まぶたのたるみを治す手術法を知ろう

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

眼瞼下垂 以外の、瞼のたるみを解消する手術

まぶたのたるみを解消するなら手術が一番の近道

まぶたのたるみには、眼瞼下垂が原因となっているものと、単なる皮膚や脂肪のたるみが原因となっているものがあります。それぞれ原因は異なりますが、悩みを解消するには手術が一番の近道。たるみをしっかりと改善することで、目の機能だけでなく、外見的な問題も改善できます。 ここでは、眼瞼下垂以外のたるみ治療に用いられる手術についてまとめています。満足のいく結果を出すには、自分の症状に合った手術法を選ぶことが大事。まずは、しっかりと知識を身につけておきましょう。

SURGERY

まぶたは加齢による
影響が最も出やすいパーツ

目元やまぶたは、加齢の影響を非常に受けやすい部分。まぶたを上げる眼瞼挙筋の筋力低下や、老化によって皮膚の弾力が失われることで、徐々にたるみが起こります。 「以前は二重まぶたでパッチリしていたのに、まぶたが重くなってきて目元がぼんやりしてきた」という方も多いのではないでしょうか?目元は、人の見た目や印象を大きく左右するパーツ。「若々しさ」の判断材料とされることも多いため、まぶたのたるみは深刻な悩みのひとつです。

また、加齢のほかにも、コンタクトレンズの長期利用・眼精疲労・目をこする・誤った洗顔方法などでも、まぶたのたるみは進行。まぶたが目に覆いかぶさることで視界が狭くなったり、目を開けにくいことが原因で、頭痛・肩こりなどのトラブルに悩まされることもあります。

もし、まぶたのたるみに悩んでいるのなら、一度専門のクリニックでカウンセリング・診察を受けてみることをオススメします。自分に合った治療法でたるみを取り除けば、悩みが一気に解消し、見た目の大幅な若返りも可能ですよ。

SURGERY

眼瞼下垂じゃないけれど、
このまぶたのたるみを解消したい

「眼瞼下垂かどうかは分からないが、このたるみをどうにかしたい…」と考えている場合、それは手術で解決することができます。そのために用いられる方法には以下があります。

  • 糸を使って、まぶたのたるみを引き上げる方法(埋没法)
  • まぶたの皮膚を切開し、たるみの原因を除去する方法(上眼瞼脂肪除去など)
  • 眉毛の下の皮膚を切開し、まぶたを引き上げる方法(眉下切開法など)
  • しかし、上記方法は誰でも自由に治療法を選べるワケではありません。症状によって向いている人・向いていない人があるため、自分に合った手術法を選択しないと、希望するような効果が得られないこともあるのです。また、それぞれの手術法のメリット・デメリットについても、しっかりと理解しておく必要があります。

    「自分に合った手術法を知りたい」「眼瞼下垂なのかどうか診断してもらいたい」という場合は、まず専門医のカウンセリングを受けてみましょう。まぶたのたるみが眼瞼下垂でなかったとしても、それを解消する手段を提示してもらえるはずです。

    CHECK 01

    二重埋没法

    二重埋没法とは、糸を使った二重まぶたの形成術。皮膚を切ることがないためダウンタイムが少なく、手術の時間も10~20分と非常に短いため、手軽に受けられるプチ整形としても人気を集めています。術後は、まぶたが引き上がって自然な二重となり、目元がパッチリするのが特徴。ただし、糸で留めてあるだけなので効果が永久的ではないことと、症状によっては適用されないケースもあることを覚えておきましょう。

    CHECK 01

    上眼瞼脂肪除去

    まぶたの下にある眼窩脂肪を除去し、まぶたの厚み・たるみを解消する上眼瞼脂肪除去。ほんの数mmの切開口から脂肪を取り除くため、傷跡が目立ちにくく、ダウンタイムも短いのが特徴です。ただし、眼窩脂肪を除去したとしても、気になるたるみが劇的に解消されるケースはほとんどなく、二重形成術(埋没法)と併用されることが多くなっています。

    CHECK 01

    眉毛下切開法

    眉毛の下部ギリギリのラインを切開し、たるみの原因となっている脂肪・皮膚などを除去する眉下切開法。二重まぶたのラインを切開しないため、二重まぶたの方は二重まぶたのまま、一重まぶたの人は一重まぶたのままとなるため、仕上がりがとても自然です。ただし、目と眉毛の位置が近い方や、少しでも顔に傷を残したくないという方には向かない手術法です。

    CHECK 01

    上眼瞼ROOF切除

    上眼瞼ROOFとは、眼窩隔膜の上に広がっている脂肪のこと。このROOFの厚みを減らすことで、まぶたのたるみを解消するのが上眼瞼ROOF切除です。ROOFを切除するには、まぶたを全切開しなければならないため、他の治療法に比べてダウンタイムは長め。また、非常に難しい術式のため、医師の技術力が成功を左右します。基本的にやり直しの効かない手術なので、医師選びはしっかりと行いましょう。

    瞼のたるみを解消する4つの手術の違いを解説

    瞼のたるみを解消したいと一口に言っても、瞼の状態によって自分に合った術式は異なります。

    以下の表に、一般的に用いられている4つの術式について違いをまとめました。

    二重埋没法

    • *手術方法:切開なし
    • *手術時間:10~20分
    • *効果持続:3~5年
    • *二重のライン:埋没法により自然な二重に
    • *腫れのピーク:2~3日
    • *痛み:少ない
    • *施術後の管理:日常生活に影響なし
    • *手術費用:6~10万円(2点留め),13万円(4点留め)

    上眼瞼脂肪除去

    • *手術方法:一部切開
    • *手術時間:20分
    • *効果持続:半永久
    • *二重のライン:一重は一重、二重は二重のまま
    • *腫れのピーク:2~5日1週間後抜糸
    • *痛み:鎮痛剤で対応可能
    • *施術後の管理:コンタクトは1週間後から
    • *手術費用:10~30万円

    眉毛下切開法

    • *手術方法:一部切開
    • *手術時間: 40~60分
    • *効果持続:半永久(体重増加なしの場合)
    • *二重のライン:一重は一重、二重は二重のまま
    • *腫れのピーク:2~5日1週間後抜糸
    • *痛み:鎮痛剤で対応可能
    • *施術後の管理:コンタクトは1週間後から
    • *手術費用: 30~50万円

    上眼瞼ROOF切除

    • *手術方法:全切開
    • *手術時間: 40~60分
    • *効果持続:半永久(体重増加なしの場合)
    • *二重のライン:二重切開によりくっきりとした二重に
    • *腫れのピーク: 1週間程度1週間後抜糸
    • *痛み:鎮痛剤で対応可能
    • *施術後の管理: 定期検診ありコンタクトは当日着用可(違和感なしの場合)
    • *手術費用: 20~30万円

    ※手術時間や手術費用はクリニックによって異なります。

    SURGERY

    元々二重の人にオススメ「二重埋没法」

    手術時間・手術費用ともに負担が少なく、ほとんどの美容形成外科で施術することができますが、効果は永久保証ではありません。

    埋没法は極細の糸を使って施術されているため、糸の劣化やまばたきなどの筋肉の動きによって、少しずつ元の状態に戻ってしまいます。

    個人差はありますが、まぶたが厚く重い場合は特に長続きしないことが多いようです。

    埋没法を選択する基準として、元々二重まぶたの人であれば継続しやすいかもしれません。いわゆる奥二重のような状態で、ときどきはっきり二重になるくらいの人であれば、埋没法でも効果を期待できるでしょう。

    SURGERY

    むくみがとれるが体重増加で元に戻りやすい「上眼瞼脂肪除去」

    上眼瞼脂肪除去だけでは、まぶたのたるみは完璧に解消されません。

    ただ、水分の溜まりやすい脂肪を取り除くことができるので、まぶたのむくみが改善されスッキリとするでしょう。

    ただ、体重が増加してむくみやすい状態に戻ってしまうと、せっかく取り除かれた脂肪が戻ってたるんでしまうかもしれません。

    上眼瞼脂肪の除去だけではまぶたの厚みはそれほど変わらないので、埋没法との併用を提案されやすいのが特徴です。

    SURGERY

    術後の傷も瞼も目立ちにくい「眉毛下切開法」

    眉毛下なので、傷が目立たない上に目の形は変わりません。そのため自然な状態で、まぶたのたるみ具合が消えたように感じられます。

    眉毛の毛根にダメージが与えられるわけではないので、生えてこなくなる心配もないのです。

    眉下の厚い皮膚のみを切開するため、上眼瞼ROOF切除より回復度は早いでしょう。

    SURGERY

    二重切開術を同時に行う「上眼瞼ROOF切除」

    上まぶたの余分な脂肪を取り除いて縫合するのですが、そのリフト位置によって仕上がりをデザインすることができます。

    眉下切開よりも皮膚の薄い部分を広範囲で切除するため、基本的には全切開となり、二重のラインがくっきりと見えるようになるのが特徴です。

    腫れが引いて赤みが消えるまでは少し時間が必要となり、術後も何度か検診を受け、医師の診察で問題のないことを確かめる必要もあります。まぶたのたるみ以外に肩こりや腰痛も改善すると言われています。

    SURGERY

    手術を成功させるために

    どの術式にもメリット・デメリットはありますが、まぶたの厚みやたるみが強い場合には切開手術が有効です。

    ただ、日本美容外科学会では、幅10mm以上の二重を作るような手術は推奨されていません。

    (※参考URL:一般社団法人 日本美容外科学会|美容外科の手術

    自然なまばたきの妨げになる可能性も挙げられているため、眉毛下切開法や上眼瞼ROOF切除を受ける場合は、縫合する位置をしっかりと医師に確認しておきましょう。

    安く済ませたいがために埋没法を選んだとしても、5年後に再手術が必要になるのであれば、さらに費用が必要になります。

    1年以内の修正であれば無料のアフターフォローもありますが、信頼できるクリニックで切開手術をしてもらえば、結果的には1度で済んで負担が軽減される場合もあるでしょう。

    ただ、まぶたの状態によっては手術により角膜や結膜が炎症を起こす可能性もあり得るので、それぞれの手術のメリット・デメリットについてしっかりと理解した上で納得して手術を受けてくださいね。

    そのためには、手術前に自分のまぶたの状態についてしっかりと把握しておくことも大切です。

    見た目年齢を若返らせる「目元」周りの施術スキルが高いクリニック