銀座アテナクリニックの眼瞼下垂治療とは

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

銀座アテナクリニック本院

安心・安全な美容医療の提供を目指すクリニック

定村 浩司先生

アテナクリニック公式HPキャプチャ画像引用元:アテナクリニック
https://athenaclinic.net/

美容医療に携わって20年以上豊かな経験をもつ医師が治療を行っています。痛みを抑える工夫に力を入れており、それぞれの施術に最も効果的な麻酔を使用して施術を実施。
眼瞼下垂の手術では、まぶたを上げる最適ポイントの決定から治療方法まで、一人ひとりの患者さんの状態に対してベストな方法を提案してくれます。

先生の経歴/ 特徴

・1992年 富山大学医学部 卒業

・1997年 神奈川クリニック 勤務

・2009年 東京かぐや美容外科 設立 アテナクリニック福岡・東京 開設

・2010年 アテナクリニック東京銀座院 開設

1992年に富山大学医学部を卒業し、1997年に神奈川クリニックに勤務。美容外科医として、また形成外科医として、12年間実践を積みながら、指導医としての立場から後進の指導にもあたりました。2009年には、診療方針として「真・善・美」を掲げ、東京かぐや美容外科を設立。同年、アテナクリニックを福岡と東京に開設しました。翌年2010年にはアテナクリニック東京銀座院を開設し、現在に至ります。

得意施術

定村先生が得意としているのは顔の施術です。目、鼻、輪郭、フェイスリフトの手術では微調整や細かい点に注意しつつ、思い切りのある手術をしています。美容外科としての長いキャリアの中で、数多くの症例をこなしているため経験は豊富。特に、患者さんが他のクリニックで受けた施術への修正や、切開をともなう手術に関しては、圧倒的な症例があります。

また、「全体のバランス」がとれていることが、美しい顔においては重要です。そのため、定村先生はトータルとしての美しさという感覚をもって顔の施術を行っています。

カウンセリングの豊富さ

カウンセリングでは、治療に関するメリットだけでなくデメリットについても、医師がきちんと伝えてくれます。治療内容や費用などについて、患者さんが心から納得することができるまで、たっぷりと時間をかけてくれるのが特徴のひとつ。インフォームドコンセント、つまり「患者さんへの説明と患者さんの同意の徹底」を大切に考えてカウンセリングを実施しています。

先生のポリシー

美容外科も他の外科と同様、リスクをともなう医療行為に変わりありません。人の体に針をさしたり、刃物を用いて切開したり、薬物を投与したりするため、医療を施す側は、常に細心の注意を払うことが大切です。その危険な行為を安全に行うことに、医師のテクニックや知恵が生かされているわけです。

このように「美容外科は危険な側面を持つ」という考えを持っている定村先生。そのため、患者さんの健康や希望、要望を実現するためにも、手術の技術を向上させ続けることをポリシーとしています。

クリニックの特徴

安心と安全を重視しているクリニックです。カウンセリングではインフォームド・コンセントを徹底しているため、患者さんは、施術方法や内容に対する理解を深めてから治療を受けられます。手術後のアフターケアも充実。気になる点や疑問があれば、どんなに小さなことでも相談を受け付けています。

また、ヘアサロンとネイルサロンが併設されている院内は、美容外科にふさわしいハイセンスでおしゃれな空間となっています。もちろん、プライバシーを保護する配慮も行き届いているため、人目を気にすることなくリラックスして過ごすことができます。手術前に人目を気にせず時間を過ごせるのはありたがい配慮だと言えるでしょう。

>>切らない眼瞼下垂手術を行っているクリニックを見てみる
>>切る眼瞼下垂手術を行っているクリニックを見てみる

目周りの治療法

  • 眼瞼下垂
    400,000円
  • 切らない眼瞼下垂
    150,000円
  • 切らない眼瞼下垂(眼瞼挙筋短縮法+埋没法)
    250,000円

クリニックの基本情報

所在地 東京都中央区銀座7-10-5 The ORB Luminous 3F
受付時間 11:00~20:00
電話番号 0120-169-263
アクセス情報 地下鉄「銀座駅」徒歩7分
眼瞼下垂の手術が得意な
クリニック2選
  •              
    「切らない」眼瞼下垂手術なら
    セオリークリニック
    セオリークリニック

    画像引用元:セオリ―クリニック
    https://www.theory-clinic.com/

    目の周りのたるみやクマ治療の専門クリニック
    個人のまぶたの動きに合わせた手術で見た目・機能面ともに違和感ない仕上がりへ
  •              
    「切る」眼瞼下垂手術なら
    あおき形成外科眼科
    クリニック
    あおき形成外科眼科クリニック

    画像引用元:あおき形成外科眼科クリニック
    http://aokikeiseiganka.com/

    形成外科と眼科の両方の観点から治療方針を決定
    他院での失敗をリカバリーする修整手術でも実績多数