青山からだのクリニックの眼瞼下垂治療

見た目年齢-10歳 瞼のたるみ・眼瞼下垂の名医紹介サイト

青山からだのクリニック

形成外科・美容外科の経験を活かした医療を提供

村田 朋子先生

青山からだのクリニック 画像引用元:青山からだのクリニック
http://www.karadaclinic.co.jp

青山からだのクリニックは、形成外科・外科・一般内科・漢方内科・皮膚科を診療科目に持つクリニック。形成外科では眼瞼下垂の治療に力を入れており、眼瞼下垂の専門医である中島龍夫先生の指導にもとづいた、診察・治療を受けることができます。
西洋医学と東洋医学を合わせた総合医療を行っていることが特徴的で、血液中の老廃物を排出しデトックス作用のある瀉血療法(カップクレンジング)と、足りない栄養素を取り入れ老化防止に役立つ点滴療法とで、体の内側から“きれい”を目指していく治療が揃っています。
美容外科・皮膚科では主にレーザー治療により、若々しい体へと導きます。

先生の経歴/ 特徴

慶応大学病院および関連医療施設にて、形成外科・美容外科の診療に10年間従事し、2013年に青山からだのクリニックを開院しました。

得意施術

記載なし

カウンセリングの豊富さ

眼瞼下垂治療には、主に切開を伴う挙筋短縮術・挙筋前転術・眼窩角膜反転術を治療法として行い、ケースによっては切らない埋没式挙筋短縮法も行っています。

カウンセリングをしっかりした上で、大学病院などで磨いてきた知識とスキルを活かし、患者さん一人ひとりに最適な治療法を提案しています。
自由診療/保険診療に関わらず、患者さんの症状に適した治療法を提案しており、費用面での負担を相談しながら受診することが出来ます。

クリニックでの対応が難しい高度な施術が必要な場合には、大学病院などの紹介も行っています。

先生のポリシー

形成外科・美容外科の治療では、幅広い経験と知識が必要と考えている村田朋子先生。慶応大学病院・関連医療施設で、10年間にわたって培ってきたスキルと経験を活かし、正確な医療情報と最適な治療を提供することを心がけています。クリニックでは対応しきれない高度な診療を必要とするケースでは、最適な高次医療機関を斡旋するなど、患者のことを第一に考えた治療を行っています。

クリニックの特徴

青山からだのクリニックは、形成外科・美容外科・漢方内科・カップクレンジングなど、さまざまな診療を行っているクリニック。2013年に東京青山に開院したばかりのクリニックで、明るく気軽に訪れやすい雰囲気が魅力です。
眼瞼下垂の治療は、慶応大学名誉教授である中島龍夫医師の指導のもとで行われています。主に行っている治療法は、挙筋短縮術・挙筋前転術・眼窩角膜反転術といった、切開をともなう手術。切らない眼瞼下垂手術である埋没式挙筋短縮法も、場合によっては適用されます。
実際の治療は、中島医師の指導のもとで経験豊富なドクターが担当。カウンセリングもしっかりと行い、保険診療・自費診療ともに、ひとりひとりの症状に合った治療法を提案してくれるため、安心です。
また、ドクターズ・カップクレンジング(瀉血治療)を行っているのも特徴。血液中にある老廃物を外へ出す治療で、冷え性・肩こり・むくみ・頭痛などの改善に効果があるそうです。

目周りの治療法

  • 眼瞼下垂
    保険適応
  • 切らない眼瞼下垂
    215,000円~
    (片目)
  • 切らない眼瞼下垂
    430,000円~
    (両目)
  • 上眼瞼たるみ取り
    100,000円~
    (片目)
  • 上眼瞼たるみ取り
    200,000円~
    (両目)
  • 下眼瞼のたるみ取り
    (脂肪摘出を含む)
    120,000円~
    (片目)
  • 下眼瞼のたるみ取り
    (脂肪摘出を含む)
    240,000円~
    (両目)
  • 眉毛下
    余剰皮膚切除
    120,000円~
    (片目)
  • 眉毛下
    余剰皮膚切除
    240,000円~
    (両目)
  • 二重埋没法
    60,000円~
    (片目)
  • 二重埋没法
    120,000円~
    (両目)
  

クリニックの基本情報

所在地 東京都港区南青山4-10-14 
アルファゾーンビル1F
受付時間 10:00~19:00
電話番号 0120-328-928