眼瞼下垂以外のたるみ治療法~上眼瞼脂肪除去~

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

上眼瞼脂肪除去

SURGERY

まぶたの脂肪を取り除いて悩みを解消~上眼瞼脂肪除去~

「まぶたが腫れぼったい」「まぶたがむくんで重く見える」といった悩みを持っており、まぶたの脂肪・厚みを減らしたい…と考えている方は少なくありません。そんな悩みを解消するために用いられるのが、上眼瞼脂肪除去です。 簡単に言うと、上まぶたの脂肪を取り除く手術なのですが、脂肪を除去したからといって悩みが解決する…というワケにはいかないようです。その理由を以下にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

上眼瞼脂肪除去の施術方法

上眼瞼脂肪除去

上眼窩脂肪除去とは、まぶたにある眼窩脂肪を取り除く手術。眼窩脂肪の量が多く、埋没法では対応できない方や、ダウンタイムの長い全切開を避けたい方におすすめです。

上眼窩脂肪除去の手術は、局所麻酔下でまぶたの上を数ミリほど切開し、小さな穴から脂肪を取り除きます。切開する部分が小さく済むため、手術は20分程度。全切開に比べると、ダウンタイムも非常に短いものとなっています。

施術の効果

まぶたのたるみが眼窩脂肪であった場合、上眼窩脂肪除去を受けることで、腫れぼったさが改善されることがあります。まぶたが軽くなって目を開けやすくなったり、まぶたがむくみにくくなるというメリットも挙げられます。 しかし、たるみの原因が眼窩脂肪のみであるというケースは少なめ。つまり、脱脂のみでたるみが完全に改善されることはほどんどないのです。 まぶたの厚ぼったさの原因となっているのは、多くの場合で皮膚のたるみや筋力の低下。脂肪を取り除いて得られる効果は、「多少まぶたがスッキリした程度」くらいのものです。 そのため、上眼窩脂肪除去を行う場合は単独ではなく、二重まぶたの形成術(埋没法)と組み合わせて行われます。まぶたの脂肪を取り除いてから埋没法をすると、二重のラインがキレイに出るようになり、埋没法の持続性も高まります。

手術前の注意事項

  • あまり効果がなく、意味がない?
    脂肪が原因でまぶたがたるんでいる場合、見た目の腫れぼったさ・厚ぼったさを改善することは可能。しかし、まぶたのもっとも奥にある脂肪のため、除去しても効果があまり見られないことが多くなっています。
  • 埋没法と一緒にするべき?
    上まぶたの脂肪を取っても、効果は目の周りが多少スッキリする程度となります。皮膚のたるみなどはそのままとなるため、埋没法などの二重まぶた形成手術を同時に受けた方が良いでしょう。
  • 効果は永続的?
    一度除去した脂肪が再発することはありません(術後の体重が一定を保っている場合)。ただし、脂肪を取りすぎると、将来的に眼窩がくぼむなどのトラブルが起こることもあるため、注意が必要です。
  • 術後の安静期間はどれくらい?
    小さな切開のみで済む手術ですが、術後1~2日は安静を保っておいた方が◎。睡眠時に頭を高くしておくと、腫れが軽減するようです。痛みは、鎮痛剤で対応できる程度。

メリット・デメリット

  • メリット

    目元がスッキリ見えるように
    まぶたの脂肪が厚い場合は、除去することで軽くなり、目元がスッキリ見えるようになります。
    埋没法の効果がアップ
    眼窩脂肪の重みをあらかじめ減らしておくことで、埋没法の効果・継続性を高めることが可能です。
    目が大きく見えるように
    眼窩脂肪を取ると二重まぶたのラインがクッキリとし、目が大きく若々しい印象になります。
  • デメリット

    向いている人・向いていない人がある
    眼窩脂肪の量がそれほど多くない人には適用されません。
    脂肪の取りすぎは逆効果
    脂肪を除去しすぎるとまぶたの上がくぼんだり、将来的にくぼみが目立つようになることがあります。
    たるみには効果がない
    たるみの原因が、単なる皮膚の垂れ下がりの場合、手術を行っても効果はありません。

おおよその手術費用

上眼瞼脂肪除去の費用は、両目で10~30万円ほど。二重まぶたの形成術と同時に受ける場合、料金がセットになっているケースも多いようです。ちなみに、二重まぶた形成術は、埋没法・切開法によって料金が異なります。自分の場合はどちらが適用されるのか、トータルでの金額はいくらになるのかを確認しておきましょう。

ダウンタイムについて

埋没法に比べると、腫れ・内出血といったダウンタイムは長くなることがあります。腫れのピークは2~5日、縫合をした場合は1週間後に抜糸となります。手術当日は腫れなどの悪化を防ぐため、入浴はできるだけ避けた方が◎。腫れが残っている間はシャワーのみとし、入浴は抜糸後にした方が良いでしょう。コンタクトレンズの使用は、3日~1週間ほどは禁止。1ヶ月ほどで傷はほとんど分からなくなり、自然な仕上がりとなります。

施術後のスケジュール

埋没法に比べると、腫れ・内出血といったダウンタイムは長くなることがあります。腫れのピークは2~5日、縫合をした場合は1週間後に抜糸となります。手術当日は腫れなどの悪化を防ぐため、入浴はできるだけ避けた方が◎。腫れが残っている間はシャワーのみとし、入浴は抜糸後にした方が良いでしょう。コンタクトレンズの使用は、3日~1週間ほどは禁止。1ヶ月ほどで傷はほとんど分からなくなり、自然な仕上がりとなります。

見た目年齢を若返らせる「目元」周りの施術スキルが高いクリニック