に用いられることの多い術式ですが、眼瞼下垂やまぶたのたるみ解消にも利用されています。ここでは、そんな二重埋没法の施術方法・メリット&デメリット・ダウンタイムといった情報をご紹介します。

二重埋没法の施術方法

二重埋没法

二重埋没法とは、特殊な糸と針を使い、皮膚を切らずに二重まぶたを形成する手術。眉の生え際にある瞼板という組織と皮膚を連結する「瞼板法」という術式が一般的です。 使用する糸は髪の毛よりも細く、皮膚に開ける穴は1mm程度。その穴から糸を通し、施術を行います。施術時間は10~20分程度と短時間で、糸は内側から留めるため、外から目立つことはありません。糸の留め方によって、二重のデザインも比較的自由に決めることができます。

手術を受けてすぐに効果が見られるため、「今すぐにまぶたのたるみを何とかしたい」「キレイな二重まぶたになりたい」という方にオススメ。ただし、症状によっては二重埋没法が適用とならないこともあります。

施術の効果

二重埋没法を受けると、まず自然な二重まぶたになります。重く垂れ下がっていたまぶたが引き上がるため、目を開けやすくなるのが特徴。まぶたによって遮られていた視界が広くなり、目もパッチリ大きく見えるようになります。 ただし、まぶたのたるみが重すぎる、まぶたを開ける筋力が弱すぎるといった場合は効果が見られないこともあるので、注意が必要です。

手術前の注意事項

  • 術後元に戻りやすい?
    二重埋没法は、効果が永久的に続くものではありません。一般的な2点留めで3~5年が平均とされています。また、花粉症などで目をこすったり、二重のラインを広くすると戻りやすくなる傾向があります。
  • 長持ちさせるには?
    糸を留める数を多くしたり、まぶたの状態に適した二重の幅にすることで、効果を長持ちさせられます。また、医師の技術力にも左右されるため、埋没法の実績豊富な医師に治療を依頼することも重要です。
  • 再手術は可能?
    二重のラインに不満があったり、トラブルがある場合は再手術も可能です。ただし、施術から時間が経ちすぎると糸が目立ちにくくなり、二重のラインもクッキリとついてしまうため、できれば2ヶ月以内に修正をした方が良いようです。
  • 縫った糸はどうなる?
    特殊なナイロン製の糸を使用するため、身体に吸収されてしまうということはありません。抜糸をしなければ、基本的にはまぶたの裏に残ったままとなります。身体に悪影響はないので、心配は無用です。

メリット・デメリット

  • メリット

    短時間で二重まぶたにできる
    10~20分と、二重埋没法の手術は短時間。日帰りで受けることができるため、手軽です。
    比較的安い費用で手術が可能
    一般的な2点留めの場合で、費用は6~10万円(両目)。4点留めになると13万前後です。
    傷が残りにくく、痛みも少ない
    皮膚に小さな穴を開けて糸を埋め込むだけなので、痛みが少なく、傷もほとんど残りません。
  • デメリット

    元に戻る可能性がある
    二重埋没法(2点留め)の持続期間は平均3~5年。それ以上になると糸が緩んで元に戻る可能性があります。
    少々腫れが残る
    ほとんど腫れることはありませんが、人によっては目立つ腫れがなくなるまで2~3日かかることも。
    露骨な見た目の変化
    二重埋没法は効果がすぐに出るため、突然二重まぶたになり、目がパッチリするなどで外見が大きく変化します。
    手術の種類によっては保険適用外
    逆さまつ毛治療のための埋没法は保険適用となりますが、それ以外はすべて自費診療となります。

おおよその手術費用

二重埋没法の中でも手軽な2点留めの場合、両目で費用は6~10万円ほど。3点留め・4点留めと施術箇所が増えるごとに、料金は高くなっていきます。また、施術の難しさによっても費用は変化します。 まぶたのたるみが重かったり、二重のラインが付きにくい場合などは、料金がアップする傾向アリ。そのあたりは、治療を受ける前に、きちんとクリニックへ相談しておくとよいでしょう。

ダウンタイムについて

二重埋没法で、大きな腫れ・痛みを感じることはほとんどありませんが、人によっては術後2~3日ほど強い腫れが見られることもあります。仕事や学校に行けないというほどではありませんが、大事をとって休養した方がいい場合もあります。 手術がどんなにうまくいったとしても、手術直後~翌日くらいまでは血流が良くなるような行動は避けた方が◎(激しい運動・長風呂など)。あまり血流が良くなると、腫れがひどくなったり、針穴から汗や雑菌が入り込むこともあります。

施術後のスケジュール

二重埋没法の場合は、通院するのは手術当日のみでOK。症状によっては、1週間後などに経過を見ることもあります。術後の生活も、ほとんど普段通りで問題ありませんが、万が一トラブルが起こった際はすぐにクリニックへ連絡することが大事。その際のフォロー体制がどうなっているのかも、事前にチェックしておきましょう。