八事石坂クリニック

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

八事石坂クリニック

安心・快適のための取り組みを徹底

大口 春雄先生

西堀形成外科 画像引用元:八事石坂クリニック
https://www.yagoishi.com/

八事石坂クリニックは、院長の培った2年間の麻酔科・救急科研修や10年間の形成外科の経験を活かし、多くの患者さんの悩みを解消しているクリニックです。患者さんの精神的・金銭的負担を抑えつつ、美しさや若々しさといった希望を叶えています。

先生の経歴/ 特徴

・1984年 岡山大学医学部 卒業

・同年 岡山大学医学部付属病院麻酔科 救急科において研修

      

・1986年 名古屋大学医学部形成外科医員

・1990年 愛知県がんセンター頭頚部外科医員

・1993年 オランダ・グローニンゲン大学留学

・1995年 オーストラリアマイクロサージャリーセンター留学

・同年 豊橋市民病院形成外科部長

・2000年 陶生病院形成外科部長

・2004年 ヴェリテクリニック名古屋院 院長

・2008年 八事石坂クリニック院長

【資格・所属団体など】
医学博士
日本形成外科学会 専門医
日本美容外科学会(JSAPS)専門医

1984年に岡山大学医学部を卒業後、岡山大学医学部付属病院麻酔科 救急科において研修し、名古屋大学医学部形成外科医員や愛知県がんセンター頭頚部外科医員を務め、1993年にはオランダ・グローニンゲン大学へ留学し、形成外科医としての知識を深めています。その後、豊橋市民病院形成外科部長や陶生病院形成外科部長などを果たし、2008年に八事石坂クリニックの院長に就任しています。

得意施術

得意施術は、腱膜前転固定術や筋膜移植術などを利用した眼瞼下垂治療です。施術についての良いところだけでなくリスクや副作用などもしっかりと説明しているため、安心して施術に臨めるでしょう。その他にも、二重整形や鼻の整形、リフトアップ手術や脂肪吸引など美しさを追求する施術が得意です。

カウンセリングの豊富さ

患者さんと仕上がりのイメージを共有するのが施術の成功のカギだと捉えており、カウンセリングが最重視しています。施術の方法や注意点はもちろん、できないことはしっかりと教え、別の施術法を提案することもあるでしょう。きちんと納得してもらった上で施術に進んでもらうために、都合の良いことばかり言うのではなく誠実な心で対応しています。もちろん、無理な勧誘などは一切行っていません。

先生のポリシー

八事石坂クリニックの大口春雄先生は、患者さんが心から満足できる美容外科を目指しています。そのため、在籍する医師は全員が日本形成外科学会専門医の資格を有しているスペシャリストで、資格に裏打ちされた技術力を駆使して最高の医療を提供できるよう努めているようです。

クリニックの特徴

カウンセリングで患者さんの悩みや要望をしっかりと聞き、出来る限り希望に合った施術を提案しているのが特徴です。また、1人1人の悩みをきちんと改善するために、様々な最新医療機器を導入しています。機器の選定にはかなりこだわっているため、スピーディーに効果を実感できるだけでなく、ダウンタイムの短い施術を希望する人にもおすすめです。
診療は完全予約制。少ない待ち時間で治療が受けられます。カウンセリングでは治療方法だけでなく料金の説明も徹底していますし、支払い方法も現金、各種クレジットカード、医療クレジットから選択可能です。

>>切らない眼瞼下垂手術を行なっているクリニックを見てみる
>>切る眼瞼下垂手術を行っているクリニックを見てみる

目周りの治療法

  • 眼瞼下垂
    (腱膜前転固定)
    約500,000円
  • 眼瞼下垂
    (筋膜移植術)
    約600,000円

クリニックの基本情報

所在地 愛知県名古屋市中村区名駅4-16-33
パシフィックスクエア名駅3F
受付時間 9:30~18:30
電話番号 052-589-1382
アクセス情報 各線「名古屋駅」より徒歩5分
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  • 「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  • 「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数