林眼科医院

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

林眼科医院

安全第一の眼科手術を目指す

林 研先生

林眼科医院 画像引用元:林眼科医院
http://www.hayashi.or.jp/

林眼科医院は、手術をメインに眼科治療の全般を扱う専門病院です。様々な眼科の先進医療に目を向け、効果的かつ安全性の高い治療は迅速に取り入れています。頻度の高い疾患の治療に関しては、日本で非常に良い成績を上げているでしょう。
眼瞼下垂治療の実績は白内障手術と網膜・硝子体手術に次いで3番目に多く、毎年200件以上の手術を行っています。非常に多くの症例を診てきた理事長兼院長が在籍しているため、満足のいく仕上りを実現できるに違いありません。

先生の経歴/ 特徴

・1982年 九州大学医学部 卒業

・1986年 ハーバード大学で角膜創傷治療の研究

      

・1989年 九州大学大学院 卒業

      

・同年 九州大学付属病院助手

      

・1990年 九州大学医学部非常勤講師

      

・1991年 医療法人社団研英会林眼科病院副院長

      

・1998年 医療法人社団研英会林眼科病院院長

      

・2010年 医療法人社団研英会林眼科病院理事長

【資格・所属団体など】
日本眼科手術学会常任理事
日本白内障屈折手術学会理事
日本白内障学会評議員
日本眼科学会プログラム委員
日本角膜移植学会理事
日本緑内障学会会員
Ophthalmology会員
日本白内障屈折手術学会 など

1982年に九州大学医学部を卒業し、1986年には世界的に有名なハーバード大学で角膜創傷治療の研究を行っています。さらに1989年に九州大学大学院を卒業後、同大学附属病院助手や九州大学医学部非常勤講師などを経て、1991年に林眼科病院の副院長に就任。2010年には同院の理事長兼院長として就任しています。

得意施術

得意施術は、皮膚を切開して瞼を引き上げる眼瞼下垂治療です。下垂の程度に合わせて引き上げる力を変え、瞼の上がり具合をしっかりと確認・調節します。また、眼瞼腫脹や皮下出血、兎眼や角膜障害といった術後の副作用や合併症への対処も得意です。

カウンセリングの豊富さ

患者さんへの十分な説明はもちろん、1人1人の希望を最優先しています。医師と患者さんとの良好な信頼関係を築き、人権を尊重しつつ最高の医療サービスを提供しているでしょう。
また、眼科手術のエキスパートが20名以上在籍するクリニックでもあるため、施術における不安や目元の悩みを迅速に解消できるだけでなく、相性の良い医師と出会うことも可能です。

先生のポリシー

「安全第一の手術を目指す」をポリシーに、できる限り安全な治療・手術を徹底しています。先進医療を提供するためにスタッフ全員の研鑽を怠らず、日々新しい情報や技術を取り入れているのです。また、クリニックで得られた治療結果をデータ化し、新しい治療法についての成績は学会・論文を通して世界に発信しています。
眼科の医療レベルの向上を目指すために治験を行うなど、眼科治療の最前線で活躍しているでしょう。

クリニックの特徴

1965年の開院以来、眼科手術に焦点を当てた診療を積極的に行うクリニックです。全ての施術において人員・機器共に完璧を期しており、常に最先端の診療を心掛けています。
眼瞼下垂治療においては高い効果が期待できる挙筋前転術を採用しており、最善のサポートを行うために入院の上手術を行っているでしょう。手術時間自体は30分程度と非常にスピーディーです。

>>切らない眼瞼下垂手術を行なっているクリニックを見てみる
>>切る眼瞼下垂手術を行っているクリニックを見てみる

目周りの治療法

  • 眼瞼下垂手術
    (挙筋前転術)
    料金:要問合せ

クリニックの基本情報

所在地 福岡市博多区博多駅前4丁目23-35
受付時間 月~金曜
9:00~12:00/13:30~17:00
土曜
9:00~12:30
電話番号 092-431-1680
アクセス情報 各線「博多駅」より徒歩10分
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  • 「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  • 「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数