たけうちアイクリニック

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

たけうちアイクリニック

通いやすく相談しやすさが魅力!眼のかかりつけ医

竹内 裕貴先生

たけうちアイクリニック 画像引用元:たけうちアイクリニック
https://takeuchi-eyeclinic.com/

たけうちアイクリニックは2020年5月に開院した眼科クリニックです。 遠方の大学病院などでしか受けることの出来なかった手術なども日帰りで受けることができる体制を整えています。難しい手術でもクリニックと連携している施設で行うことができ、術後の通院もたけうちアイクリニックで対応が可能。受診や手術を受ける患者様に可能な限り負担のかからない方法を日々模索しながら診療を行っています。

先生の経歴/ 特徴

・2001年 3月 新潟大学医学部医学科卒業

・2001年 4月 新潟大学医学部付属病院眼科

      

・2002年 4月 鶴岡市立荘内病院眼科

・2004年 4月 小諸厚生総合病院眼科

・2006年 4月 新潟県立中央病院眼科

・2008年10月 燕労災病院眼科 医長

・2011年10月 新潟県立中央病院眼科 医長

・2013年 1月 新座志木中央病院眼科 眼科部長

・2020年 5月 たけうちアイクリニック院長就任

【資格・所属団体など】
日本眼科学会認定専門医

新潟大学医学部卒業後、新潟大学付属病院や県立・市立・一般病院などの眼科勤務を行っています。医長や眼科部長など重要な役割も経験して2020年5月にたけうちアイクリニックを開院。院長として日本眼科学会認定専門医の専門的な治療を行っています。

得意施術

眼瞼下垂治療はもちろんのこと、白内障や網膜硝子体疾患、涙道疾患、加齢黄斑変性症、緑内障、糖尿病関連疾患、ドライアイ、眼瞼けいれん、片側顔面けいれんなど眼科全般の治療・施術を得意としています。

カウンセリングの豊富さ

カウンセリングは「より丁寧に、わかりやすく」を心がけています。お子様でもご年配の方でも疾病や手術に対する不安は計り知れないもの。しっかりとカウンセリングを行うことで少しでも不安を和らげたい。そして「ちょっと気になるだけだけど、たけうちアイクリニックに相談にいってみよう」と重症化する前に受診できるクリニックでありたい、そんな想いでカウンセリングを行っています。

先生のポリシー

たけうちアイクリニックの竹内裕貴先生は、「患者様への身近な医療機関をつくる」ことをポリシーとしているドクターです。世代に関わらず地域の皆様の「眼の困った」に答えることができるクリニックづくりを行っています。

セカンドオピニオンも大歓迎。手術前後の通院は今までの眼科で行い、手術だけを希望される患者様にも他院との連携により対応することが可能です。患者様の疾病や手術に対する不安を軽減し、可能な限り患者様の希望を叶えたと思う院長の「患者ファースト」な考えの表れですね。

クリニックの特徴

たけうちアイクリニックは、眼科全般の診療を中心に眼瞼下垂の治療も行っています。患者様の状態を把握し、適した治療をカウンセリングにて説明することを心がけて診療にあたっているのが特徴。難しい説明を丁寧にわかりやすく行うことをモットーにしています。治療では患者様のまぶたの状態に応じて「眼瞼を切開する治療」と「まぶたの裏側のみを切開する治療」の2つから適切な施術でアプローチ。眼瞼の切開後は腫れなどが生じますが、重度な眼瞼下垂にも適応可能です。まぶたの裏側のみを切開する場合は見える範囲への傷は残りませんが、重度な眼瞼下垂には適応が困難ですので、診察時にきちんと症状を確認しましょう。

>>切らない眼瞼下垂手術を行なっているクリニックを見てみる
>>切る眼瞼下垂手術を行っているクリニックを見てみる

目周りの治療法

  • 眼瞼挙筋短縮術
    要問合せ

クリニックの基本情報

所在地 東京都練馬区貫井3-4-7
受付時間 月~水・金曜9:00~12:00、14:30~17:30(月・火は手術日)
土曜9:00~12:00(休診あり)
日曜9:00~12:00(月1回診療)
電話番号 03-5848-8582
アクセス情報 西武池袋線「富士見台駅」より徒歩1分
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  • 「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  • 「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数