眼瞼下垂治療を取り扱う東京皮膚科形成外科

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

東京皮膚科形成外科

患者の立場に立ち、美容と健康を両立させた治療を提供

池田 欣生先生

東京皮膚科形成外科 画像引用元:東京皮膚科形成外科
http://www.251901.net/

2000年に開院した東京皮膚科形成外科は、眼瞼下垂の治療を取り扱っている、銀座の美容皮膚科クリニック。患者の立場に立った医療をモットーとしており、誰もが安心して受けられる安全な医療技術の提供を心がけています。ここでは、東京皮膚科形成外科で治療を行っている医師の紹介や、クリニックの特徴、利用者からの口コミ評判を紹介。眼瞼下垂の手術や相談をしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

先生の経歴/ 特徴

・大阪医科大学 卒業

・1996年 大阪医科大学付属病院形成外科 入局

・1997年 倉敷中央病院形成外科 勤務

・1998年 守口敬任会病院 勤務(一般外科・救急外科・形成外科)

・2000年 大阪医科大学 形成外科助手 大阪いけだクリニック開院

・2001年 大阪医科大学 形成外科病棟医長 就任

・2002年 東海大学病院形成外科・美容外科 臨床助手

・2004年 銀座いけだクリニック(現・東京皮膚科形成外科)開院

【資格・所属団体など】
日本形成外科学会 専門医
日本美容外科学会 専門医
日本アンチエイジング外科学会 理事長
関東美容医師会 理事
日本美容医師会 理事
国際美容医療研究会 理事
東海大学 形成外科 非常勤講師

先生のポリシー

東京皮膚科形成外科の池田欣生先生のポリシーは、「自分や家族がされたくない治療・手術をしない」こと。外見の美しさを作り上げることは重要ですが、それはベースとなる健康があってこそ。美容と健康を両立した治療を提供するため、形成外科・皮膚科だけでなく、内科・歯科などのドクターとも力を合わせ、患者の理想を多角的にサポートしています。
カウンセリングにも力を入れており、特徴的なのは、患者が気に入っている自分の写真と、あまり好きではない写真を持ってきてもらうという点。写真をもとに医学的見地をまじえて説明を行い、患者が理想とするイメージを固めやすくしています。

クリニックの特徴

大阪で2000年に開院した東京皮膚科形成外科は、「美容室感覚で通える、良心的価格の美容医療を提供」をモットーとするクリニック。2004年には銀座院も開院し、年間3万人以上の患者が来院する人気のクリニックとなっています。
東京皮膚科形成外科で治療を行うのは、専門医・認定医のみ。形成外科においては、最低でも5年間の研修を義務付けており、所定の専門医認定試験に合格したドクターのみが治療を担当しています。
眼瞼下垂の治療においては、保険診療と自費診療を取り扱っていますが、どちらも手術を担当するのは形成外科の認定医。保険診療であっても、できるだけ美しい仕上がりを心がけているのが特徴です。
また、すべての手術において「もとに戻せる」というのがコンセプト。万が一、仕上がりが気に入らないという場合でも、施術前の状態に戻すことができるため、安心して手術を受けることができます。

目周りの治療法

  • 眼瞼下垂・NSLT1点
    (切開なし)
    80,000円
    (片目)
  • 眼瞼下垂・NSLT1点
    (切開なし)
    150,000円
    (両目)
  • 眼瞼下垂・NSLT2点
    (切開なし)
    110,000円
    (片目)
  • 眼瞼下垂・NSLT2点
    (切開なし)
    200,000円
    (両目)
  • 二重まぶた+
    眼瞼下垂・NILT1点
    80,000円
    (片目)
  • 二重まぶた+
    眼瞼下垂・NILT1点
    150,000円
    (両目)
  • 二重まぶた+
    眼瞼下垂・NILT2点
    110,000円
    (片目)
  • 二重まぶた+
    眼瞼下垂・NILT2点
    200,000円
    (両目)
  • 目の下のたるみ取り
    220,000円
  • 眉下切開
    280,000円
  • 目頭切開
    150,000円
    (片目)
  • 目頭切開
    280,000円
    (両目)
※眼瞼下垂手術は保険適用あり

口コミ・評判 

  • いつもニコニコしている先生です 「40代 女性」 眼瞼下垂で二重まぶたの幅が広がってしまい、その調整をお願いしました。先生はいつも笑顔で説明してくれるので、怖いという思いはほとんどないです。治療は30分くらいで、大きな痛みを感じることはありませんでした。術後は経過が芳しくなく、残念ながら再手術という結果になりましたが、もともと難しい手術ということだったので、あまりダメージを受けずに済みました。
  • 目の開きが良くなりました 「40代 女性」 年を重ねるとともに、目がうまく開かなくなり、改善したいと思いました。東京皮膚科形成外科は、眼瞼下垂の手術を積極的に行っており、切らない方法もできるということで選びました。カウンセリングの後、すぐに手術開始。痛みはとくになく、終わった後も先生が話しかけてくれて嬉しかったです。2週間後に診察をしてもらったところ、左右のバランスがイマイチとのことで、細かい修正をする予定です。ただ、目の開きは以前に比べて良くなりました。
  • 症状や手術の説明が丁寧でした 「50代 女性」 まぶたのたるみが悪化して、顔が疲れた感じになり、肩こりなどもひどくなってきたため来院。東京皮膚科形成外科では、症状の説明や手術の内容などを丁寧に教えていただきました。手術は20分くらいでしたが、不安だった痛みはなし。術後は視界が広くなり、額のシワも少なくなりました。術後に分からないことがあって電話をしましたが、その際の対応も親切でした。とても感謝しています。

クリニックの基本情報

所在地 東京都中央区銀座2-11-8 
ラウンドクロス銀座3F(銀座院)
受付時間 11:00~13:00
18:00~20:00(初診受付)
電話番号 03-3545-8000
見た目年齢を若返らせる「目元」周りの施術スキルが高いクリニック