切らない眼瞼下垂の名医がいる真崎医院

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

真崎医院

外面だけでなく、内面の美しさを形成することに定評

真崎 信行先生

真崎クリニック 画像引用元:真崎クリニック
http://www.dr-masaki.com/

東京代官山の真崎医院は、美容外科歴25年の実績を持つ、ベテラン院長が在籍するクリニックです。眼瞼下垂においては、切らない眼瞼下垂手術(埋没式挙筋短縮法)を考案した実績があり、その確かな技術力は海外からも注目されているほど。女性はもちろん、男性の美容整形なども手掛けています。ここでは、真崎医院の院長先生のプロフィールやポリシー、医院の特徴・口コミ評判などを紹介していきます。

先生の経歴/ 特徴

・1983年 金沢医科大学医学部卒業
その後、順天堂大学附属病院麻酔科入局、麻酔科標榜医取得。さらに、大手美容外科勤務。

・1989年 共立美容外科・歯科開設

・2007年 真崎医院開設

【資格・所属団体など】
先進医療医師会
日本美容外科学会(JSAS)
再生医療等委員会
日本美容外科学会専門医
麻酔標榜医
日本形成外科学会 会員
日本美容外科学会 会員
東京ミッドタウンクリニック Noage顧問
第101回日本美容外科学会 学会長

先生のポリシー

真崎信行先生は、共立美容外科にて20年以上のキャリアを積んだベテラン医師。大手美容外科では、ひとりひとりの患者をカウンセリングからアフターケアまで診るのは難しいと感じ、プライベートクリニックである真崎医院を2007年に開院しました。
眼瞼下垂の治療においては、「切らない眼瞼下垂手術(埋没式挙筋短縮法)」を考案した医師として有名。切らない・腫れない・痛くない治療で、外面だけでなく、内面からの美しさを作り上げることをポリシーとしています。そんな真崎先生の診療方針は、国内だけでなく海外でも評判となっており、多数の患者が来院しているとのことです。

クリニックの特徴

東京代官山にクリニックを構える真崎医院は、眼瞼下垂治療の権威である真崎信行先生を院長とする美容外科。女性だけでなく、男性の美容整形なども幅広く手掛けています。
プライベートクリニックである真崎医院が大切にしているのは、ひとりひとりの患者とのコミュニケーションです。待合室は完全個室で、プライバシーは万全。カウンセリングからアフターケアまで安心して治療を受けられるよう、患者ひとりに対して専用のチームが組まれるのが特徴となっています。担当医師が途中で変わったり、流れ作業で治療が終わる…などという心配はありません。
また、眼瞼下垂治療においては、真崎院長が考案した「切らない眼瞼麻酔手術」が人気。もし、施術後に仕上がりが気に入らないという場合は、目を施術前の状態に戻し、費用をその場で返金するという独自のシステムを導入しています。

目周りの治療法

  • 埋没式挙筋短縮
    (切らない)
    400,000円
  • 切開法
    600,000円
  • 埋没(1針固定)
    150,000円
  • 埋没(2針固定)
    200,000円
  • 二重切開
    400,000円
  • 目の上のシワ・
    たるみ取り(切開)
    600,000円
  • 目の下のシワ・
    たるみ取り(切開)
    600,000円
  • アイリフト
    (眉下切開)
    400,000円
  • 下眼瞼経結膜脂肪除去
    400,000円
  • 目頭切開
    400,000円
※施術後1ヶ月検診まで再診料無料

口コミ・評判 

  • 十分なカウンセリング・説明があって安心でした 「50代 女性」 1年くらい前からまぶたが下がってきて視界が悪くなってきたため、眼瞼下垂の治療を専門としている真崎医院にうかがいました。カウンセリングでは、どのような部分に不便を感じているか、どんな仕上がりにしたいのかを聞かれました。カウンセリング・手術前の説明ともに、内容は十分だったと思います。手術は局所麻酔で30分程度、想像よりも痛みがなく、あっという間に終わったという感じ。手術の直後は強い痛みがありましたが、鎮痛剤と抗生物質を処方してもらえたので安心でした。
  • 治療のおかげで自分に自信が出てきました 「20代 女性」 真崎医院を選んだのは、切らない眼瞼麻酔で名が知られていたことと、スタッフの丁寧な対応が決め手でした。カウンセリングでは、どんな手術をするのかという具体的な説明だけでなく、デメリットについても伝えてくださったのが良かったです。手術は1時間くらいで、手術の間は院長先生やスタッフの方がこまめに声かけをしてくれました。術後はまぶたのたるみがなくなって、目がしっかり開くように。自分に自信を持てるようにもなってきました。
  • ほとんど痛みを感じない手術でした 「50代 女性」 40年以上使い続けてきたハードコンタクトの影響で、眼瞼下垂に。治療法を調べたところ、切開する方法だとダウンタイムが長くなって困るため、切らない手術をしている真崎医院を選びました。先生は穏やかなイメージで、切らない方法だけでなく、切る方法のメリット・デメリットなども丁寧に説明してくださいました。手術中の痛みはほとんどなく、術後は視界がパッと開けた感じ。写真うつりも良くなりました。

クリニックの基本情報

所在地 東京都渋谷区猿楽町9-8 
URBAN PARK代官山Ⅰ 101
受付時間 10:00~20:00
電話番号 0120-120-454
見た目年齢を若返らせる「目元」周りの施術スキルが高いクリニック