池袋セントラルクリニック

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

池袋セントラルクリニック

性別問わず幅広く対応してくれる

前田 征美先生

あおき形成外科眼科クリニック 画像引用元:池袋セントラルクリニック
https://www.ikecen.com/

池袋駅東口から徒歩3分とアクセス良好な池袋セントラルクリニック。診療科目は幅広く、美容皮膚科・美容外科・皮膚科・内科・美容内科・STD(性病)外来・ED外来・育毛(抜け毛)AGA外来・禁煙外来など。女性だけではなく男性のあらゆる悩みにも応える治療メニューを用意しており、埼玉・千葉・茨城県からも多くの患者さんが訪れているようです。
クリニックは平日20時まで診療しているうえ、土日祝も診療可能。駅からのアクセスも良いため、忙しくてなかなか時間がとれない方でも通いやすいのではないでしょうか。

先生の経歴/ 特徴

・1993年 埼玉医科大学卒業、埼玉医科大学付属病院皮膚科

・1995年 埼玉医科大学 総合医療センター皮膚科

・1997年 同大学総合医療センター 同皮膚科 助手

・1998年 国立埼玉病院皮膚科

・1999年 医療法人 前田病院 皮膚科部長

・2000年 池袋皮膚科クリニック院長

・2001年 北上尾セントラルクリニック 皮膚科部長 兼 北上尾ヴィベーレ院長

・2002年 池袋セントラルクリニック開院

【資格・所属団体など】
公式サイトにおいて、クリニック全体の所属学会等の記載はあるものの、前田 征美先生の所属学会や資格情報は記載されていませんでした。

1993年に埼玉医科大学を卒業したのち、埼玉医科大学 総合医療センター皮膚科や国立埼玉病院皮膚科などに勤務していた前田 征美院長。1999年には医療法人 前田病院 皮膚科部長を務め、その後池袋皮膚科クリニック院長や北上尾セントラルクリニック 皮膚科部長も経験。2002年に池袋セントラルクリニックを開院させました。

得意施術

池袋セントラルクリニックの公式サイトには、得意施術についての記載はありませんでした。池袋セントラルクリニックでは美容皮膚科・美容外科・皮膚科・内科などさまざまな診療に対応しており、眼瞼下垂の治療を行う形成外科には「大学病院 形成外科の講師クラス以上で経験15年以上」の形成外科医が在籍しています。また、ED外来や男性更年期外来、育毛(抜け毛)治療など男性患者さんに特化した診療メニューも豊富に揃えているのが特徴です。

カウンセリングの豊富さ

池袋セントラルクリニックでは、カウンセリングから手術まで一貫して経験豊富な医師が対応しています。患者さん本位に立った医療を心がけているそうなので、些細な悩みでも相談しやすいのではないでしょうか。

先生のポリシー

池袋セントラルクリニックの公式サイトには、前田征美先生のポリシーに関する記載がありませんでした。ただ、たとえば美容外科・美容皮膚科では、「真の美は、真の健康から」をコンセプトに治療を行っているそう。患者さん自身のもつ自己治癒能力を大切にした治療を重視しているため、精神的・肉体的な負担を抑えた治療を提案してもらえそうです。

クリニックの特徴

池袋セントラルクリニックの眼瞼下垂治療は形成外科で対応しており、2020年7月現在は保険診療の日帰り手術のみが可能です。また、池袋セントラルクリニックでは女性医師・スタッフが多く、男性は保険診療と麻酔、内科を担当する常勤医師・美容外科担当の形成外科医の医師の2名のみ。そのほかはすべて女性医師やスタッフが担当しています。

>>切らない眼瞼下垂手術を行なっているクリニックを見てみる
>>切る眼瞼下垂手術を行っているクリニックを見てみる

目周りの治療法

  • 日帰り手術(眼瞼下垂)
    (保険適用)
    要問合せ

クリニックの基本情報

所在地 東京都豊島区南池袋2-26-7 城北ビル6F
受付時間 月火木金11:00~14:00/15:00~20:00
土日祝日12:00~18:00
(毎週水休診)
電話番号 03-5911-7262
アクセス情報 池袋駅東口から徒歩3分
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  • 「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  • 「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数