眼瞼下垂の治療ができる「そが眼科クリニック」

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

そが眼科クリニック

患者本位の治療で機能回復と美しさづくりを目指す

蘇我 孟志先生

そが眼科クリニック 画像引用元:そが眼科クリニック
http://soga-ganka.com/

東京豪徳寺にあるそが眼科クリニックは、一般眼科・小児眼科・眼鏡処方・コンタクト処方を診療科目とするクリニック。経験豊富な専門医による治療はもちろん、疾病の予防・目に関する相談などを、幅広く受け付けています。ここでは、地域のホームドクターを目指すそが眼科クリニックの特徴やサービス内容、医師の経歴などを詳しく紹介。眼瞼下垂をはじめとする目のトラブルでお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

先生の経歴/ 特徴

・埼玉医科大学卒業

・東邦大学医療センター大橋病院 眼科専修医

・お茶の水 井上眼科クリニック

・お茶の水 井上眼科クリニック 非常勤

・2014年 そが眼科クリニック 開院

【資格・所属団体など】
日本眼科学会
日本白内障屈折矯正手術学会
日本眼炎症学会
日本緑内障学会

先生のポリシー

蘇我孟志先生は、眼の総合病院として130年あまりの伝統を持つ「御茶の水・井上眼科クリニック」で技術を研鑽したドクター。1日約100名の患者を診察していたという実績があり、専門は眼瞼下垂・緑内障・白内障・網膜硝子体など多数。目に関する疾病においては、ほとんどのケースにも対応できるという自信を持っています。
そんな蘇我先生のポリシーは、「患者の不安を取り除き、地域に根差したホームドクター」となること。そのために、大学病院と同レベルの検査機器などを導入し、地域のクリニックでも十分な医療を提供できるよう心がけています。

クリニックの特徴

そが眼科クリニックは、世田谷区豪徳寺にあるクリニック。2014年に開院した新しいクリニックで、明るい日差しが降りそそぎ、居心地のよい環境となっています。
診療科目は、一般眼科を中心に、小児眼科・コンタクト処方・各種手術にも対応。ドクターは豊富な眼科の経験を持っており、難しいとされる眼瞼下垂治療にも取り組んでいます。手術は、眼瞼挙筋を縫い縮めたり、機能を修復する方法などを症状に合わせて選択。検査機器などは大学病院並みの設備を導入しているため、的確な診断ができるようになっています。
クリニックで対応しきれない高度な検査・処置に関しては、お茶の水にある井上眼科クリニックとの提携により、専門的な治療を提供。院長の蘇我先生は、週に1回井上眼科クリニックで外来を担当しているため、スムーズな連携が可能となっているとのことです。

目周りの治療法

記載なし
※直接お問い合わせください。

口コミ・評判 

  • 正直、不安の方が高かったのですが。。。「40代 女性」 他の眼科で診察したもらった経緯があり、症状の改善につながらなかったので、改めてこちらに通うことにしました。担当してくれた先生の丁寧な治療、説明、気づかいのおかげで不安感を感じる事もなく。受付の方も大変親切でした。院内は明るくて、綺麗で清潔感ある空間です。
  • 人から言われるまで気づいてませんでした「50代 女性」 以前からハードコンタクトを常用しており、先日友人から「目が開いてけどどうしたの?」と言われるまで自分の症状に気づくことが出来ていませんでした。 診断していただいてから治療後も、経過について心配してくださり、細かい質問にも優しく答えてくれたのが良かったです。抜糸後は1ヶ月くらいで、今まで通りメイクが出来るようになり、仕上がりも自然で良いです。

クリニックの基本情報

所在地 東京都世田谷区豪徳寺1-28-1
受付時間 月・火・水・金曜9:30~13:00
15:00~18:30
土曜9:30~13:00
電話番号 03-6804-4934
見た目年齢を若返らせる「目元」周りの施術スキルが高いクリニック