池袋PSクリニック

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

池袋PSクリニック

豊富な診療メニューであらゆる悩みに対応

中原 まり先生

あおき形成外科眼科クリニック 画像引用元:池袋PSクリニック
https://www.psclinic.jp/index.html

JR池袋駅西口出口より徒歩1分とアクセス抜群の「池袋PSクリニック」。形成外科・皮膚科・美容外科の診療項目をもち、眼瞼下垂はもちろんレーザー治療や注入・注射治療、豊胸や整形、医療脱毛やわきが治療など幅広い治療メニューを用意しています。
眼瞼下垂の治療では「切らない眼瞼下垂」と「挙筋前転法」に対応。日本形成外科学会専門医の資格をもつ院長が施術にあたります。

先生の経歴/ 特徴

・東京慈恵会医科大学形成外科入局

・美容外科クリニック開院

・大手美容外科にて技術指導多数

【資格・所属団体など】
日本美容外科学会正会員
日本形成外科学会専門医
日本レーザー学会正会員
頭蓋骨顔面外科正会員
マイクロサージャリー学会正会員
ボトックスビスタ認定医

池袋PSクリニックの中原まり院長は、東京慈恵会医科大学形成外科に入局して形成外科医としての経験を積んだのち、美容外科クリニックの開院に至りました。池袋PSクリニックの院長を務めるほか、大手美容外科にて技術指導も行うほどの知識と腕をもっています。
また、日本美容外科学会や日本レーザー学会、頭蓋骨顔面外科、マイクロサージャリー学会の正会員として知識と技術の研鑽を積んでいるうえ、日本形成外科学会専門医の資格も取得しています。

得意施術

公式サイトに得意施術についての記載がありませんでした。
池袋PSクリニックでは眼瞼下垂などの治療のほかレーザー治療や注入・注射治療、ヒアルロン酸豊胸やわきが治療などさまざまな治療に対応しています。院長の中原まり医師は日本形成外科学会専門医の資格も取得していますので、形成外科学の知識と技術力を活かした施術が期待できそうです。

カウンセリングの豊富さ

池袋PSクリニックの公式サイトでは、カウンセリングの詳細について記載されていませんでした。カウンセリングの予約は電話あるいは公式サイトの専用フォームから行えます。オンライン相談も可能なため、気軽に相談しやすいのではないでしょうか。なお、相談料は無料です。

先生のポリシー

公式サイトには、池袋PSクリニックや中原まり院長のポリシーに関する記載はありませんでした。

クリニックの特徴

中原院長の幅広い知識と豊富な実績を活かし、多数の診療メニューがある池袋PSクリニック。眼瞼下垂治療では「切らない眼瞼下垂」と「挙筋前転法」で対応しており、「切らない眼瞼下垂」では皮膚をメスで切開せず、目の裏側からアプローチ。傷が表面にできないうえ腫れや痛みの軽減にもつながります。保険適用の治療である「挙筋前転法」では、緩んだ上眼瞼拳筋を瞼板に固定することでよりしっかりと症状を改善させます。皮膚切開をするため抜糸がありますが、両目で約1時間程度の施術で済みます。

>>切らない眼瞼下垂手術を行なっているクリニックを見てみる
>>切る眼瞼下垂手術を行っているクリニックを見てみる

目周りの治療法

  • 切らない眼瞼下垂
    (自由診療)
    片目225,500円
    両目350,000円(税表記なし)
  • 挙筋前転法
    (保険診療)
    要問合せ

クリニックの基本情報

所在地 東京都豊島区西池袋1-16-10 第2三笠ビル5F
受付時間 水~土10:00~19:00(日・月・火曜休診)
電話番号 03-6915-2288
アクセス情報 JR池袋駅西口出口より徒歩1分
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  • 「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  • 「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数